パンくずリスト
  • ホーム
  • 投稿者 : 風花
投稿者:風花

風花未来は毎週水曜日の21時より、Xスペースにて「おしゃべり会」を定期開催しております。

 

風花未来のXはこちらです。フォロしていただくと、コメント欄に投稿できますので、ぜひともフォロワーになってくださいね。

 

以下のメルマガにご登録いただきますと、優先的にスピーカーご紹介いたしますm(__)m

 

風花未来の公式メルマガ

 

風花未来の「おしゃべり会」は以下からお聴きいただけます。

 

第1回「風花未来が再起動〜れいわ新選組をリスペクトしつつ」

 

第2回「グローバリズム問題に、私たち国民は、どの様に考え、どのように行動したら良いのか?」

 

第3回「グローバリストに洗脳されないで、真の自由を守る方法」

 

第4回「政権交代、山本太郎特集、貧困の実情など、、、」

 

第5回「れいわ新選組の話題は歓迎…」

 

風花未来のおしゃべり会には、以下の基本的な考え方をご理解の上、ご参加いただけたら嬉しいです♪

 

ヒューマン・リバース運動

カテゴリー
タグ

「国民が主役の政権交代⇒国民主権の国づくり」のために

 

戦争の足音が聞こえてきそうです。利権のためには国を売り、国民を売ることなど平気でやってしまいかねない、現政権にこれ以上政治をまかせていたらとんでもないことになります。

 

何としても、戦争は止めねばなりません。そして「国民の真に豊かな生活」を実現してくれる新政権を誕生させるために、私たち国民も意識を上げ、声を上げてゆくべきです。

 

そうしなければ、日本はもたない、私たちの暮らしも破壊されてしまうでしょう。

 

間違った貨幣観と財政観をいまだに卒業できず、支持母体にそんたくし続ける古い野党には期待できません。

 

私たちは、以下の結論を出し、一刻も早く、行動を起こすべきです。

 

戦争を阻止し、経済を復興し、国民の豊かな生活をかなえるには、正しい経済政策を掲げ、国民の幸福を願って汗を流す、庶民の味方である、消費税減税(積極財政)+反グローバリズム」を軸とした新政権の樹立しかありません!

 

反グローバリズムとは、まさに「人間復興」のための反抗運動を指します。

 

一部の支配者層(1%のグローバリスト)による大多数の庶民(99%の一般大衆)への経済および精神の圧迫・統治支配に反抗し、私たち一人ひとりの主権を回復し、経済と心の豊かさの復興を目指す運動を、反グローバリズムの運動である、と風花未来は定義しました。

 

短くすれば「自分たちの利権のために日本を売り飛ばし、国民を苦しめ続ける勢力への反抗運動」となります。

 

単なる政治運動ではなく、私たち国民による現代のレジスタンス(反抗)運動なのです。

 

レジスタンスの合言葉は「我反抗す、ゆえに我らあり

 

ノーベル文学賞を受賞したレジスタンス作家である、アルベール・カミュの言葉を肝に銘じましょう。

 

我反抗す、ゆえに我らあり。

 

デカルトの「我思う、ゆえに我あり」のモジリですが、カミュは「我あり」ではなく「我らあり」としたことに注目してください。

 

カミュの代表的な評論「反抗的人間」(1951年)に出てくる言葉であり、名作小説「ペスト」の主題を、象徴的にあらわすのが、この「我反抗す、ゆえに我らあり」です。

 

孤独と絶望から連帯と反抗を小説と哲学で主張した、レジスタンス運動に参加した作家でもある、アルベール・カミュらしい言葉であります。

 

私たちの国民運動の合言葉として「我反抗す、ゆえに我らあり」を日常的にたくさん使って語り合い、力強く広げてゆきましょう。

 

海外のグローバリストに直接、反抗するのは難しい。敵は眼に見えず、しかも、あまりのも強大だから。

 

しかし、反抗の手立てはあります。日本の政治家、コメンテーターの中に、グローバリストの手先があるので、彼らを標的にすれば、意思統一がしやすい。

 

日本国内の政治にウォッチングする時、特に警戒すべきは、保守を偽装する者たちの策謀です。

 

似非(えせ)保守・売国保守・自民党補完保守・ビジネス保守・イデオロギー保守などなど……。

 

なぜなら、それらの保守を偽装する者たちの多くは、海外のグローバリストたちの手先となり、日本を売り渡すことも平気で行うのです。その日本国民への裏切り行為を完遂するために、国民を無力化させようとします。

 

なぜ国民を無力化したいか? グローバリズム勢力(支配者層)が国民を支配しやすくしたいからです。

 

そのために、狡猾な手練手管で、国民一人ひとりの覚醒と成長を巧みに阻止しようと行動しているので、注意しなけらばなりません。

 

 

そこで風花未来は「平和」を守ることを大前提とした「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」勢力の拡大による政権交代につながる提言を、バージョンアップして継続ことに決めました。

 

ここで言う「平和」とは、イデオロギーの中で使われてきた欺瞞に満ちた意味ではありません。

 

平和とは単に戦争をしないことだけでなく、自立を前提とした調和という精神的な意味をも持ち、それを風花未来は「まどか」と呼びます。

 

「まどか=自立+調和」を学問化したのが、「まどか学」です。

 

「まどか」を基調低音とする、経済と心の復興を目指す政治運動、そのタイトルは「国民が主役de政権交代」といたします。

 

日本版の"We are the 99%" 「世論を私たち(庶民)で占拠せよ」民衆による世論形成を!

