カテゴリー:ワードプレスの記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:ワードプレス

ワードプレスを始める方法

風花塾では13期からブログサービスは、ワードプレスのみを使うことに決定しました。サービスログイン型ブログ、通称、無料ブログは使用しませんので、ご確認ください。

 

ここで1つの問題が浮き上がります。

 

ワードプレスを風花塾に入ってから始めるのでは、ワードプレスの基本学習に時間を割くのは、風花塾ではもっと重要でなこと習得していただきたいので、ワードプレスに時間をとられるのはもったいないのですね。

 

ですから、ワードプレスに興味のある人は、今から(風花塾に入る前から)、ご自分で始めてください。

 

ワードプレスに関する(サーバー・ドメインを含む)解説が詳しい、オススメ教材はこちら

 

●サーバー契約とドメインの取得と設置

 

ワードプレスを始めるためには、サーバーと契約し、ドメインを取得して、それをサーバーに設置する必要があります。

 

私は、エックスサーバーを利用しています。

 

安いサーバーでは、アクセスが激増するとアクセス不可になったりして、人気ブログは運営できません。将来のことを考えて、容量、スピード、安定性を兼ね備えた、エックスサーバーにすべきです。

 

サーバーの引っ越しは、怖ろしく大変だと聞きますからね。

 

エックスサーバーで申し込むプランは「X10(スタンダード)」にしてください。グレードアップも簡単(引っ越しの手間はありません)ですので、まずは最も安価なプランから始めましょう。

 

同社にワードプレスに特化したサービス「wpX」があります。「wpXレンタルサーバー」と「wpXクラウド」。しかし、「wpX」はサーバー機能として不充分なのでオススメできません。まだ、サーバーを借りていない人は「X10(スタンダード)」から始めてください。

 

サーバーの申し込み方法とドメインの取得方法はこちらをご覧ください⇒初心者でも迷わない!エックスサーバーでWordPressブログを開始するまでの完全ガイド

 

●テーマは何を使うか?

 

ワードプレスではテーマ(テンプレート)を何にするか、それが非常に重要となります。

 

ブログテンプレートのことをワードプレスでは、テーマと呼ぶのです。

 

ワードプレスのテーマは、無料版も良いのですが、結局は有料版を使うことになるので、最初から有料版で始めた方が効率が良いと私は信じています。

 

時間が有り余るほどある人は、無料版でいろいろ遊んでみるのも良いでしょう。しかし、ほとんどの人は、そんな余裕はないはずです。

 

そこで有料版のテーマを、ご紹介します。

 

ブログアフィリエイトでは、現在、こちらが最も使いやすいワードプレステーマはカエテンWPです。

 

風花塾でも、現在、このカエテンWPを推奨しています。

 

●プラグインの導入と初期設定

 

必要なプラグインは、有料版のテンプレートの解説に掲載されていますので、ご安心ください。

 

コツは、プラグインはたくさん入れずに、最低限にとどめることです。

 

私が使っているプラグインは、こちらでご紹介しています。

 

●初心者向けワードプレス開始方法

 

おさらいしますね。

 

1)エックスサーバーと契約し、エックスサーバーでドメインを取得・設置する。

 

2)エックスサーバーにワードプレスを自動インストール。

 

3)有料テンプレートを購入して、ワードプレスに導入。

 

4)必要なプラグインを導入し、初期設定をする。

 

5)パーマリンクを設定してから、記事を投稿し始める。パーマリンクの設定方法はこちらをご覧ください。

 

●ワードプレスを賢く使う方法

 

ワードプレスを使うにはコツがあります。私の経験から、ワードプレスの合理的な活用法をご紹介していますので、こちらもお読みくださいね。

 

ワードプレスを賢く使う方法とは?

