カテゴリー:マインド(理念)の記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:マインド(理念)

成長するために挑戦し続けましょう。

風花塾の10期が終了したのですが、次のプロジェクトなどの準備で忙殺されております。

この6月は私自身にとって試金石になると、強く予感しているのです。その理由は、いろんな活動で表現してまいります。

風花未来が命がけで挑戦するのが、この企画です⇒寺子屋スタイル風花塾

●マザー・テレサの言葉

今日、ネットで「マザー・テレサの言葉」を読んでいて、思わず、落涙してしまいました。

以下の言葉です。

神様は私たちに、成功してほしいなんて思っていません。ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。

素晴らしい言葉ですね。

ネットビジネスやアフィリエイトで良く言われる言葉に「諦めたら終わりです」という文言があります。

確かに、諦めた時点で、万事休すです。なぜなら、ネットビジネスは受注仕事ではなく、基本、自分自身が自主的に行うものだから。

言い換えれば、誰も、無名のブロガーに、最初から期待している人はいないということ。

やめたいと言っても、誰もとめはしません。

私が今日申し上げたいのは「諦めないでください」ということでは、実はないのです。

●成長するための挑戦こそが尊い。

挑戦できることの素晴らしさ、それも「成長するための挑戦こそが尊い」ことを、ぜひ知っていただきたい。

挑戦するものは、ブログとか、アフィリエイトとかでなくても結構です。

大して精進をしていないにも関わらす、また、サポーターの言葉を真摯に受け止めていないにも関わらず、成果(報酬)だけを性急に求める人がいかに多いことか。

成功など、実は、難しいことでもなんでもありません。自分自身を成長させれば良いだけです。

多くの人は、自分が成長しないまま、お金を求めて、お金に逃げられてしまいます。

そうではなく、自身が成長すれば、読者を含めて周囲からの「あなたへの評価」は高まるので、成功は、自然と転がり込んでくるものなのです。

ですから、諦めるなど、論外だと言えます。

失敗したら、また挑戦してください。

チャレンジ精神を失った時、風花自身、死ぬ時だとさえ強く感じているのです。

自身を成長させることを念頭に、怖れることなく、挑戦してほしい。

なぜなら、自分自身を成長させるために挑戦している人は、誰よりも美しいと、風花未来は信じているから。

なぜ今、マインドが大切なのか?

もう10年くらい前でしょうか、作業量を増やせば増やした分、手を動かせば動かした分だけ、稼げる、というふうな情報が飛び交っていました。

10年前と比べますと、インターネットビジネスの世界も激変しましたね。

ブラックはもちろん、グレーなビジネスは、絶滅へと確実に向かっています。反社会的なビジネスは、一時的に数字を伸ばせても、やがって激落してしまうことは間違いありません。

また、決められた機械的な手作業で稼げる時代も終わりました。

あえて、申します。これからは、本当に「心を込めたこと」以外は評価されなくなると。

理由は簡単です。

心のこもった、誠心誠意のサービスなど、この社会にはほとんどない。だから、多くの人が「心のこもったこと」を求めているのです。

心を無視して、お金だけを求めるから、お金に逃げられてしまう。

ですから、ブログなどの自分メディアで経済的に強くなろうと思ったら、SEO対策やマーケティングではなく、まずは、マインドから入らないとビジネスは加速しようがありません。

逆に、心を大切にすれば、少ない労力で、多くの人の注目を集められます。

ですから、今年の風花は、繰り返し、「マインドを重視してください」と主張し続けようと決心しました。

セミナーでも、マインドを変えると、こんなに素晴らしい奇跡が起きる、急に成果が伸びる、あきらめかけていたのが嘘のように成長できた、などなどのエピソードをお話しする予定です。

