投稿者:風花

久しぶりに本当に良い買い物をしたという実感がありました。買ったのは、このデスクスタンド

 

パナソニック LEDデスクスタンド 置き型 ブラック SQ-LD523-K

 

パソコンのキーボードを打つ作業だけならば、まだ我慢できたのですが、本を読むには、現在の部屋の照明では暗すぎました。

 

そこで手元を明るくするための照明器具を買うことに決めたのです。

 

言うまでもなく、目はライターの命です。いつでも目が痛くて目薬を手放せない状態は、ライターにっとては職業病としてあきらめている人もいますが、それではいけないのですね。

 

ライターの目を守ってくれるのが、デスクスタンドです。それだけに、デスクスタンド選びは、慎重にしたいもの。

 

引っ越しする前は、机の隅に金具で固定するタイプのスタンドを使っておりました。

 

しかし、現在の机の端は金具で挟むようにはできないのがわかっていたので、独立して机の上の置けるタイプのものに絞って探しました。

 

使い心地は、現在の「パナソニック LEDデスクスタンド 置き型 ブラック SQ-LD523-K」の方が、何倍も上です。

 

以下、メリットを上げてみましょう。

 

1)LEDなのでチカチカしなくて目に優しい。

 

光が手元をむらなく、自然な色で照らしてくれるので、目が疲れにくいのです。

 

2)オン・オフと明るさ調整がボタンでできるので快適。

 

つまみをひねるタイプですと、ひねる部分が取れてしまったりして不便なのですが、今回のはボタン式なので非常にラク。明るさ調整もアップとダウンのボタンが1つずつ付いているので、簡単です。

 

3)可動域が広くて便利。

 

6箇所も可動できるようになっているので、照らしたい場所をストレスなく照らすことができます。

 

4)キーボードの範囲をむらなく照らし出してくれる。

 

光源の幅がキーボードの端から端までとほぼ同じであるため、タイピングが快適です。

 

タッチタイピングといっても、キーボード部分が暗いと、タイピングははやりしづらいのです。

 

その意味で、キーボードを打つ時間の長いライターにはまたとないスタンドだと言えます。

 

5)手ごろな価格で確かな品質。

 

私は常日頃から完璧な商品はないので、少々の欠点は目をつぶって使うことにしているですが、この「LED搭載デスクスタンドSQ-LD520」には欠点を見出すことができず、良い意味で戸惑いながら使っている状態です。

 

この質の高さで1万円を切っているのですから、文句の言いようがありません。

 

あと、メリットを付け加えるとしたら、大きすぎず、小さすぎない適度な大きさ、上品で飽きないデザインとカラーリング、土台部分が重くて倒れる心配がないことなどがあげられるでしょう。

 

以上の理由から、このパナソニックのLEDデスクスタンドSQ-LD520を、ライターの7つ道具の1つに加えたいと強く思ったのでした。

タグ

パソコンを買った時についてきたキーボードを使い続けて、もう5年目に入りました。

 

キーボード用カバーは破れが目立ちはじめ、こびりついた汚れもとれにくくなってきているのですね。

 

そこで、思い切って、新しいキーボードを購入しました。

 

それがこれ⇒エレコム キーボード 有線 USB接続 メンブレン式 1000万回高耐久 ブラック TK-FCM062BK

 

さっそく使っているのですが、かなり使いやすいです。

 

特長は、以下のとおり。

 

「エレコム キーボード 有線 USB接続 メンブレン式 1000万回高耐久 ブラック TK-FCM062BK」の特長

 

メリット1)タイピングの感触がいいこと。ほどよい弾力があり、指が疲れにくのです。

 

メリット2)余計な機能がついていないことも良いですね。シンプルなので使いやすい。

 

メリット3)気になる耐久性ですが、「1000万回高耐久」という表示があり、頼もしく感じました。

 

メリット4)専用ドライバなどのインストールは不要で、パソコンのUSBポートにコネクタを接続するだけですぐに使用可能。

 