 

いかがでしょうか? 何も怖がることはありませんよ。

 

ここでも上達のツボは生きています。「まずは自分でやってみて、感覚的に学び取る

それでは、ワードプレスを始めてみましょう。

カエテンWPはワードプレステンプレートの決定版。

ブロガーが使いやすい、アフィリエイトする時に便利なワードプレステーマワードプレステンプレート

 

それが「カエテンWP」です。

 

正式名称は「カエテンWP-JOY|多彩なカスタマイズが簡単にできるWordPressテーマ」。

 

結論から申しますと、これまで出たWPテンプレートの中で、もっともブロガー(アフィリエイター)が使いやすいテンプレートです。

 

これはワードプレステンプレートの決定版と言って間違いありません。

 

ブログアフィリエイターのために、隅の隅まで配慮されているので、風花塾でも、この「カエテンWP」を推奨しています。

 

 

風花塾がカエテンWPを推奨する5つの理由

 

1)収益が伸びる(アドセンスに最適)

 

アドセンスで本気で稼ぎたい人は、カエテンWPしか考えられません。他のテンプレートを使えば、確実に収益は減ります。逆に、他のテンプレートを使っている人がカエテンWPに変えれば、収益は間違いなくアップすることでしょう。

 

トップページのクリック率の高い場所にアドセンスを表示できる、ワードプレスのテンプレートがない中、このカエテンWPは思わず納得する場所にアドセンスを貼ることができるのです。

 

2)本物の信頼性

 

ネット上ではアフィリエイト報酬欲しさにほとんど使い物にならない(とんでもない)テンプレートを推奨しているアフィリエイターが多いのです。

 

ネット上には、名前は知れ渡っているのに、中身がともないわないものが、いかに多いことか。

 

売ることに必死なだけで、使うブロガーへの配慮が欠けている、ワードプレステンプレートが多すぎる。

 

そして、それらの真逆に位置するのが、このカエテンWP。

 

隅々まで使い勝手の良さが息づく、本物中の本物がカエテンWPです

 

ネット上に出回っているテンプレートをほとんどすべて試してきた風花が断言するのですから間違いありません。

 

モノづくりの魂が生み出したと感じられる、真実の信頼性を実感ください。

 

3)ブロガーが歓ぶ機能が満載

 

ブロガーが「あったらいいな」と感じる機能が満載されています。ここまでブロガー視点で、ブロガーの使いやすさに配慮したワードプレステンプレートは、他にはありません。

 

初心者ではとてもカスタマイズできないテンプレートを平気で売っている輩が多い中、カエテンWPは初心者でも簡単にカスタマイズできるようにっていますので、ご安心ください。

 

4)作者自身の誠意あるサポート

 

質問してみればわかるのですが、その対応の速さと正確さに驚かされます。

 

そして、自分の作品には、とことん最後まで責任を持つという、誠実な姿勢が感じられ、このテンプレートを買って良かったと実感できるのです。

 

ここまで一つのテンプレートに情熱を注いでいる人を、他には知りません。作者は自分のライフワークとしてカエテンWPを開発・運営していることが手に取るように伝わって来るのです。

 

5)ひんぱんなアップデート

 

常に最良の状態にするために、カエテンWPはひんぱんに更新されます。

 

また、ふつうのテンプレートですと、アップデートの度にアクセス解析などのタグを張り替えたリとか、手間がかかるのですが、カエテンWPではタグの張り替え作業がいらないので、快適で安心。

 

【風花未来の特典付リンク】カエテンWP-JOY

 

リンク先のページの購入ボタンをクリックしていただいて、上記の特典「風花未来のカエテンWP特典」が表示されたことをご確認の上、決済画面にお進みください。

 

※風花からの特典が表示されない時は、必ずクッキーを有効にしてください⇒その方法はこちらに

 

ご購入後、インフォトップさんのマイページにログイン。一番下に「特典一覧」がありますので、そこから「風花未来のカエテンWP特典」をダウンロードしてください。

 

このブログ「風花スタイル公式ブログ」も、カエテンWPを導入しています。

 

ぜひ使ってほしいテンプレートだと感じたので、超久しぶりに風花未来から豪華特典をお付けして、オススメすることにしました。

 

風花未来のカエテンWP3大特典

 

風花未来からスペシャル過ぎるレポート(PDF)4本をプレゼント。

 

1)激烈にアクセスを呼び込む、優れた「お役立ち記事」を書く方法(21ページ)

風花塾10期で初公開した新作レポート。
検索エンジンに強い、読者に支持される記事の書き方を徹底的に伝授しました。

 

2)ブログで大ブレイクするための24の心得(16ページ)