 

「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力の信条と政策の拡散、その最強の方法は「口コミ」です。

 

「口コミ(くちコミ)」の定義も、意外に大事なので、押さえておいてくださいね。

 

口コミ(くちコミ)とは、物事の評判などに関する噂のこと。大宅壮一の造語の一つ。

マスコミとの対比で生まれた言葉であり、「口頭でのコミュニケーション」の略とみられる。本来は小規模なコミュニケーションであったが、インターネットの発達で影響力が大きくなった(Wikipedia)

 

実は、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を広げるには、カフェや居酒屋の雑談の中で、ごく自然に伝えるのが最も効果的なのです。

 

インターネットでの口コミとリアルな日常空間での口コミは、性質を異にしますが、両方とも重要です。

 

インターネットでの活動は、エコーチェンバーにより拡散を抑制されているので、どうしても、リアルな日常生活での「口コミ」活動を強化せねばなりません。

 

エコーチェンバー(現象)について、正しい認識が必要。

 

ネットで正論が拡散しない理由

 

エコーチェンバー現象とは、自分と似た意見や思想を持った人々の集まる空間(電子掲示板やSNSなど)内でコミュニケーションが繰り返され、自分の意見や思想が肯定されることによって、それらが世の中一般においても正しく、間違いないものであると信じ込んでしまう現象のこと。

 

YouTube、各種SNS、検索エンジンなどは、エコーチェンバー化することで、自分たちに都合の悪い正論を、狭い言語空間に閉じ込め、拡散しないようにしているのです。

 

インターネットで正論を広げようとしている人は、自分の拡散行動を根底から見直してください!

 

以下では、日常生活でのリアルな会話を重視して、お話しいたします。

 

リアルな日常生活での「くちコミ」を、もっと強化せよ!

 

なぜ日常会話が大切なのかと申しますと、街頭で演説したり、チラシを配っても、人気の高い政治家でさえ、多くの人にスルーされてしまうのが、実情だからです。

 

街宣を聴いている人は少ないけれども、あなたが知人に日常生活で話せば、とりあえず、聞いてはくれるでしょう。

 

日常生活で、ごく自然な形で、政治の話ができ、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力の正当性と魅力を伝えられれば、それが理想です。

 

いわゆる、口コミの拡散こそが、民衆による世論形成につながるからなのですが、実は、それ(「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を口コミで自然に広がること)こそが大切なのです。

 

何しろ、日本の政治を根底から変える、という革命的な政策(与党・野党・財務省・マスコミ言説と真逆の政策)を、ずぶの素人が、周囲のずぶの素人を反発されないで説得し、れいわ支持者となるまで教育するのは、困難きわまりないわけです。

 

では、どうすれば良いのか? 何が最も必要なのか?

 

新聞やテレビなどのマスコミは、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力に否定的ですから、マスコミによる世論形成には期待できません。私たち国民・市民・民衆が自分たちで、世論をつくる必要があるわけです。

 

庶民の口コミでの拡散⇒民衆による世論形成

 

民衆レベルでの世論形成をかなえるために、辿り着いた風花未来の結論は、以下の通りです。

 

要するに、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を増やすためには、国民一人ひとりが、自分の言葉で正論をリアルな日常生活で語ることがベスト。

 

そこで、風花未来は、自分の言葉で「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力信条と政策を語り、その浸透をはかることにしました。

 

繰り返します。テレビや新聞などのマスコミが世論形成をする時代は終わりました。

 

今すぐに求められているのは、一般庶民(民衆)による正しい(1%の富裕層だけではなく99%の庶民の豊かさをも大切にする)世論形成です。

 

その意味で、「国民が主役de政権交代」は、日本版の"We are the 99%" 「世論を私たち(庶民)で占拠せよ」であると言えます。

 

さあ、はじめよう、新しい99%運動を!

 

「国民が主役de政権交代」10個のテーマ

 

以下の内容は、参加いただける方々に、ご自身で考え、回答を導き出していただくために、結論はあえて述べておりませんので、その点はご理解ください。

 

国民の目覚め

 

国民への問題提起(ウェイクアップへの呼びかけ)⇒政治への目覚め⇒意識向上⇒自分で考える⇒自分の意志で行動⇒国民が主役(自立・調和・未来創造)

国民自らが民主的な方法(言論と選挙)で世直しをする。

 

【教育・福祉】

 

新たな主権者教育「自発力(自立力)」を高める。人が人らしく、自分が自分らしく暮らせるために。「まどか愛」。利他愛は自己愛。「愛」の教育。⇒風花未来が提言する「主権者教育」

 

【経済(財政)】

 

タブーである「国債」の真実(特性と仕組み)を、わかりやすく伝える努力をすれば、機能的財政論・積極財政・消費税廃止を支持する人は増える。

 

外交・国防(平和)

 

(対米自立・アジア共栄)国民が納得・安心する国防安全保障 世界平和を訴える。テーマは「平和」。未来志向・創造的な対等・協調・共栄外交を

 

【環境・文化】

 

円環調和を生む「人間との自然の共生と人間復興」。人は自然に保護されている存在。「心」の種まき。「言葉」の田植え。

 

左右分断

 

保守(右)のリベララル(左)の違い。左右分断の原因解明

 

天皇制(皇室)

 

日本国民の心の安寧のために。平和と安寧の象徴

 

【歴史認識(歴史観)】

 

自虐史観でも自尊史観でもない、人間史観・愛情史観(運命愛史観)を

 

【国民主体の世論形成】

 

左右の分断の解消方法。世論をマスコミが作る時代は終わった。世論を国民がつくるようになれば、左右の分断解消は可能

 

【政権交代】

 

消費税減税(積極財政)+平和を守る勢力」を軸に政権交代を。積極財政派の団結(新党)に国民が味方につき、投票率80%以上になれば実現

 

カテゴリー
タグ

ヒューマン・リバース(雨上がりのムーブ)」について、ご説明します。

 

テーマカラーは、水色とピンク。

 

ヒューマン・リバース運動=Human Rebirth Movement」とは?

