投稿者:風花

数年前までは、風花未来は「自分らしさを、伸ばしましょう」というふうなことを語っていました。

 

ところが、もう、そういう悠長なことを言っている状況ではなくなっています。

 

自分という存在が、この世にあり続けるか、消え去るか。もっと短く言うなら、消えるか、消えないか、そういうギリギリの時代になってゆく気がしてなりません。

 

例えば、私たちは毎日、かなりの時間、スマホを見ていますよね。

 

実は、スマホを見ている時間は、自分が消えているのです。あるいは「消されている」と言った方が的確かもしれません。

 

スマホから得る情報は、一次情報ではありません。つまり、自分で取材したことでもなければ、自分自身が体験したことでもなりことを、ただ一方的に享受させられているのですね。

 

こういう時間が長くなればなるほど、自分という存在は希薄になってゆきます。

 

では、自分が消されていない、消えていない状態とは、いかなる状態を指すのでしょうか。

 

簡単です。

 

丘に登り、空を見上げて、流れる雲をじっと眺めていればいい。

 

この時は、世界と自分自身が直接つながっているので、自分自身を感じることができます。

 

しかし、現代社会は、そいういう、いわば「何もしていない時間」を限りなくゼロにしようと、人々を追い込んでいるのです。

 

自分らしくあるためには、社会は自分をほったらかしにしておいてくれるのが一番良いのです。

 

ところが、現実は真逆。

 

社会は次々とこちらに向かって、情報を送り込んでくる。スマホという携帯端末を持たされているために、どこへ逃げても、情報に追い掛け回されてしまうのです。

 

疲れた目を休めたいと思っていても、スマホを見ることはすでに習慣を超えて、中毒になっているので、目の痛みに耐えながら、スマホをのぞき込み続けている始末。

 

自分探しとか、自己実現とかいう言葉がはやった時代がありました。

 

今思うと、そういう時代は「のどか」でしたね。

 

今はもう、自分を探したり、本当の自分になろうとすることさえ、奪い取られ、人らしさ、自分らしさを消されたまま、ただ、月額の通信料を絞りとられているだけだと言ったら言い過ぎでしょうか。

 

こういう負の連鎖に追い打ちをかけようとしているのが、5G、IoT、AIなどの急速な普及です。

 

先日私は「緊急避難宣言」をしましたが、以上の理由からにほかなりません。

タグ

●突然、私の眼が、悲鳴を上げ、激しくSOSを発信!

 

実は、正月明けから、眼が痛くて、Web作業が困難になっています。

 

目薬を変えてみたり、休憩時間を長くしたり、いろいろやっているのですが、改善されません。

 

そこで、これはもう、私自身、何十年も続いてきた、一つの習慣を手放すしかないと、腹をくくりました。

 

それは、映画を一切見ないこと

 

さらには、映画だけでなく、動画そのものを、極力見ないことにしました。

 

これは私にとって決して大げさではなく、「緊急避難宣言」なのです。

 

●映像大好き人間が、映像から離れる決心をした、深刻な理由とは?

 

以下の5つの理由が、映像断ちを私に決意させました。

 

1)眼が痛い。

 

2)本を読む時間がなかなかとれない

 

3)映画は動体視力を使うので、眼への負担が大きすぎる

 

4)これからの時代は映像ではなく、「言葉の時代」になるから徹底的に「言葉の世界」に専心すれば、時代のニーズにも応えられるし、自分の成長につながる。

 

5)「言葉のオーラ」は映像のオーラの数百倍はあり、とてつもなく深い快感が得られると、最近になって強く実感している。

以上の5つの理由から、映像など見ている時間はないので、本を読み、言葉の世界に浸りきる決意をした次第です。

 

●政府の5G促進計画は、人の人間らしさを抹殺する恐怖政策。

 

5Gの時代の到来は、動画によって、国民が痴呆化され、一部の支配者に洗脳コントロールされてしまう、危険なエポック(起点)になると私は激しく警戒しています。

 

動画による暴力革命」と呼んでも、差し支えないほどです。

 

スマホの普及によって、すでに十二分に私たちは「人間らしさ」をそぎ落とされているのに、5Gの時代になり、ますます、私たちは「本来の自分自身でいられる時間」を奪い取られてしまうでしょう。

 

ですから、まだ本格始動していない、今のうちから、動画から距離をとり、生活の主要部分から、動画を切り離しておくべき。

そうした精神的な防御策と生活習慣における予防措置をこうじておかないと、それこそ、「動画漬けの生活」にされ、「人らしさの消去」を音もなく完了されてしまいかねません。

 

国際金融資本家・政治家・大企業・マスコミなどは、国民に「人らしく豊かに暮らしてほしい」などとは露ほども願っていません。

 

ただ、見せかけだけの便利さに溺れ、定期的にお金を払ってくれればいい割り切っているだけのことです。

 

●断食するように動画を絶つ暮らしへ

 

断食するように映像を絶ち、言葉だけを食べて(糧として)生きる、それが私の「緊急避難宣言」にほかなりません。

 

「言葉の力」を養わないと、これからの時代は生き残れません。

 

逆に、5G時代の「一億総動画漬け政策」により、ほとんどの人たちが「言葉」の本来の力を見失い、「言葉」で訴えることができなります。

 

そういう嘆かわしい時代にあって、「言葉の力」を存分に活用できれば、こざかしいテクニックなど使わなくても、さりげなく、凛として、自分らしさを伸ばしてゆけるのです。

 

●具体的な生活習慣の変更案

 

1)外出時にスマホを携帯しない。

 

2)自宅にいる時は、仕事する以外には、パソコンのスイッチを入れない。

 

3)愛読書を常に手元におき、繰り返し読む。

 

いかがでしょうか? 極端すぎると感じられたでしょうか?