時間短縮だとか、省エネだとか言いますが、正しいマインドセットほど、費用対効果が高い行動はありえないと風花は信じています。

誰もが避けようとしているマインドを大切にすれば、結局は、時間も、お金も、しかも、楽しく得られるのです。

あなたも、劇的な急成長のために、まずは、マインドから始めて(再スタートして)みませんか。

マインドの大切さについて、こちらでも解説しておりますので、ぜひお読みください。

風花未来のマインドに関する教材をひとつにまとめてみました。

「風花マインドパッケージ」公式ページ

夢ノ路

8月31日まで30%オフキャンペーンを開催中。

 

夢ノ路プロジェクト」の基盤となるのは、風花シリーズと呼ばれる数々の教材です。

 

風花シリーズは「心を整える(Mindset)」「よく伝える(Expression)」「豊かに実る(Success)」という3つのステージ(ボリューム)から構成されます。

 

この中で、夢の実現のカギを握っているのが、マインド(Mindset)だということを、多くの人が気づいていません。逆に成功を成し遂げた人は、一人の例外もなく「マインドを変えたら、収益が激増した」と私に告白しています。

 

風花塾を長年にわたって運営していて痛感することがあります。それは、以下の恐るべきことです。

 

90%の人がマインドには無関心であること、そして、90%の人がマインドができていないことで伸び悩んでいること。

 

そのため、マインドができている10%の人はスイスイ伸びますが、残りの90%のマインドができていない人に対し、風花塾ではサポートの多くの時間をマインド(心のケア)にあてなければなりません。

 

もし多くの方々が、ふだんから、もっとマインドに関心を持ち、マインドセット(心の整え方)について学んでいてくれたら、成功確率は各段にアップすることは、間違いないのです。

 

マインドさえできていれば、成功など、少しも難しくはありません。そのことを、一人でも多くの人に知っていただきたい。

 

ですから、私は声を大にして「マインドが最も大事である」と繰り返し述べてゆこうと決意しました。

 

風花マインドパッケージ」は、風花シリーズのうち、最も大事な「マインド」に関わる5つのノウハウ書をまとめた教材です。

 

今回は、豪華特典をプラスし、期間限定の特別価格でご提供いたします。

 

【お申込み方法】8月31日まで30%オフキャンペーンを開催中。

 

【特別価格】8,960円(税込) 

 

9月1日より12800円(税込)という通常価格となりますので、お早目にお求めください。

 

お申込みは、以下のテキストかボタンをクリックして、決済画面にお進みください。

 

お申込みはこちら

 

【内容】

 

1)「翼をください」(PDFファイル32ページ)

 

頑張りたいけれど頑張れない、自分の好きなことなのに長く続かない、夢とか希望とかいう言葉が自分の中で輝きを失いかけていることに不安を覚えている、抱きしめたいと思うほど愛するものがない、ふと我に返った時に心が色あせていることに気づいて落ち込んでしまった、気分のアップダウンが激しくて生活が辛いと感じることがある、などなど……。

 

このような経験に心当たりのある人にぜひお読みいただきたいのが、このPDFファイル「翼をください」です。

 

マインドセット(成功法則)を中心にリアルタイムで語ります。どんな手順で実践すれば効果があがるのかを、最大限に重視しました。

 

そのため、頭では理解できるけれども、実際には何から始めたら良いかわからない、どのように行動したら判断できないという人たちにも、実践しやすく、効果も上がりやすくなっていますので、どうぞ、ご期待ください。

 

2)風花一路(PDFファイル30ページ)

 

風花式マインドセットのエッセンスをまとめたのがPDF版「風花一路」です。風花シリーズの愛好家の方々から「風花シリーズの中で一番良かった」と絶賛されています。

 

その理由は、2008年のデビューから2015年まで、風花が積み上げていたマインド面のノウハウをすべて凝縮したのが「風花一路」だからだと、私自身、推察しています。

 

3)私の未来予想図の描き方2016(PDFファイル67ページ)

 

「風花瑠璃」を大幅に修正し、2016年版をリリース。「シナリオ式:未来予想図の描き方」という完全オリジナル手法を公開。空欄を埋めてゆくだけで、自身の未来設計図ができあがります。