 

リバース(Rebirth)は、生まれ変わること。ヒューマン・リバース(Human Rebirth)は「人間復興」を意味します。

 

短く「ヒューマン・リバース」と呼んでください。

 

ヒューマン・リバース」とは、政治を変え世直し、経済を復興させるとともに、私たち自身も変わり(余直し、心の復興をも目指す、国民運動のこと。

「余直し」の「余」は私(自分)自身のこと。

 

「ヒューマン・リバース」が目指しているのは「経済」と「心」の復興で「人の時代(人間復興)」をかなえることです。

 

経済復興+心の復興=人の時代の創造人間復興)

 

経済だけでなく、「心の復興」も目指していることが他にはない特徴。

 

「人間復興」の実現は、即ち「人の時代」の創造を意味するのです。

 

「人の時代」とは「自分が自分らしく、人が人らしく生きられる社会」のこと

 

とはいえ、これらの文言では表現が固いですよね(苦笑)。そこで「雨上がりのムーブ」という通称をご用意。これは「雨上がりの空@ムーブメント」を縮めたものです。

 

雨上がりの空を見上げた時、その洗われた美しい輝きに、ハッとすることがありますよね。そんな新鮮なドキドキする広がりを目指しましょう、という国民運動が「雨上がりのムーブ」です。

 

ということで、正式名称は「ヒューマン・リバース(雨上がりのムーブ)」といたします。

 

ヒューマン・リバース(雨上がりのムーブ)

 

何度も変更しましたが、これで決定!です(苦笑)。

 

テーマカラーは、水色とピンクなので、多くの女性のご参加を期待していますm(__)m

 

代表は、風花未来(かざはなみらい)

 

この運動の発起人は風花未来。「風花未来」って変な名前だけど、そもそも誰なの?っていう人は、以下の自己紹介をご覧ください。

 

風花未来のプロフィールはこちらに

 

おしゃべり会を定期的に開催

 

この「雨上がりのムーブ」運動に関心を持たれた方は、毎週水曜日夜9時からXのスペースで定期開催する「おしゃべり会」に、お気軽にご参加くださいませ♪

 

風花未来の「おしゃべり会」のご案内はこちら

 

以下は第一部「私が変わる」のご説明です。

 

第1部「私が変わる」

 

政治を変えるには、まずは私たちが変わること

 

風花未来は「人の時代」の創造」を目指し、提言を続けています。

 

日本にはかつて「お金(経済)の時代」はありました。

 

物の時代」もありました。

 

現在は「情報の時代」でありましょう。

 

しかし、一度として真の意味での「人の時代」は訪れていません。

 

「人の時代」とは「自分が自分らしく、人が人らしく生きられる社会」のこと

 

「人の時代」を創造するためには、どうしたら良いのか?

 

政治を変える、これが極めて大事。同時に、私たち一人ひとりが変わること、これも同じくらい大切です。

 

政治を変えるためには、国民の意識を変えることが前提となります。

 

私が変わる、政治を変える」と覚えてください。

 

政治を変えるには、まず私たち国民が変わらねばなりません。

 

国政選挙の投票率はおよそ50%。その原因は国民の意識の低さにほかなりません。

 

政治に無関心でいられても、無関係ではいられない」。つまり、私たちの生活のほとんどすべてが政治とつながっているのです。

 

多くの国民が政治に参加し(選挙に行き)、政治を変えるためには、国民が長きに渡って奪われてきた能力を、奪い返さねばなりません。

 

奪われてきた能力とは、自分の感性で感じ取り、自分の頭で考え、自分で取捨選択・意思決定・企画立案する能力を指します。

 

これらの能力を、風花未来は「自発力」あるいは「自立力」と呼んでいるのです。

 

政治は国民の自発力(自立力)を奪い、国民を無力化する(従順な国民を大量生産する)ことで、好き放題の悪政を行ってきたと言えます。

 

私たち国民が力を持ち、政治を動かすためには、私たちの自発力自分の感性で感じ取り、自分の頭で考え、自分で取捨選択・意思決定・企画立案する能力)を、自ら養い、育てていかねばなりません。

 

そのために、風花未来は新たに動き始めました。

 

私たちの意識が変わり、自己教育によって自発力が高まれば、政治を変え、経済を復興し、心の復興をかなえられる可能性が広がります。

 

参加方法

 

「ヒューマン・リバース運動」にご参加くださる方は、以下の無料メルマガにご登録ください。

 

「風花未来の公式メルマガ」へのご登録はこちらから

 

風花未来とLINEでつながっていただける方法を、メルマガ内でご案内いたします。

 

「ヒューマン・リバース運動」への招待、具体的な参加方法は、LINE公式アカウント「風花未来オフィシャル」で配信いたします。

 

「心の復興」のために

 

「心の復興」というと、途方もないことと気が遠くなるかもしれません。

 

だいじょうぶ。まずは、足元から始めましょう。

 

「心」は「畑」です。心という畑を広く、深く耕し、あなたらしい花を咲かせ、豊かな実りを得ましょう。

 

豊かな収穫を得るには、何をしたら最も効果があがるのでしょうか。

 