「心得」というタイトルですが、超具体的な方法のエッセンス(奥儀集)を公開。
プロのブロガー、つまり、ブログだけで生計を立てたいと思っている方は、このレポートで推奨している24の心得を実践してください。

 

3)グーグルアドセンス入門講座(34ページ)

カエテンWPを使ってクリック率の高い場所にアドセンスを表示させる方法を解説。また、アドセンスに関する基礎知識と規約違反を犯さずに賢く付き合う方法などをまとめました。

 

以下のリンクをクリックしてください。

【風花未来の特典付リンク】カエテンWP-JOY

 

リンク先のページの購入ボタンをクリックしていただいて、上記の特典「風花未来のカエテンWP特典」が表示されたことをご確認の上、決済画面にお進みください。

 

※風花からの特典が表示されない時は、必ずクッキーを有効にしてください⇒その方法はこちらに

 

ご購入後、インフォトップさんのマイページにログイン。一番下に「特典一覧」がありますので、そこから「風花未来のカエテンWP特典」をダウンロードしてください。

 

無料ブログのテンプレートはこちらがオススメ⇒カエテンジョイ レスポンシブ対応無料ブログSEOテンプレート

 

Whois情報公開代行サービスとは?

Whois情報とは、ドメインをどなたが所有しているか確認することができる情報のこと。

 

WHOIS検索ツールなどのドメイン調査ツールで、Whois情報は調べられます。

 

Whois情報公開代行は、プライバシー保護などの観点から、ドメイン調査ツールなどで表示される自分の情報を非公開としたい場合に利用するサービスのことです。

 

Whois情報公開代行サービス」が適応されると、自分の契約情報とは別のサービス担当会社が用意した情報がWhois情報上に表示されます。

 

簡単に自分の個人情報を調べられてしまわないためには、この「Whois情報公開代行サービス」があるわけです。

 

「Whois情報公開代行サービス」は独自ドメインを取得する時に、どうしても必要なサービスですので、必ず利用してください。

 

「Whois情報公開代行サービス」を、私はお名前.comエックスサーバーで利用しています。

 

両社とも基本は無料ですが、お名前.comの場合は、申し込む必要がありますので、忘れないでください。

 

 

一方、エックスサーバーでは、別途申し込む必要はありません。ドメインを申し込むと標準サービスとして「Whois情報公開代行サービス」です。

 

しかし、「Whois情報公開代行サービス」が適応されないドメインの種類がありますので、確認してください。

アドセンスで収益を伸ばしたい人にカエテンWPをオススメする理由

風花はこれまで、いくつかのワードプレステンプレート(テーマ)をご紹介してきました。人ぞれぞれ、価値観や好みが異なるからです。

 

しかし、ここに来て、ワードプレスでアドセンス収益を伸ばした人には、カエテンWPだけをオススメすることの決めました。

 

その理由は、ブログのトップページのクリック率の高い場所にアドセンスを貼りやすいのは、カエテンWPだけになったからです。

 

というのは、どのテンプレートでも、クリックされやすい場所にアドセンスを表示させられる、グーグルが開発運営しているプラグイン「公式 WordPress 用 AdSense プラグイン」、通称「AdSense」が使えなくなるからです。

 

グーグルによれば、2017年5月にサポートを終了するとのこと。

 

例えば、カッコいいデザインで定評のあるTCDでは、このプラグインがないと、アドセンスをトップページのクリック率が高い場所に貼るのは容易ではありません。

 

Webデザイナーなら別ですが、通常のアフィリエイターではお手上げではないでしょうか。

 

アドセンスで収益を伸ばしたい人が多い中、トップページの良い場所にアドセンスを簡単に貼れるように配慮したテンプレートが皆無に近いのは、いかがなものでしょうか。

 

そうした状況の中で、トップページの実においしい場所(クリック率の高い位置)にアドセンスが簡単に貼れるようになっている、それがカエテンWPに他なりません。

 

私がエンタメブ系ログで大いに稼いでいた頃、このカエテンWPでトップページに速攻で貼れる場所は、あまりにもクリック率が高すぎて、グーグルに嫌がられたくらいでした。

 