 

4)風花瑠璃2016序章ノート(PDFファイル20ページ)

 

風花式マインドセットの原点がここにある。風花未来の心の旅はここから始まりました。幻のレポートを大幅に加筆修正し、2016年版としてよみがえりました。

 

5)幸運の女神を呼び寄せるマインドセント(PDFファイル17ページ)

 

自分らしさを大切にした、豊かな表現ができるようになるためには、どのようにしたら良いのか? その問いに対して、実戦的にお答えしているのが、このレポート。

 

「何かを成し遂げるためには、まっさきにやらなければいけないこと」「3つの大切にしてほしいこと」「風花スタイルの信条」などは、特に読んでいただきたいポイントです。

 

【特典】

 

1)風花塾などの大型プロジェクトに1万~3円の割引価格でご招待

 

風花塾、また風花未来の大型プロジェクトに1万円~3万円を割り引いた特別価格にてご参加いただけます。

 

2)風花セミナーに特別価格でご招待

 

風花セミナーに特別価格でご参加いただけます。価格は企画内容によって異なります。

 

3)メルマガ「翼をください2017」購読権利

 

「翼をください2017」略称「翼レター」は、マインドセットに関する独自のノウハウなどをお送りするメルマガです。

以前お送りした「翼レター」とは内容が大きく異なりますので、ご承知おきください。

 

◆バージョンアップ予告

 

9月1日(予定)頃に「引き寄せ」と「自分探し」という2つのノウハウを追加し、バージョンアップいたします。どうぞ、ご期待ください。

 

【お申込み方法】8月31日まで30%オフキャンペーンを開催中。

 

【特別価格】8,960円(税込)

 

7月1日より12800円(税込)という通常価格となりますので、お早目にお求めください。

 

お申込みは、以下のテキストかボタンをクリックして、決済画面にお進みください。

 

お申込みはこちら

 

嘉風の強さの秘密とは? 33歳で3場所連続二桁勝利という奇跡を起こした日本人力士。

大相撲というと、最近はモンゴル人の話題ばかりですが、久しぶりに日本人力士が注目されています。

その人は、33歳の嘉風。

相撲界では33歳といえば、引退してもおかしくない年齢です。それなのに、嘉風は見事な成績を連続してあげ、常識をくつがえしてくれています。

嘉風の強さの秘密は、マインドにあることに注目してください。

嘉風は、しばしば「楽しむ」という言葉を使います。最近のアスリートたちがよく使う言葉ですが、嘉風はさらに踏み込んだ意味で「楽しむ」という言葉を使っているようです。

以下は日刊スポーツからの引用です。

「すごいなと思います。気持ち1つで、ここまで変われるんだと思いました」

夏場所から3場所連続で2桁勝利。九州場所でも初めて小結で勝ち越した。気持ちがどう変わったのか。

「1つは全力を出し切ることだけ考えた。すると、負けることが怖くなくなった。気持ちの切り替えが、さらに良くなりました」。

先場所の大相撲放送で、嘉風にインタビューしたアナウンサーが、嘉風の言葉を紹介したのですが、それが印象深かったので今でも覚えています。

嘉風は、相撲を楽しもうと自分に言い聞かせてきたけれども、最近、ちょっと違うのかな、と思うようになった。全力を出し切ることが楽しい、そのことに気づいた、というふうなことを語ったそうです。

要するに、結果を気にしないで、全力を出し切ることが大事なのですね。多くの人は、結果を先に考え、全力を出し切れないで終わってしまいます。それでは、結果はついてこないし、楽しくもならなないでしょう。

これって、至り尽くした「マインドセット」ですよね。

結果を気にせず、全力を出し切ることだけを考えると、自分が成長できるので、結果もついてくるし、楽しくなる」、このことは、12月12日の風花セミナーでもお伝えしようと思っています。

不器用のままでいいじゃないですか。

5人のうち、4人の方が、何とか、要領よく立ち回ろうとして、逆に墓穴を掘っているみたいです。

何で、不器用なままに進まないのですか。

ちょっとスバシッコイぐらいでは、良いことは続きません。

特に困るのが、人を、頭っから疑ってかかってくる人ですね。

何が悲しくて、人を懐疑の目で見ているんですか?