言葉の豊かさを再発見

 

言葉が変わると心が変わります。心が変わると言葉が変わるのです。そのため、「雨上がりのムーブ」では、言葉を大切にしています。

 

「雨上がりのムーブ」の基本キーワードは、四つ葉のクローバーになぞらえて、以下の4つを厳選。

 

きざし(兆)」「ほむら(炎)」「かなで(奏)」、そしてしずもり

 

「しずもり」の意味はこちら

 

日本語の美しさを再発見してみませんか! 日本語はこんなにも豊かなのです。ということは、あなたの心も豊かであるはず……

 

美しい日本語ベスト50

 

詩を味わい、楽しむ

 

優れた詩を読むこと、このことの大切さを訴えているのは、風花未来しかいません。

 

詩を味わうと「詩心」が養われ、「詩心」は私たちの創造的パワーを増強してくれるのです。

 

以下のリンクでは、風花未来が優れた詩を100篇厳選しましたので、ぜひとも、存分にご堪能ください。

 

日本の名作詩ベスト100

 

「詩心回帰・まどか」で、心を耕す

 

風花未来は「心の復興」をかなえるために「詩心回帰」と「まどか」を提唱。「詩心回帰」と「まどか」は、風花未来の原点であり、あらゆる思想と行動の源泉であります。

 

詩心回帰とは←「詩は世界を救う」プロジェクト継続中

 

「まどか」とは←キャッチフレーズは「愛は惜しみなく包み込む

 

自発力(自立力)アップの教育

 

自分らしく、人らしく教育

 

人間復興をかなえ、人の時代を創造するためには、その前提として、私たち国民の自発力(自立力)を向上させる必要があります。

 

⇒「風花未来の主権者教育」とは

 

希望の未来をつくる、全く新しい教育

 

自発力を存分に発揮し、人の時代をつくり、希望の未来を創造するためには、真の意味での「豊かな創造力」が、どうしても求められます。

 

「風花まどか大学」とは

 

以下は第二部「政治を変える」のご説明です。

 

第2部「政治を変える」

 

国民が主役の政権交代⇒国民主権の国づくり

 

戦争の足音が聞こえてきそうです。利権のためには国を売り、国民を売ることなど平気でやってしまいかねない、現政権にこれ以上政治をまかせていたらとんでもないことになります。

 

何としても、戦争は止めねばなりません。そして「国民の真に豊かな生活」を実現してくれる新政権を誕生させるために、私たち国民も意識を上げ、声を上げてゆくべきです。

 

そうしなければ、日本はもたない、私たちの暮らしも破壊されてしまうでしょう。

 

間違った貨幣観と財政観をいまだに卒業できず、支持母体にそんたくし続ける古い野党には期待できません。

 

私たちは、以下の結論を出し、一刻も早く、行動を起こすべきです。

 

戦争を阻止し、経済を復興し、国民の豊かな生活をかなえるには、正しい経済政策を掲げ、国民の幸福を願って汗を流す、庶民の味方である、消費税減税(積極財政)+反グローバリズム」を軸とした新政権の樹立しかありません!

 

グローバリストの定義を、風花未来は以下のようにわかりやすく定義しました。

 

グローバリストとは一般大衆をあらゆる方法で洗脳し、弱体化して支配し、利益を独占しようとする者のこと

 

反グローバリズム運動の(風花未来が独自にした)定義は、以下のとおり。

 

「反グローバリズム運動」とは、一部の支配者層(1%のグローバリスト)による大多数の庶民(99%の一般大衆)への経済および精神の圧迫・統治支配に反抗し、私たち一人ひとりの主権を回復し、経済と心の豊かさの復興を目指す運動のこと

 

短くすれば「自分たちの利権のために日本を売り飛ばし、国民を苦しめ続ける勢力への反抗運動」となります。

 

要するに「人間復興(自分が自分らしく、人が人らしく生きられる社会)実現のための反抗運動」なのです。

 

単なる政治運動ではなく、党利党略を超えた、私たち国民による現代進行形のingレジスタンス(反抗運動なのです。

 

レジスタンスの合言葉は「我反抗す、ゆえに我らあり

 

ノーベル文学賞を受賞したレジスタンス作家である、アルベール・カミュの言葉を肝に銘じましょう。

 

我反抗す、ゆえに我らあり。

 

デカルトの「我思う、ゆえに我あり」のモジリですが、カミュは「我あり」ではなく「我らあり」としたことに注目してください。

 

カミュの代表的な評論「反抗的人間」(1951年)に出てくる言葉であり、名作小説「ペスト」の主題を、象徴的にあらわすのが、この「我反抗す、ゆえに我らあり」です。

 

孤独と絶望から連帯と反抗を小説と哲学で主張した、レジスタンス運動に参加した作家でもある、アルベール・カミュらしい言葉であります。

 

私たちの国民運動の合言葉として「我反抗す、ゆえに我らあり」を日常的にたくさん使って語り合い、力強く広げてゆきましょう。

 

海外のグローバリストに直接、反抗するのは難しい。敵は眼に見えず、しかも、あまりのも強大だから。

 

しかし、反抗の手立てはあります。日本の政治家、コメンテーターの中に、グローバリストの手先があるので、彼らを標的にすれば、意思統一がしやすい。

 

日本国内の政治にウォッチングする時、特に警戒すべきは、保守を偽装する者たちの策謀です。

 

似非(えせ)保守・売国保守・自民党補完保守・ビジネス保守・イデオロギー保守などなど……。

 

