アクセス解析ツールで絶対に忘れてはならない設定とは?

現在、「はてなブログ」を毎日更新中です。

 

当然のことながら、アクセス解析ツールは毎日見ています。

 

その時に思ったことがあります。

 

ページビュー(PV)数が解析ツールによって異なる理由

 

なぜ、これほどまでに、アクセス数は解析ツールによって異なるのか?

 

ちなみに「はてなブログ」に標準装備されているアクセス解析ツールの数字が一番厳しいです。

 

どのアクセス解析ツールよりも、ページビュー(PV)数が小さく出ています。

 

それは、どうしてでしょうか?

 

はてなブログでは交流が盛んなため、自分のブログを自分で開く回数が半端ないのです。

 

そのため、特定のIPにアクセス制限をかけているのでしょうね。

 

言い方を変えますと、ログ運営者が自分のブログを開いた回数はPV数として計算しないということ。

 

その方がブロガーは、ページビュー数を正確に把握できるのでありがたいのです。

 

それを、はてなブログは標準のサービスとして行ってくれています。

 

他のブログですと、ブログについている解析ツールだと、異様なまでにPV数が多かったりしますからね。

 

では、リサーチアルチザンやグーグルアナリティクスのアクセス数はどうでしょうか?

 

自分が自分のブログを開いた回数をアクセスデータから除外する方法

 

はてなブログのアクセス解析ツールは、標準サービスとして管理人の閲覧回数はPV数から除外してくれています。

 

しかし、リサーチアルチザンプロやグーグルアナリティクスなどのアクセス解析ツールでは、自分がブログを閲覧したデータを除外する設定を、自分でしなければなりません。

 

以下、その方法をお伝えしましょう。

 

リサーチアルチザンプロで自分のアクセスデータを除外する方法

 

新しい管理画面でご説明いたします。

 

 

「設定」の「基本」をクリック。上の画面が出たら「管理者をカウントしない」をオンにしてください。

 

そして、最後に一番下の「設定」ボタンを必ずクリックしてください。

 

 

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

 

以下のページで解説していますので、ご参照ください。

 

IPアドレスを指定して除外する」方が簡単です。

 

⇒Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法