騙されたことがあるから、今度こそは、騙されないつもりですか?いえいえ、そういう姿勢だと、また裏にハマリますよ。

リセットしましょう。

今度こそは、頑張ってみようと思っていらっしゃるんだったら、心の洗濯から始めてください。

洗いざらしの木綿のシャツみたいになって、再スタートしてください。

否定よりは、肯定を、

嫌悪よりは、愛情を、

そう心がけないと、気持ちが酸欠状態になってしまいます………。

などと、つらつらと考えているうちに、夕方になっていました(苦笑)。

しかし、少し心配です。

人が信じられないと、人生がかなり辛いだろうに。

ブログとか、ビジネス以前の問題ですよね。

自分を成長させながら、成功を継続させる方法

現在、風花塾の真っ最中。日々のサポートで、徐々に明確になったことがありますので、シェアすることにしました。

明確になったこととは、「成功する方法」です。

■自分を成長させながら、成功を継続させる方法

ただ成功するだけでなく、自分を成長させながら、しかも、成功を一度だけで終わらせずに、継続させられる方法について、お話ししてみます。

最初に結論を申し上げます。以下のことを心がけてください。

自分が失敗した時は、自分の内側に原因を見出し、自分が成功した時は、自分の外部に理由を見出す。

おわかりでしょうか?

もう少し、詳しくご説明しますね。

■自分が失敗した時、多くの人は、その原因を自分の外部に探し出そうとする。

悪いのは自分ではなく、国が悪い、社会が悪い、親が悪い、学校が悪い、などなど。

これですと、自分が成長できません。

失敗した時は、ごく一部の例外を除けば、ほとんどの場合、自分のどこかに落ち度があるのですね。それを素直に認め、修正できれば、確実に、次のステップに進めます。

中には、失敗する前に、自分が行動できない理由を、社会や制度のせいにする人も少なくありません。

何もしないうちから、失敗した時の言い訳を用意している人は意外に多いのです。

成功できない人の中で、懸命に努力している人は少ない。

自分が汗をかかなくて済む理由をいつも探している場合が多い。

そういう習慣はきれいさっぱり、捨ててしまいましょう。

うまく行かない時は、自分の何かが欠けているので、それを見つけて、修正してくださいね。

■逆に、成功した時はどうか?