なぜなら、それらの保守を偽装する者たちの多くは、海外のグローバリストたちの手先となり、日本を売り渡すことも平気で行うのです。その日本国民への裏切り行為を完遂するために、国民を無力化させようとします。

 

なぜ国民を無力化したいか? グローバリズム勢力(支配者層)が国民を支配しやすくしたいからです。

 

そのために、狡猾な手練手管で、国民一人ひとりの覚醒と成長を巧みに阻止しようと行動しているので、注意しなけらばなりません。

 

 

そこで風花未来は「平和」を守ることを大前提とした「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」勢力の拡大による政権交代につながる提言を、バージョンアップして継続ことに決めました。

 

ここで言う「平和」とは、イデオロギーの中で使われてきた欺瞞に満ちた意味ではありません。

 

平和とは単に戦争をしないことだけでなく、自立を前提とした調和という精神的な意味をも持ち、それを風花未来は「まどか」と呼びます。

 

「まどか=自立+調和」を学問化したのが、「まどか学」です。

 

「まどか」を基調低音とする、経済と心の復興を目指す政治運動、そのタイトルは「国民が主役de政権交代」といたします。

 

もちろん、政権交代が最終目的ではありません。その後に、国民主権をかなえる、健全な政治を実現(国民主権の国づくりを)しなければならないのです。

 

日本版の"We are the 99%" 「世論を私たち(庶民)で占拠せよ」民衆による世論形成を!

 

「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力の信条と政策の拡散、その最強の方法は口コミです。

 

「口コミ(くちコミ)」の定義も、意外に大事なので、押さえておいてくださいね。

 

口コミ(くちコミ)とは、物事の評判などに関する噂のこと。大宅壮一の造語の一つ。

マスコミとの対比で生まれた言葉であり、「口頭でのコミュニケーション」の略とみられる。本来は小規模なコミュニケーションであったが、インターネットの発達で影響力が大きくなった(Wikipedia)

 

実は、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を広げるには、カフェや居酒屋の雑談の中で、ごく自然に伝えるのが最も効果的なのです。

 

インターネットでの口コミとリアルな日常空間での口コミは、性質を異にしますが、両方とも重要です。

 

インターネットでの活動は、エコーチェンバーにより拡散を抑制されているので、どうしても、リアルな日常生活での「口コミ」活動を強化せねばなりません。

 

エコーチェンバー(現象)について、正しい認識が必要。

 

ネットで正論が拡散しない理由

 

エコーチェンバー現象とは、自分と似た意見や思想を持った人々の集まる空間(電子掲示板やSNSなど)内でコミュニケーションが繰り返され、自分の意見や思想が肯定されることによって、それらが世の中一般においても正しく、間違いないものであると信じ込んでしまう現象のこと。

 

YouTube、各種SNS、検索エンジンなどは、エコーチェンバー化することで、自分たちに都合の悪い正論を、狭い言語空間に閉じ込め、拡散しないようにしているのです。

 

インターネットで正論を広げようとしている人は、自分の拡散行動を根底から見直してください!

 

以下では、日常生活でのリアルな会話を重視して、お話しいたします。

 

リアルな日常生活での「くちコミ」を、もっと強化せよ!

 

なぜ日常会話が大切なのかと申しますと、街頭で演説したり、チラシを配っても、人気の高い政治家でさえ、多くの人にスルーされてしまうのが、実情だからです。

 

街宣を聴いている人は少ないけれども、あなたが知人に日常生活で話せば、とりあえず、聞いてはくれるでしょう。

 

日常生活で、ごく自然な形で、政治の話ができ、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力の正当性と魅力を伝えられれば、それが理想です。

 

いわゆる、口コミの拡散こそが、民衆による世論形成につながるからなのですが、実は、それ(「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を口コミで自然に広がること)こそが大切なのです。

 

何しろ、日本の政治を根底から変える、という革命的な政策(与党・野党・財務省・マスコミ言説と真逆の政策)を、ずぶの素人が、周囲のずぶの素人を反発されないで説得し、れいわ支持者となるまで教育するのは、困難きわまりないわけです。

 

では、どうすれば良いのか? 何が最も必要なのか?

 

新聞やテレビなどのマスコミは、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力に否定的ですから、マスコミによる世論形成には期待できません。私たち国民・市民・民衆が自分たちで、世論をつくる必要があるわけです。

 

庶民の口コミでの拡散⇒民衆による世論形成

 

民衆レベルでの世論形成をかなえるために、辿り着いた風花未来の結論は、以下の通りです。

 

要するに、「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力を増やすためには、国民一人ひとりが、自分の言葉で正論をリアルな日常生活で語ることがベスト。

 

そこで、風花未来は、自分の言葉で「消費税廃止(積極財政)+反グローバリズム」を訴える勢力信条と政策を語り、その浸透をはかることにしました。

 

繰り返します。テレビや新聞などのマスコミが世論形成をする時代は終わりました。

 

今すぐに求められているのは、一般庶民(民衆)による正しい(1%の支配者層だけではなく99%の庶民の豊かさをも大切にする)世論形成です。

 

その意味で、「国民が主役de政権交代」は、日本版の"We are the 99%" 「世論を私たち(庶民)で占拠せよ」であると言えます。

 

さあ、はじめよう、新しい99%運動を!