 

何十年も映像漬け生活を送ってきた私なので、こうした一大決心をしないかぎり、映像から言葉への完全移行はできないと思っているのです。

 

では、これから、文庫本を持って、散歩に出かけてます。

タグ

●今流行っている動画は、もうすぐ消えます。

 

カリスマYouTuberの動画を見ていて、思わず苦笑してしまった。

 

いわゆる「稼ぐ系」「学び系」の人気YouTuberの動画を見ていて、私は間違っていないことを確信しました。

 

風花未来は人気YouTuberが「やりなさい」ということのすべて逆をやっています。即ち、カリスマYouTuberが「やってはいけない」ことばかりやっているのです。

 

それでも、動画の高評価率は95%くらいを、ずっと維持できています。

 

収益化の審査も1日で合格しました。

 

自分が意図しているわけでもないのに、収益も順調に伸びています。

 

人気YouTuberさんたちが「やりなさい」ということを、何一つやらずに、完全にマイペースで、こんな感じなんですよね。

 

なぜか?

 

まっとうなことを語っているからです(笑)

 

つまり、「本当はこういうことの方が大事だよね」ということを、普通に語っているからに他なりません。

 

●個人が動画で稼ぐことは無理な時代に

 

5Gの時代になると、YouTubeに企業が本格的に参入してきます。当然、個人のYouTuberの多くは消えてゆくでしょう。

 

私がYouTubeをやっているのは、動画で稼ぐためではありません。

 

動画の時代で「言葉の力」を試しているのです。

 

●5Gの時代は、動画ではなく「言葉」で生き残るしかない。

 

多くの人が勘違いしているのですが、「今からでも遅くないから、YouTubeで稼ぐしなかいのかな」と思わされていること。

 

インターネットだけで15年も食べている、私が証言するので間違いありません。

 

YouTube動画の中で「YouTubeで稼ごう」と言っている人を信じてはいけません。

 

なぜなら、彼らは「もう(今の段階で自分の位置を確保している人以外は)YouTubeでは稼げない」ことを知っているからです。

 

私は一度もやったことがないのですが、多くの情報起業家たちは、すでに時代遅れのノウハウを情報弱者に提供して稼ぎまくろうとします。

 

だから、彼ら言うことを鵜呑みにしていたら、絶対に成功できません。

 

●風花未来が伝えたいのは、時代の先を行く「稼ぎ方」「生き方」

 

私の場合、たとえ一時的に稼げても、人として、生き方として間違っている方法は
絶対におススメしません。

 

その意味から、自信を持って推奨したい方法があるのです。

 

それが「言葉の力」で、じんわり、ほっこりしながら、自分を成長させつつ、自然に収益が伸ばす、「自分スタイル」に他なりません。

 

●稼ぐために自分を犠牲にする時代ではない

 

ネットで情報配信していると、ふと「自分が消える瞬間」を感じます。

 

自分のメディアで情報を受け取ってくれる人たちが、増えることは嬉しい。

 

しかし、自分のメディアの読者・視聴者たちの全員が、自分には実は全く興味がなく、有益な情報だけが欲しい、お金儲けがしたいだけだったら、かなり寂しい気持ちになりますよね。

 

ですから、私がこれらずっと伝えてゆきたいのは、「自分を消して成功する方法」ではなく、「自分らしく暮らしながら経済的にも豊かになる方法」に他なりません。

 

●言葉の力を活用して、自分らしく豊かに暮らす方法

 

「言葉の力」は流行に左右されません。

 

というか、動画の時代になるからこそ、本当に求められるのが「言葉」なのです。

 

ですから、5G時代に生き残るためには、動画を作ろうとしたらダメだということ。

 

動画の質という側面では、企業が本気を出したら、個人は逆立ちしても勝てませんよ。

 

個人が大手企業に勝てるとしたら「個人が発する言葉」即ち「自分の言葉」以外にはありません。

 

これからは「言葉の力」でしか生き残れない時代なのです。

 

「言葉の力」で生き残るために、必要なことを、今こそ「本気で学ぶ」こと、それが大事なのです。

 

その意味から、風花未来はこれからの時代を「5G時代」とか「動画の時代」などとは言いません。

 

「言葉の時代」「学びの時代」と呼んでゆこうと思っています。

 

つまり、これからは「言葉の時代」になる。「言葉」で生き残るために「本気の学び」が必要になるということ。

 

「言葉の力を活用して、自分らしく豊かに暮らす方法」を学びたい人は、安価な風花クラブから始めてください。

 

⇒風花クラブ

 

1月15日いっぱいで第1期生(ファーストステージ)の受付は終了いたしますので、お早目にお申込みください。

 

流行なんか追わないで、さり気なく、格好よく、うわべだけの時流に逆行してみませんか。

タグ