メリット5)キーピッチ:19.0mm、キーストローク:4.0mmなので、指の太い人でもタイピングしやすい。

 

メリット6)価格の安さが嬉しい。

 

万が一、故障したとしても、この価格ならば、気軽に買い換えることができますからね。

 

昔は1万円以上もするキーボードを使っていたのですが、文字がはげて見えなくなったり、意外と長持ちしませんでした。

 

今回購入した「エレコム キーボード 有線 USB接続 メンブレン式 1000万回高耐久 ブラック TK-FCM062BK」に大いに期待しています。

 

使い心地がいい上に、安価ですからね。

 

メンブレン式という意味がいま一つ理解できませんが、たぶん優れものなのでしょう(笑)。

タグ

ライターの7つ道具シリーズ、行ってみましょう。

 

今日は最近買い換えたパソコン作業用のディスプレイ(液晶モニター)をご紹介。


EIZO FlexScan 24.1インチ カラー液晶モニター ( 1920×1200 / IPSパネル / 6ms / ブラック ) EV2436W-ZBK

 

モニターメイカーの老舗として定評のあるEIZOの液晶モニターです。

 

最初に結論を言いますと、このディスプレイは、PC作業用に最適だということ。インターネットやライティング、画像加工、ホームページ制作、ブログの更新などなど、1日けっこう長い時間にわたって、パソコンの作業をする人にオススメします。

 

昔、1日に16時間以上のPC作業をしていたことがありましたが、その時に、このEIZO FlexScan 24.1インチ カラー液晶モニターEV2436W-ZBKがあったら、どれほど助かっただろうか、などと今さらですが、しみじみと感じています。

 

しかし、今後も、1日に最低でも3時間~5時間程度はパソコン作業はしてゆくので、遅くはなかったとも思うのでね。

 

では、どうして、このEIZOモニターがPC作業者に向いているかということをご説明します。

 

1)画面がノングレア(非光沢)IPSパネルである。

 

液晶パネルには、VAパネル、TNパネル、IPSパネルの3種類があります。その中で、見ていて最も目が疲れないのは、IPSパネル。色調やコントラストが画面を見る角度が多少変わっても変化が少ないためです。

 

EIZO FlexScan 24.1液晶モニターEV2436W-ZBK」は、IPSパネルを採用しています。

 

液晶パネルの表面がつるつるしていて光沢のあるグレアパネルはPC作業には向いていません。目が疲れるからです。光の反射や移り込みがきついとPC作業はしにくいですよね。

 

ただ、映像は鮮明に見られるので、映画やゲームなどの動画を見ることの多い人は、グレアを好む傾向が強いと言われています。

 

まあ、ノングレアはEIZOでなくてもあるわけですが、DVDで映画を見てみましたが、画像が不鮮明だということはありませんでした。

 

PC作業の場合、画面の明るさを100から50に下げてみましたら、目に優しいのが実感できました。

 

2)Paperモード(ブルーライトカット機能)を搭載。

 

紙に近い表示を実現したPaperモードへの対応があることは特筆に価します。

 

要するに、コントラストを抑制し、紙を見ているのと同様な状態で画面が見られるというもの。輝度センサーの内蔵によってバックライトの明るさを自動的に調節することで、暗いところで眩しすぎる画面を見せないようにするとともにブルーライトを低減してくれるのです。

 

長時間、PC作業をする人にとっては、本当にありがたい機能だと言えます。

 

モニターマニアの人たちは、その他、さまざまなうんちくを述べられるでしょう。しかし、「パソコン作業が長いので、とにかく目に優しい液晶モニターがほしい」という視点からです、以上の2点をクリアしていれば、だいじょうぶだと思うのです。

 

試しに、ネットで検索してみてください。上の2点を完全にかなえた液晶モニターは、なかなか見つからないはずです。

 

3)縦にも強い1920×1200サイズ

 

それプラス、1920×1200というサイズも、大きいと感じましたね。これまでワイドサイズのモニターが嫌いで、スクエアサイズを買ってきたのです。

 

なぜなら、Web上には縦に長いサイトがたくさんあるので、縦が短いとPC作業がしづらいからです。

 