 

「国民が主役de政権交代」10個のテーマ

 

以下の内容は、参加いただける方々に、ご自身で考え、回答を導き出していただくために、結論はあえて述べておりませんので、その点はご理解ください。

 

国民の目覚め

 

国民への問題提起(ウェイクアップへの呼びかけ)⇒政治への目覚め⇒意識向上⇒自分で考える⇒自分の意志で行動⇒国民が主役(自立・調和・未来創造)

国民自らが民主的な方法(言論と選挙)で世直しをする。

 

【教育・福祉】

 

新たな主権者教育「自発力(自立力)」を高める。人が人らしく、自分が自分らしく暮らせるために。「まどか愛」。利他愛は自己愛。「愛」の教育。⇒風花未来が提言する「主権者教育」

 

【経済(財政)】

 

タブーである「国債」の真実(特性と仕組み)を、わかりやすく伝える努力をすれば、機能的財政論・積極財政・消費税廃止を支持する人は増える。

 

外交・国防(平和)

 

(対米自立・アジア共栄)国民が納得・安心する国防安全保障 世界平和を訴える。テーマは「平和」。未来志向・創造的な対等・協調・共栄外交を

 

【環境・文化】

 

円環調和を生む「人間との自然の共生と人間復興」。人は自然に保護されている存在。「心」の種まき。「言葉」の田植え。

 

左右分断】

 

保守(右)のリベララル(左)の違い。左右分断の原因解明と分断の解消。

 

天皇制(皇室)

 

日本国民の心の安寧のために。平和と安寧の象徴

 

【歴史認識(歴史観)】

 

自虐史観でも自尊史観でもない、人間史観・愛情史観(運命愛史観)を

 

【国民主体の世論形成】

 

左右の分断の解消方法。世論をマスコミが作る時代は終わった。世論を国民がつくるようになれば、左右の分断解消は可能

 

【政権交代】

 

消費税減税(積極財政)+反グローバリズム勢力」を軸に政権交代を。積極財政派の団結(新党)に国民が味方につき、投票率80%以上になれば実現

 

たいへん長くなりましたが、以上が「ヒューマン・リバース(雨上がりのムーブ)」本編の説明となります。

 

以下では、具体的な活動計画などを、お伝えします。

 

第3部「私たちが行動する」

 

活動予定(参加型プラン)

 

以下の内容は、現時点の予定でありまして、変更になる場合、実行できなくなる場合もございますので、ご了承ください。

 

スタジオHRの設立とオフライン活動

 

オフライン活動の拠点が「スタジオHR」。

 

「スタジオHR」のHRは、Human RebirthのHR、あるいはHuman RoomのHR。「人らしくなれる場所」を意味する。

 

都内にスタジオを設け、そこで、対談・座談会・ワークショップ・セミナー・風花まどか大学のスクーリング講義などのオフライン活動を行う。

 

また、YouTubeの動画撮影も、この「スタジオHR」で実行。

 

※このプランはお金がかかるため、お金を集める工夫が必要であり、実現のハードは高いと言わねばなりませんが、実現に向けて頑張ってまいりますm(__)m

 

X(旧ツイッター)のスペースでのトークセッション(座談会)

 

オンラインの参加型アクション。

 

LINE公式アカウント「風花未来オフィシャル」で風花未来と友だちになってくださっている人だけが、発言権(スピーカーになれる権利)があります。

 

路上ライブ

 

路上ライブふうに、野外にて訴えます。演説ではなく、歌あり、トークありのエンタメ性を重視する点が特徴。

 

風花まどか大学でのリアルな少人数ゼミ

 

風花まどか大学のスクーリング。ネットではなく、リアルな空間での少人数による濃密なゼミナールを行います。

 

風花未来のSNS活動プラン

 

風花未来YouTubeチャンネルでの配信

 

一般公開動画だけでなく、ライブ配信。メンバーズシップ配信も活用。

 

風花未来チャンネル

 

風花未来の公式メルマガでの配信

 

風花未来の公式メルマガ

 

 

「詩心回帰」「まどか」などのテキストを配布。

 

風花未来のストアーズ

 

LINE公式アカウント「風花未来オフィシャル」での配信

 

「風花未来オフィシャル」への参加方法は、風花未来の公式メルマガでご案内。

 

風花未来の活動メニュー

 

【国民運動】

 

ヒューマン・リバース(人間復興)

 

【政治】

 

新たな発想の主権者教育【自立から調和へ】

 

国民が主役de政権交代

 

【基本的な考え方】

 

詩心回帰

 

円和(まどか)

 

【文化】

 

日本の名作詩ベスト100

 

日本の名作映画ベスト50

 

【学び場】

 

風花まどか大学

 

風花未来のメディア

 

【X(旧ツイッター)】

 

風花未来(かざはなみらい)X

 

【YouTube】

 

風花未来チャンネル

 

風花まどか大学

 

【ブログ】

 

美しい詩

 

風花未来ブログ

 

【メルマガ】

 

風花未来の公式メルマガ

 

カテゴリー
タグ

風花まどか大学とは

 

こんにちは、風花未来です。

 

風花未来のプロフィール

 

風花まどか大学」を開校しました。

 

風花塾は2010年から22期(日本最長のネット塾)までやってきましたが、2022年12月7日より開校した「風花まどか大学」は、最も規模の大きなプロジェクトとなることは間違いありません。

 

申し込み方法

 

募集開始のお知らせは、こちらの新メルマガ「風花まどかメルマガ」で!