エンタメ系ブログを運営している人は、この場所に貼ってはいけません。なぜなら、読者がクリックしまくってしまうから。アドセンス側が、クリックばかり多くて、商品が売れにくいサイトを嫌う傾向が強いので、ご注意ください。

 

しかし、お役立ち系ブログの人は、だいじょうぶですよ。なぜなら、アドセンス広告をクリックした人が、実際に商品を買ったり、サービスに申し込み人が、エンタメ系ブログよりも、お役立ち系ブログの読者の方が圧倒的に申込率が高いからです。

 

以上の理由から、ワードプレスを使い、アドセンス収益を伸ばしたいと思っている人は、迷うことなく、カエテンWPをお求めください。

 

カエテンWP

カエテンWPでトップページのクリック率の高い場所にアドセンスを表示させる方法

ワードプレスの場合、テーマ(テンプレート)によってトップページにアドセンスを効果的に表示させるのが難しい場合があります。

 

しかし、カエテンWPはたいへん簡単にクリック率の高い場所に広告を表示させられます。

 

ウィジェットの「FS記事内下部(トップのみ)」に「テキスト」を設け、その中にアドセンスのレスポンシブ広告を貼るだけです。

 

 

以下のように、レスポンシブ広告用のソースを、赤い枠で囲んだ場所に貼りつけて、次に「保存」ボタンをクリックすればオーケーです。

 

 

もちろん、スマホとPCの両方で、表示を確認してください。スマホではレクタングルがきれいに(はみださないで)出ているはずです。

 

ただし、この方法でクリック率を上げるためには、トップページには「記事一覧」を表示させないことです。

 

ダッシュボードの外観からカスタマイズをクリック。すると、以下の画面が出ますので「トップページで記事一覧を非表示」にチェックマークを入れてください。

 

 

ヘッダーやサイドバー上部に貼る方法もありますが、広告が目立つ割にはクリック率は高くありません。1日のPVが5000を超えたら検討してみてください。

 

ワードプレスに関するアドバイス記事をまとめました。

カエテンWPで記事内の下部にアドセンスのレクタングルを正しく表示させる方法

カエテンWPで記事内部の下部にレクタングルを表示させるのには意味があるのです。

 

レスポンシブ広告を貼りますと、PCでは横長の広告が表示されます。実は、レクタングルの方がクリック率が高いので、ぜひとも、レクタングルを貼りたいところです。

 

PCの場合、300×200(中)よりも、336×280(大)の方がクリック率が高いとされています。

 

しかし、カエテンWPでは、例えば、記事下部に300×250のレクタングルを貼りますと、スマホで見た時に、横にはみ出してしまうことがあります。

 

広告のはみ出しは、グーグルの規約に違反しますので、これは避けなければなりません。

それを避ける方法がありますので、シャアいたします。

 

ウィジェット「FS記事内下部(個別記事のみ)」に「テキスト」を追加してください。

 

 

次に「テキスト」を開いてください。以下のようなスタイルでアドセンス用ソースを貼ります。

要するに同じテキスト欄に、PC・タブレット用の広告ソースとスマホ用の広告ソースの両方を入れるのです。

 

◆PCとスマホで違う広告を表示する

 

分岐点「 PC・タブレット/スマホ 」で 違う広告を表示する 方法です。

 

■この記述が利用できる箇所

 

記事本文
ウィジェットのテキスト

 

■記述するソース

 

【分岐点】PC・タブレット/スマホ

 

PC・タブレットで表示する広告⇒  広告ソース 

 

スマホで表示する広告⇒ 

 

実際には以下のようなソースをテキストの空欄に貼ります。

 

 

続けて同じ欄の下に以下のソースを貼ります。

 

 

ポイントとしては、PCの方にはレクタングルの大を、スマホの方にはレスポンシブ広告を入れること。

 

そうしますと(ほとんどの場合)スマホではレクタングルが表示されます(スマホを縦位置で見た場合)。もちろん、横にはみ出ることはありません。

 

パソコンで記事下にレクタングル(大)が、スマホでレクタングルが表示されていること(スマホを縦位置で見た場合)をご確認ください。

 

以上は個別記事の記事内下部にレクタングルを表示させる方法でした。

 

カエテンの場合、記事本文、ウィジェットのテキストにおいて、すべてこの方法が使えますので、ぜひ実践してみてください。

 

カエテンWP-JOYはワードプレステンプレートの決定版になる?

