人の命には限りがあります。

 

最近、叔父が亡くなり、また叔母がなくなり、人の死について考えることが多いのです。

人の命は有限です。

 

だからこそ、少ない時間を惜しんで、いろんなことを、いっぱいやりましょう、というつもりは、全くありません。

 

限りある命だからこそ、やることは限定して、確かな成果を実らせようではありませんか。

 

なぜ、風花がこういうことを言うのかというと、私自身、文章を書くこと以外、すべて挫折してきたからです。

 

自分でいうのもおかしいのですが、私は器用です。何をやっても、けっこういい線まで行きます。

 

ところが、ある時、ポキっと折れてしますのです。

 

どうしてか?

 

他にやることがあったから。そのことに一生、執着する必要もなかったから。

 

私には「文章を書くこと」があったのです。

 

●絞り込むと力が数倍になる。

 

天才でもない人が、いろんなことに手を出して、それらの全部で、成功できるはずもありません。

 

神は1つのことに情熱(愛)を注ぎ込む者のもとに降りてきてくれるのです。

 

いろいろ浮気をすると、必ず、手痛いしっぺ返しを受けますよ。

 

例えば、ブログで成功したいと思ったら、ご自身の生活の中で優先順位のベスト3以内にブログを位置づけてください。

 

ベスト5以内でもかまいません。

 

でも、ベスト10以下だとしたら、あえてブログをやる必要はないでしょう。

 

他のソーシャルメディアで充分だと思います。

 

成果を望むなら、対象をまず愛することから始めていただけたらと切に願います。

 

●風花も行動を限定しました。

 

最近、長いことやってきた、Facebookとツイッターを削除しました。

 

やり始めたLINE@という業務用サービスもアカウント削除しました。

 

理由は、行動を絞り込みたいからです。

 

自分が本当に大事だと思えるものに集中した方が「自分らしく」なれると感じるから。

 

現在、自分でセールスレターを作っているのですが、新しく買ったテンプレートについているマニュアル動画を見ていると、ストレスがたまり、イライラして先が見られないので、自分は、動画制作をやめ、音声に限定しようと思っています。

 

●限りある命だからこそ

 

もう、そんなに多くのことをやれる気はしていません。

 

いろいろ風花は挑戦しているかに見えるかもしれませんが、実は、たった一つのことを完成するために、トライし続けているのです。

 

あたかも、大きな1つの円を描き切ろうとしているかのように。

 

死は、それほど遠くない、そう感じることは多いのです。

 

でも、死を怖れはしません。

 

視界の先には、明るく、温かい世界が見えているからです。

 

限りある命だからこそ、これからは、限られたことに、全力を注いてゆこうと心に決めました。

 

こうしたマインドについては「風花声音(こわね)」で、お話ししてゆきますね。