 

風花まどか大学の基本思想である「まどか学」を基調低音とする、国民運動にはこちらから無料でご参加いただけますm(__)m

 

ヒューマン・リバース(雨上がりのムーブ)運動(HRM)

 

伝えたいのは「あたたかな愛」、作りたいのは「まどかなる未来」

 

経済状況・国防問題など、日本の危機は日ごとに増しているようです。

 

社会を変えれなければいけない。しかし、政治を変えようとして頑張っている多くの人が疲れているという厳しい状況があります。

 

政治を変え、社会を変える、その前は、私たちには一人ひとりが変わるべきなのです。

 

そう、未来を担える「人づくり」が急務。

 

風花未来は政治系のYouTubeチャンネルを運営していますが、「まどか大学」は、硬直化した政治イデオロギーや、党利党略に偏った政治主張をする場ではありません。

 

もっと、温かく、心なごむ学び舎であり、成長できる場です。

 

私自身、自分探し、自己達成、成功法則、引き寄せの法則、人間関係の改善、コミュニケーション術、カウンセリング、コーチング、セラピーなど、数々の自己啓発系セミナー、その他にも、政治系の勉強会や心理学系のセミナーを受けてきましたが、どれも満足することはできませんでした。

 

これらに共通するのは、ビジネス(お金儲け)の邪心が透けて見えること、そして、そこには本物の愛が息づいていないこと……これでは、多くの人を幸福にするどころか、不幸に陥れるだけではないのか、といぶかしんだことは、一度や二度ではありません。

 

ですから、「風花まどか大学」では、儲け主義ではない良心的かつ健全な運営を心がけ、本物の愛情を生徒の方々といっしょに育み、幸福が実感できる、希望ある未来を創造してまいりたいと決心しました。

 

不安をあおったり、刺激的なな釣り情報、作為的な演出などを完全に排除し、深い本質論をリアルな具体例とともに展開することで、ご自分で普遍的な真実を見つけられる能力、創造的な未来プランを作成できる能力を習得していただきます。

 

「まどか」とは?

 

「風花まどか大学」の「まどか」は漢字では「円和」と書き表す、風花未来の造語(オリジナルワード)です。

 

「まどか」は「すべて『まどか』なり」を縮めた言葉です。

 

「まどか」をデジタル大辞泉は「1 まるいさま。「—な月」2 穏やかなさま。円満なさま」と説明しています。

 

しかし、風花未来が提唱する「まどか」は、以下の意味で使用していることを、まずご確認ください。

 

「まどか」は「広くて深い、大いなる和」という意味からGreat Harmonyとも呼び、また「円和」と表記することから「調和する円」、即ちHarmonious Circleとも呼称します。

 

風花未来の造語である「まどか(円和)」は、日本語で定義すると、以下のようになります。

 

大いなる愛に抱かれて覚える、深い安息と未来への希望

 

少し難しく感じられるでしょうか(笑)

 

「まどか」、即ち「すべて『まどか』なり」の状態を英語にすると以下のとおり。

 

Everything is all right. Peace is here.

 

この英語「Everything is all right」は、映画「1/4の奇跡 ~本当のことだから~ 」の中に出てくる言葉です。

 

自分探しと幸福づくり。「まどか」的な価値観とは?

 

「今だけ、金だけ、自分だけ」という言葉を読んだり聞いたりすると、ゾッとしますが、「まどか」なる世界は、その真逆(正反対)です。

 

現在だけでなく、過去からも学び、明るい未来を創造する。

 

お金が一番の拝金主義を否定し、お金では買えない、かけがいのない貴重なものを大切にする。

 

自分だけが得したい、という思いを排除し、自分も他者も社会も、みんなが幸せになることを願って考え、行動する。

 

つまり、「まどか」とは「幸福の総合体」です。自分自身も他のみんなもすべて幸せに調和する、それが「まどか」だとイメージしてください。

 

ですから、「風花まどか大学」では、自分だけが幸福になろうとするのではなく、世界全体(外なる世界も内なる世界も)が幸せに響きあい、まあるく和合する、まさに「まどか(円和)」なる状態を創造してまいりましょう。

 

それが「真の幸福」、即ち「まどかライフ」なのです。

 

「まどか」は現実離れした理想ではなく、実現可能な世界

 

風花未来は現在「まどか」を提唱しています。

 

まあるい円を描くように「まどかなる未来」を描きたいのですが、その時に大事になるのが「つなげること」です。

 

分断され、壊され、バラバラにされたものを、ていねいにつなぎ合わせて、まあるい円を描くように、まろやかな社会と生活をかなえてゆきましょう。

 

「つなげる」ものは、さまざまあります。

 

政治・経済・社会問題・街づくり・自然環境などの「外なる世界」と、文化・芸術・個人生活・心の問題などの「内なる世界」、これらを、つないで、つないで、一つの円として(現在と過去と未来を)語るというのが「まどか」だとご理解ください。

 

「まどか」では、全部つなげて、ぐるっと、まるごと、まあるく一つの円として「未来物語」をご提示します。

 

「まどか」プロジェクトが目指すのは「人の時代」と「希望あふれる未来」の創造です。

 

「まどか」は、政治・経済・社会活動などだけを変えれば実現できるものではありません。人には「心」があるのですから。

 

内なる世界(個人の生活、文化芸術、心の問題)と外なる世界(政治・経済・社会問題・自然環境)が、つながってこそ、人は幸福になれるのではないでしょうか。

 

今回お伝えする「まどか(円和)」は、理想、夢、憧れではなく、実現可能であり、具体的にどうしたら、実現できるかについて、あらゆる角度からリアルにご提示してまいります。

 

そう、「まどか」は学問であり、同時に、実現可能なアクションプラン(行動計画)でもあるのです。

 

伝えたいのは「愛」、育てたいのは「人」。「希望の未来」のために

 

風花未来は政治系のYouTubeチャンネルを運営していますが、「まどか大学」は、硬直化した政治イデオロギーや、党利党略に偏った政治主張をする場するではありません。