1920×1200は、通常のワイドサイズよりも、縦が少し長い(現在の一般的なディスプレイは、1920×1080)ので、この少しの長さが大きいと感じ、24.1インチサイズを選んだ次第です。

 

スクロールも、目が疲れる原因の一つですから、できるだけスクロールしなくて良い、ディスプレイを選ぶべきだと思います。

 

目はライターの命。目に優しい液晶モニターを、ぜひ、選んでくださいね。

 

EIZO FlexScan 24.1インチ カラー液晶モニター ( 1920×1200 / IPSパネル / 6ms / ブラック ) EV2436W-ZBK

タグ

(木村翔也さん 35歳 会社員)

 

はじめて「風花飛翔」を手にしたときの率直な感想は「これを本当に公開してよいの?」ということです。(風花さん、正気ですか?笑)

 

もし、わたしが筆者であるならば、絶対に誰にも教えたくないことだけがズバリ書かれているのですね。

 

これまでにリリースされた風花シリーズ「初芽」「燕舞」「優遊」はすべて購入していますが、それらの決定版といっても過言ではありません。

 

これら三部作の重要なエッセンスをぎゅっと凝縮して、さらに、新たな起爆剤になる秘訣まで惜しげもなく公開されてしまいました。

 

ブログ開設1ヶ月で1日3万9000PVを達成。

 

わたしは「風花飛翔」に書かれていることだけを実践して約1ヶ月たった頃のことです。

 

まだ書かれていることのすべてを理解できていない状態だったのですが、これまでに体験したことのない大量アクセスを体験してしまいました。

 

そのときの証拠画像がこちらです。

 

 

たった1記事で39,109PVを達成してしまったのですね。汗

 

これまでの風花シリーズでも成果を体験することはできたのですが、アクセス数の大爆発でこれほどの経験をしたことはありません。

 

自分勝手な方法ではなく、あくまでも、風花飛翔に書かれていることを実践していただけなのです。

 

たったの1記事で、3日連続10万PV超えを記録。

 

そして、いまでも忘れられないのが3日連続で10万PVを達成したときの感動です!体が震えてしまいました。

 

1日に10PVなんて、はじめてブログに挑戦したときには考えられない数字ですし、一生のうちで1度経験できれば万々歳だと思っていました。

 

ですが、その瞬間は突然おとずれるのです。その証拠の画像がこちらです。

 

 

1日に10万PVを達成するために何をしたのかというと、ただ、日記ブログを楽しみながら更新していただけなのですね。

 

ですから、特別なことなんて何一つしていなかったのです。(むしろ少し気が緩んでいた頃です。汗)

 

さらに、自分でも驚いたことは、3日連続の10万PVがたった1記事で達成されていることなんですよね。

 

以下が、3日連続10万PVを達成した証拠画像。

 

 

飛翔式ブログが秘めているエネルギーは想像をこえていました。たった1記事で30万PVを呼び込むことができるなんて、想像もできない世界でしたから。

 

これまでも努力はしてきましたが、1日1万PVが、どれだけハードルの高いことなのかを知っています。簡単に達成できる数字ではありませんよね。

 

ですが、風花式で記事を書き続けただけで、ただそれを継続していただけで、このミラクルが起こりました。

 

未熟なわたしでも、これだけの結果が出せたのですから「これで成功しないはずはないと確信」しています。ですから、できるだけ早く、販売中止になることを願っています。笑

 

一貫した風花スタイルは崩さない。

 

風花シリーズのすべてに共通して言えることは、一切ぶれることのない、一貫した風花スタイルです。

 

「たった1つのブログを大事に丁寧に育てていく」というスタンスは、何年も前から変わることはありません。

 

ひとつのテーマで書き続けるような縛りもありませんし、日記型ブログでもきちんと成果を出せるのも非常に大きな魅力だと実感しています。

 

もちろん、ブログを量産することもありませんし、1日に大量の記事を作成することもありません。

 

