風花スタイル」および「風花シリーズ」における「風花」とは「幸運のを呼び込み、自分らしいを咲かせること」を意味します。

 

「風花(かざはな)」の辞書的な意味は以下のとおり。

 

晴天にちらつく小雪片。降雪地から風に吹かれて飛来してくる小雪。

 

私は一方で、「この世で最もかよわいもの、はかないものの象徴」として「風花」という言葉をとらえています。

 

私は「言葉」の復興を切に願っていますが、それは「心の復興」ができなければ、かなわないでしょう。

 

「心の復興」ができなければ、未来の希望もつかめません。

 

私は、「風花」のように、かよわく、はかなく、そして美しいものを大切にする時、未来に光がともると思っています。

(Visited 8 times, 1 visits today)