 

ビジネス目的(ウケ狙い)の表面的な釣り情報を厳しく排除し、リアルな具体例とともに深い本質論を展開することで、ご自分で普遍的な真実を見つけられる能力、創造的な未来プランを作成できる能力を習得していただきます。

 

風花まどか大学のキャッチフレーズは以下のとおり、

 

伝えたいのは「あたたかな愛」、作りたいのは「まどかな未来」

 

風花まどか大学の目的は、思想や方法論を伝えることではなく、「人づくり」です。

 

「希望の未来」を担う、人材の育成ことが、風花まどか大学のメインテーマであります。

 

幸いなことに、政治に関心を持つ人が増えており、政治家になりたい人に出逢うことも普通になりました。

 

しかし、政治だけでは、社会は(真の意味で)良くならないし、私たちの生活も(真の意味で)向上しません。

 

人が人らしく、自分が自分らしく生きられる「人の時代」と呼ぶべき未来(まどかなる世界)の創造には、政治だけでなくトータルな学習が必要です。

 

「外なる世界(眼に見える世界)」と「内なる世界(眼に見えない世界)」をつなげて、総合的な和合を目指さねばなりません。

 

そうした未来調和をかなえる人材を育成することを「風花まどか大学」は目指します。

 

風花まどか大学

 

「まどか学」は「詩学」「史学」「私学」を融合した「未来創造学」

 

「風花まどか大」で学べること、即ち「まどか学」は、「外なる世界(眼に見える世界)」と「内なる世界(眼に見えない世界)」をつなげて、総合的に和合させ、希望あふれる未来を創造するための画期的な理論と実践の体系。

 

繰り返しますが、「まどか学」は「学問」であり、「アクションプラン(行動計画)」でもあります。

 

その「まどか学」の柱となるのが、以下の3つの「しがく」。

 

それは「詩学」「史学」「私学」です。

 

この3つの全く新たな「学問」を融合し、響き合わせることで、「まどかなる世界」を実現するのが「まどか学」であります。

 

私学

 

自分探し、本当の自分の見つけ方、成りたかった自分になる方法など。

 

自分の根っ子を見つめなおし、自分という井戸を深く掘ることが、より良い今、希望の未来の創造につながるのです。

 

詩学

 

「詩」は創造の源泉。「詩心の7つの特性」を思う存分に活かしてこそ、本物の「豊かさ」を生み出せるのです。風花式の最大のメリットである「視点移動」や「コミュニケーション術」もここで習得していただきます。

 

史学

 

風花まどか大学が誇る、独自の「歴史学(史学)」は、以下の3つの要素で構成されます。

1)基本認識

2)自己探求

3)未来創造

 

本物の歴史学とは、年代や出来事を暗記することではなく、自分自身をさまざまな角度から(視点を動かしつつ)深く探求することで、希望あるれる未来を創造することなのです。

 

 

申し込み方法

 

募集開始のお知らせは、こちらの新メルマガで!

 

学長である、風花未来のプロフィール

 

風花未来の自己紹介とプロフィールはこちらに

 

「風花まどか大学」は、こんな人にオススメ

 

「風花まどか大学」は、これまでともすれば批判の対象になってきた、自分探し、自己達成、成功法則、引き寄せの法則、人間関係の改善、コミュニケーション術、カウンセリング、コーチング、セラピーなど、既存の自己啓発系セミナーとは、全く異なる、新しい「学びと成長の場」です。

 

以下の要素のうち、一つでも該当する人に「風花まどか大学」コースへのご参加を、オススメいたします。

 

独りでは心細いので、仲間と交流活動もできる「学べて成長できる場所」が欲しいと探している人、

 

風花未来から、直接、話を聴いてみたいと感じている人、

 

これまで様々な自己啓発セミナーに参加したことがあるけれど、驚くほど高額であったり、内容がうさん臭かったり、怪しげで悪質なものを感じて、失望してきた人、

 

学生時代、詩を読んだり、文章を書いたりするのが好きだった人、もう一度「言葉」に関することを学びなおしたい人

 

伝える力を向上させ、多くのファンに愛される表現者になりたい人、

 

政治に関わってきたけれど、人間関係などで疲れてしまい、もっと温かくて人間的な「学びと交流の場」と求めている人、

 

社会問題などに関心を抱き、少しでも現実を好転させたいと願っている人、

 

日本を変えたい、今の社会をもっと豊かに転換したいと願っている人、

 

これまでいろんなYouTubeで学んできたけれど、何かが足りないと感じている人、

 

すでに行動しているけれども悩みが尽きない人、

 

コミュニケーションが苦手で、もっと自分の意見を多くの人にわかりやすく、共感されるように話せるようになりたい思っている人、

 

自己表現することで、自分らしさを取り戻し、それを伸ばしたいと感じている人、

 

これまでは時間に追われ、仕事や家事に追われ、本当の自分に帰ることを忘れていたけれど、何とか本当の自分に帰りたいと願っている人、

 

今からでも学び直したいと思っているけれど、何をどのように学んだら良いかわからない人

 

将来はYouTuberやブロガーなど、自己表現で生計を立てたいと思っている人

 

「まどかプロジェクト」~風花未来の主な活動

 

【基本的な考え方】

 

詩心回帰

 

円和(まどか)

 

【文化】

 

日本の名作詩ベスト100

 

日本の名作映画ベスト50

 

【学び場】

 

風花まどか大学

 

【教育】

 

新たな発想の主権者教育【自立から調和へ】

カテゴリー
タグ