ワードプレスに必要なプラグイン

ワードプレスには無数のプラグインがありますが、安定して快適にワードプレスを活用するには、プラグインの数は極力減らすことが必要です。

 

レスポンシブデザイン対応のテーマ(テンプレート)を使用していることを前提として、プラグインを厳選しました。

 

Broken Link Checker

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知します。

無効なリンクが記事上にあると検索エンジンからの評価を下げてしまいかねませんので、このプラグインを利用して、リンク切れに対応してください。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet は、WordPress 公式プラグインで、最初から入っています。コメントスパムを不正でくれるプラグイン。

 

WP Multibyte Patch

WordPressをインストールすると初めから入っているプラグイン。WordPressを日本語環境で正しく動作させてくれますので「有効化」してください。

 

Category Order

カテゴリの表示の順番を変更できるプラグイン。これはどうしても使いますよね。

 

BackWPup

高機能なバックアップ用プラグイン。設定はけっこう面倒です。こちらをご覧ください⇒BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

 

Contact Form 7

Contact Form 7 は、WordPress に簡単に問い合わせフォームを設置するプラグイン。サイト上にメールアドレスを公開せずに問い合わせフォームを設置可能に。

 

WordPress Popular Posts

自分のブログの人気記事をサイドバーなどに表示できるので、ページビューを増やすことができます。

 

Google XML Sitemaps

検索エンジン用のXML形式のサイトマップを作成したり、記事投稿時に自動的にサイトマップを更新してくれます。

 

PS Auto Sitemap

ブログ内に「サイトマップ」を表示できるプラグイン。Google XML Sitemapsが検索エンジン用のサイトマップであるのに対し、PS Auto Sitemapは読者がサイトの記事を探しやすくするサイトマップを作ってくれるのです。

※カエテンWPでは必要ありません。

 

WP Social Bookmarking Light

ソーシャルメディアのボタンを表示させるプラグイン。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

Bottom of every post

記事内の最下部にアドセンスを表示させるのに便利なプラグイン。高いクリック率が期待できます。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

Master Post Advert

記事中にアドセンスを表示させたい時に便利なプラグイン。多機能ではありませんが、モアタグを入れたところにアドセンスを表示させられるという、シンプルさが魅力。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

 

以上のプラグインの設定方法は、グーグルで検索すると出てきますので、該当ページをご覧ください。

 

また、表示スピードを上げるためのキャッシュ系のプラグインは、初期の頃は必要ないので、あげませんでした。

 

ただ、私の経験から、最も有名なWP Super Cacheは使わない方が良いと思います。

 

使わなくなって、削除する時に大変(手作業が必要)なのと、画面が真っ白いになることがあるからです。

 

カエテンテンプレートをお使いの方は、メンバーズページでも必要なプラグインが紹介されていますので、ご参照ください。

 

プラグインの数は最低限にとどめること、使わないプラグインは停止ではなく削除することがポイントです。こちらのページも参考にしてください。

ワードプレスでオススメのテーマ(テンプレート)は?

さっそく、風花が実際に使っていて、かなり良いと感じているレスポンシブデザイン対応のワードプレステンプレートを、、ご紹介しましょう。

 

「見せるためのテンプレート」と「読ませるためのテンプレート」、「見せると読ませるの中間をゆくテンプレート」。すべてレスポンシブデザインに対応しています。

 

■「見せる」と「読ませる」の中間をゆくテンプレート

 

アイキャッチ画像を入れる必要はありますが、画像への依存度が低いので、アップする写真の質にこだわらず、記事作成に専念できるのが、このテンプレートです。

 

カエテンWP

 

一押しは、このテーマ。現役のアフィリエイターだからこそ開発できた、ブログアフィリエイター、更新型ブロガーが泣いて歓ぶ、最も新しく、使いやすいテンプレートです。

 

当ブログ「風花スタイル公式ブログ」も、カエテンWPを使っています。

 