多くの人は、自分ひとりで成功したと思い込んでしまいます。

それを「天狗になる」とか、「思い上がり」と呼ぶのです。

誰も、自分ひとりで成功できるはずがありません。

もちろん、頑張った自分はほめてあげてほしいのですが、同時に、誰かが、あなたに力をくれたこと、支えてくれていることを、絶対に忘れてはいけません。

正直、成功するのは難しくありません。

前向きに努力すれば、大小の違いはあるでしょうけれど、何らかの成功はつかめます。

大事なのは、勝ってから、成功した後の考え方、態度なのです。

成功したら、その原因を、自分の外部に見出してください。

そして、自分に協力してくれた人に感謝することです。

さらには、自分の成功を独り占めにしないで、幸運をわけてあげる気持ちを持つこと。

その気持ちを忘れなければ、幸運は継続して訪れるでしょう。


成功の原因を自分の外部に探すことは、簡単ではありません。

私自身、若い時には、何度も天狗になりました。

傲慢で、口のききかたも乱暴で、上から目線で話した時期もあったのです。

そうした「おごり」は、必ず手痛いしっぺ返しをくらいます。

私は若い頃、大きな成功の後に、奈落の底に落ちたことが何回かありました。

死にかけたこともあったのです。

しかし、今現在、私が言い切れることがあります。絶対に、奈落の底には落ちない、と。

なぜなら、今は「傲慢さ」こそ最大の敵だと知り、人はいつも誰かに支えられて生きているということは、かた時たりとも、忘れないと心に決めているから。

たとえ不幸が訪れたとしても、絶望はしません。

人の温もりを感じているかぎり、幸運の女神を必ず訪れると、私は信じているから。

繰り返します。

自分が失敗した時は、自分の内側に原因を見出し、自分が成功した時は、自分の外部に理由を見出す。

このことを実行しているかぎり、神から見放されることはありません。

今期の風花塾からは、いつも以上に多くの成功者が出そうです。

しかし、人は勝った後の方が大切だということを忘れてほしくありません。

成功したら、その幸福を他者に分けてあげられる、本当の成功者に育ってほしいと切に願っています。

勇気がもらえる、マリノ・マリーニの名言とは?

今、コーチングという言葉が流行っています。

思うに、私もずいぶんと数多くのセミナーを受講してきました。東京にいた10年間は、セミナーが生活の一部だったと言っても過言ではありません。しかし、なかなか良いコーチには巡りあえませんでした。

指導者という言葉で、すぐに想い浮かぶ人物がいます。それは、イタリアの彫刻家であるマリノ・マリーニです。マリノ・マリーニは、ピカソと並び称される20世紀の巨匠です。

彼の弟子である、吾妻兼治郎さんに、私は指導を受けたことがあります。指導といっても、アトリエで、話を聞いた程度ですが……。

吾妻さんは、マリノ・マリーニについて、熱く語ってくれました。すべてが感動的な話でしたが、その中でも、特に印象に残っていることが2つあります。今日はそのうちの1つをお話しします。

1つ目は、マリーニの指導方法です。

吾妻さんは、マリーニには、たった一つのことしか指導されたことがないと言いました。

マリーニは、アトリエにくると必ず「吾妻、きみはこの作品で何をしようとしているんだね」と質問します。吾妻さんは、自分の作品のテーマ、新たな試みなどについて、詳しく語ります。

で、マリーニの答えは、いつも同じなんです。

よし、吾妻、それを思い切ってやってみろ

たったのこれだけ。え? という感じですよね。

しかし、かなりの年月が過ぎ去ったのちに、私はマリノ・マリーニの凄さは、この言葉にあると気づきました。

実は、ありきたりな指導者に欠けているのは、この点です。何かを、純粋にやろうとしている人がいたら、背中を押してやる、それが指導者に一番必要なことだと思います。

吾妻さんは、失敗するかもしれない、でも、そんなことはマリーニはわかっているんです。マリーニはもっと大きなものを見つめているのだと思います。

小さな失敗など、全然怖くない。自分のかかげたテーマ、理想にむかって、ひたむきに進みだす、それが何より大切なんだと、マリーニは、吾妻さんを、そう励ましていたのでしょう。

実は、吾妻さん以外の弟子にも、まったく同じ言葉しかかけなかったといいます。このあたりが、さすがに天才ですね(笑)。

10年間、いろんなセミナーとかに通ったけれど、新しい一歩を踏み出そうとした時、私の目の前にいたコーチは、私の背中を押してくれる人はいませんでした。

細かいところの指摘より、マリーニのように「よし、思い切ってやってごらん」と言ってほしかったのに……。

次回は、もう一つのマリーニの名言をご紹介します。

セルフヘルプの思想(自立への道)

●個人が強くなることが求められている時代

 

現代とはどのような時代なのでしょうか?

