Whois情報とは、ドメインをどなたが所有しているか確認することができる情報のこと。

 

WHOIS検索ツールなどのドメイン調査ツールで、Whois情報は調べられます。

 

Whois情報公開代行は、プライバシー保護などの観点から、ドメイン調査ツールなどで表示される自分の情報を非公開としたい場合に利用するサービスのことです。

 

Whois情報公開代行サービス」が適応されると、自分の契約情報とは別のサービス担当会社が用意した情報がWhois情報上に表示されます。

 

簡単に自分の個人情報を調べられてしまわないためには、この「Whois情報公開代行サービス」があるわけです。

 

「Whois情報公開代行サービス」は独自ドメインを取得する時に、どうしても必要なサービスですので、必ず利用してください。

 

「Whois情報公開代行サービス」を、私はお名前.comエックスサーバーで利用しています。

 

両社とも基本は無料ですが、お名前.comの場合は、申し込む必要がありますので、忘れないでください。

 

 

一方、エックスサーバーでは、別途申し込む必要はありません。ドメインを申し込むと標準サービスとして「Whois情報公開代行サービス」です。

 

しかし、「Whois情報公開代行サービス」が適応されないドメインの種類がありますので、確認してください。

カテゴリー
タグ