詳しいレビューは、こちらをご覧ください。

カエテンWP2

 

■読ませるテンプレート

 

Chill (tcd016)

 

このWordPressテーマ「Chill (tcd016)」は、アイキャッチ画像を表示させなくても、オシャレなデザインが崩れない珍しいテンプレートなのです。

 

WordPressテーマ「Chill (tcd016)」
WordPressテーマ「Chill (tcd016)」

 

上の紹介サイトから、デモサイトがも見られますよ。

 

写真が目立つかと思いますが、実は、 このテンプレートは、アイキャッチャー画像を入れなくても、美しいデザインが保たれるように工夫されている点が凄いのですね。

 

見栄えの良い写真を毎回用意することが億劫な人、またブログのテーマそのものが画像をほとんど必要としない場合には、このテンプレートは非常に役立ちます。

 

Chill (tcd016)」を、風花が実際に使っているブログはこちらです。

 

上のブログにはアイキャッチャーは1つも入れていませんよ。それでも美しい、実に貴重なテンプレートなのです。

 

MAG(TCD036)

 

もう一つ、アイキャッチ画像を入れなくても、ビシッと決まるテーマがあります。それがWordPressテーマ「MAG(TCD036)」です。

 

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

 

風花塾の公式サイトにこのテーマを採用しました。
 

■見せるテンプレート

 

AN (tcd014)

 

一方、美しい写真をアピールすることに向いているテンプレートが、こちらのWordPressテーマ「AN (tcd014)」です。

 

WordPressテーマ「AN (tcd014)」
WordPressテーマ「AN (tcd014)」

 

繊細な味わいのデザインが快感ですね。写真が本当に浮き立つテンプレート。

私の場合、スマホで撮っただけの料理写真を載せているのですが、けっこう絵になりますよ。

 

無料ブログ用のテンプレートはこちらがオススメ⇒カエテンジョイ レスポンシブ対応無料ブログSEOテンプレート

ワードプレスで最もSEOに有利なパーマリンク設定の方法とは

ワードプレスを運営する場合、パーマリンク設定が重要です。今回は「パーマリンクとは何か?」という話は省略し、最もSEO的に強くて(有利で)運営しやすい「パーマリンク」とその設定方法をお伝えします。

 

ダッシュボードから設定→パーマリンク設定の順でカーソルを動かして「パーマリンク設定」をクリック。すると以下の画面が出ます。

 

permalink

 

「投稿名」をクリックした後に「カスタム構造」にチェックを入れればオーケーです。

 

「投稿名」をクリックすると、自然に赤い枠で囲んだ部分に表示されます。

 

最後に下方にある「変更を保存」ボタンをクリックして完了。

 

パーマリンクを投稿名だけにするメリット

1)キーワードを英数文字で入れられるので、SEO上、有利になります。記事投稿時に「スラッグ」を入力する手間はありますが、英字キーワードを指定できるメリットがあるのです。

2)URLが短く、スマート。

3)カテゴリ名が入らないので、カテゴリを変更してもURLが変わりません。

 

記事投稿時に管理画面で投稿名を英数文字で入力する手間はありますが、英字キーワードを指定できるメリットがあるのです。

 

まだ1日のPVが1000以下でしたら、今からパーマリンクを変更しても問題ありませんので、変更してみてください。

 

風花はいろんなパーマリンクのスタイルでブログを運営してきましたが、「投稿名」でパーマリンクを指定したブログが最も検索エンジンに強くなっています。

 

また、私の場合はカテゴリをひんぱんに変更するので、その時にURLが変わってしまうので「投稿名」の指定が重宝しています。

 

パーマリンクの設定については、指南書や教材ごとに推奨スタイルが違っています。運営者の好みが反映されるからです。

 

数学のように答えは一つではありませんが、検索エンジンで上位表示を目指すのならば、英字キーワードを入れられるパーマリンクを選びましょう。

 

「投稿名」と「カテゴリ」は日本語のままにせず、必ず英数半角文字に

 

パーマリンクや「カテゴリ」を日本語にしてしまうと、アドレスが長くなる、シェアし(され)にくい、被リンクをもらいにくい、などのデメリットがありますので、面倒がらずに英数半角文字に換えましょう。