こんなに時代が変化しているのに、いまだにブログできちんと実績が出せてしまうのですから、本当に不思議でなりませんよね。

 

ですが、これが風花式の醍醐味でもあると思うのです。風花シリーズのノウハウは昔からそうなのです。

 

一見すると、何も珍しいことが書かれているわけでもないように感じるのですが、書かれていることを丁寧に読んで、書かれていることだけを丁寧に実践すると、必ず結果がついてくるのですね。

 

わたしも風花式を実践してみて、本当に何度も成果が出てしまっているので、こればかりは否定のしようがない事実なのです。

 

風花飛翔は作業マニュアルではありません。

 

ブログできちんと成果を出して、嬉しい体験や成功体験を得るまでには、必要最低限のブログ設定や、ブログの使い方などの知識は必要になります。

 

これらについては、風花飛翔の中でも丁寧に解説されていますので、そのまま忠実に実践すれば、まったく問題ないと思います。

 

ですが、これから風花飛翔を手にするみなさんに、お伝えしたいのは「風花飛翔は作業マニュアルではない」ということです。

 

風花飛翔に書かれていることを実践すれば、きちんと結果がでることは間違いのない事実なのです。

 

ですが、ブログワークを「単調な作業」のように、何も考えずに実践するための方法が提示されているのではありません。

 

ブログを楽しみながら、多くの読者を味方につける秘訣が詰まっているのですね。

 

「風花飛翔」には、ブログ初心者でも実践しやすいように、集客しやすいテーマ選定や、文章の組み立て方や構成、キーワードの選び方、アクセスアップのための方法まで丁寧に解説されています。

 

記事の書き方についても、どんなジャンルの記事を書くのかによって、それぞれの展開の方法まで提示されていますから、風花式に初めて挑戦する方でも、十分に取り組みやすくなっているのですね。

 

ですが、爆発的なアクセスを集めるためには、自分で考えて記事を書かなければなりません。とにかく書いて、書いて、自分で手を動かす努力を欠かさないことも大事だと思います。

 

ですから「何の努力もせずに楽をして成果を得たい」「書き方が分からないを理由に手を動かさない」という方には不向きな教材になります。

 

風花塾での実践が一番の近道でした。

 

わたしが風花飛翔で大きな成果を体験できたのは、風花塾(プロジェクト)への参加が大きかったと思っています。

 

本気で成果を得たいと考えている方であれば、風花塾での実践が一番の近道になることは間違いありません。

 

ブログワークは基本的に孤独な作業になりがちですよね。

 

テキストを片手に実践していても、本当にこれでよいのか迷うこともありますし、奮闘中は、自分勝手にくじけそうになることもあります。

 

ですが、風花塾には多くの仲間がいます。専用コミュニティでは、とても有益な情報を得ることもできますし、同じ目標にむかって前進するための刺激にもなるんですよね。

 

わたしがとても参考になったのは「自分にはない視点」に気づけることです。これがすごく大きいと感じています。

 

それと、本当に成果を得たいと考えるならば、風花塾でのワークやサポートを積極的に使うことが一番の近道です。

 

先生方は非常に熱心に指導をしてくださいます。

 

ときには厳しい内容であることもあります。わたしも風花塾の受講生を経験しましたから、よくわかっています。笑

 

ですが、いま思い出すと「あたりまえ」のことしか言われていないのですね。

 

自分では精一杯やっているつもりでも「できていないこと」に気づいていない状況では、なかなか成果が出にくいと思います。

 

風花塾は期間限定ですが、積極的にサポートを利用して、最短距離で全力疾走することおすすめします。

 

風花飛翔は、みなさんのブログワークをさらに楽しく、さらに飛躍させてくれる書籍だとおもいます。

 

ブログワークに息切れをしていた私に、楽しむ自由や解放感、潤いを与えてくれたのも「風花飛翔」です。

 

どうぞ、これから挑戦したいと考えているみなさんにも、同じような嬉しい体験や結果が舞い込むことを祈っています。

 

⇒風花飛翔の凄さを体感したい人は、こちらへ

タグ