 

有名なコンサルタントである、堀紘一氏は日本の時代は、以下のように変遷していると主張しています。

 

明治維新→国家の時代

 

第二次世界大戦後→企業(民間)の時代

 

現代→個人の時代

 

なかなか、穿(うが)った意見だと思われます。

 

長年にわたり鎖国をつづけていた日本は、明治維新で開国し、富国強兵政策により、ひたすら「国」を強化してゆきます。

 

しかし、ご存知のように、第二次世界大戦で敗戦し、国粋主義から民主主義の時代へ。

 

今度は、「国」ではなく、民間企業が、隆盛を誇り、驚異的な経済成長をとげました。

 

ところが、今は「企業」の力は衰え、もう目覚しい経済成長は望めない時代となったのです。

 

経済不況が長引き、少子高齢化が進み、企業の寿命が長くて30年と言われる現代。

 

その一方では、私たちの寿命は長くなっているので、どうしても、一生のうちで複数の仕事を持ち、企業に頼らず、経済的に自立してゆかざるを得ません。

 

その意味では、まさに、現代は「個人の時代」だと言えるでしょう。

 

こうした厳しい時代にあっては、私たち一人ひとりが経済的にも精神的にも、強くなることが求められるのは当然です。

 

●リーダー不在の時代を生きぬくには?

 

国や企業の力が弱くなっているばかりではなく、現代では真のリーダーがほとんどいません。

 

リーダーがいないのには理由があります。

 

これほどまでに価値観が多様化してくると、それらの多面的な価値観を満足させる回答を提供できるリーダーは、必然的に少なくなってくるのです。

 

いきおいリーダーを名乗る人たちは、専門家となり、ある1つの分野でのニーズに応えることになります。

 

しかしながら、ここで大問題が浮き上がります。

 

人の一生は総合体、つまり様々な価値観の複合体。そのため、1つの問題を取り出し、それだけを解決しても、その人のライフスタイルは好転しない場合が多いのです。

 

実はネットビジネスも同じなのです。ビジネスは技術だけの問題ではありません。

 

人類がこれまで知らなかった長寿社会においては、長い人生において仕事とは何か、また、働くことによって経済的な報酬を得ることの本質を、再確認する必要があるのです。

 

しかし、そうした観点から、人々を導いてくれるリーダーはなかなかいません。そうしたリーダー不在の時代には、結局は、私たち一人ひとりがリーダーになるしかないのです。

 

自分自身を、自分で救済するとという認識を「セルフヘルプの思想」と呼びます。自助努力と言ってもかまいません。

 

つまり「自立への道」を、しっかりと地に足をおろして、進んでゆくべき時代なのです。

 

しかし、こうした困難な時代にあっても、追い風は吹いています。その追風とは、インターネットです。

 

このインターネットを賢く活用すれば、企業に依存しなくても、経済的に自立することは可能だからです。

 

その具体的な方法が、インターネットビジネスであり、インターネットビジネスの存在意義は、私たちが自立するための有効的手段であることを、まず確認しておいてください。

ブログの主人公は、ブロガーか読者か?

インターネットビジネスに限らず、収益を上げる営みの基本は「顧客満足」であることはご存じですよね。

英語ではCustomer satisfaction (CS)と呼んでいます。CSと略して、よく使われることが多い。

要するに、お客さんを歓ばせないことにはビジネスは成立しないという意味です。

もちろん、ブログなどの自分メディアでビジネスをする以上、顧客の満足をかなえなければ成功は望めません。

風花式ブログ術では、主人公はあくまでブロガーである、と繰り返し述べています。それは、お客様の満足を最優先しなければいけないビジネスの基本と矛盾するのではないか、という疑問が出てきて当然でしょうね。

で、今回は「ブログの主人公は、読者か、ブロガーか」という問題にお答えします。 この記事の続きを読む

「自分と向き合うこと」を、試練からチャンスに。

私が運営する「夢路塾」では、ブログなどの自分メディアを活用して、自分ビジネスを成功させる方法を伝授しています。

今期(6期)は「日記スタイルブログ」という新たな表現形式を試していただいているのですね。

もちろん、ただの日記ではなく、そこには専門的な意識やプランが必要になりますが、自分を表現しやすいというメリットは大きいわけです。

では、日記スタイルブログは、初心者向けのスタイルと言えるのでしょうか?

日記スタイルブログは、極めて魅力的な表現形式ですが、しっかりと意識しておいてほしいことがあります。以下、それについて述べてみることに。 この記事の続きを読む