カテゴリー:風花スタイルの記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:風花スタイル

2017年の抱負

新年あけましておめでとうございます。風花未来です。今年も、どうぞ、よろしくお願いします。

今年最初の記事投稿ということで、本年の抱負をお伝えしますね。

1)成功確率のアップ

風花シリーズの提供者としては、実践者さんの「成功確率のアップ」のために、大粒の汗を流し続ける覚悟です。

現在、2つのプロジェクトを開催中ですが、その目的は、もちろん実践者さんの成功確率をアップすることに他なりません。

2)2017年のキャッチフレーズ

少し長いのですが、以下が来年のキャッチコピーに決定しました。

なりたかった自分になるために、本当の自分が歓ぶことをしよう

今年も、この言葉は語っているのですが、来年は特に強く前に押し出したいと思って決めた次第です。

来年の風花の活動の軸となるメッセージになる、いえ、軸にしなければならないと思っています。

3)綺麗ごとに徹する。

わたし、風花未来に対し、また、風花シリーズに対し、「そんな綺麗ごとで、本当に稼げるんですか?」と疑問を投げかける人がいます。

2008年のデビュー当時は、業界から、その視点から、叩かれましたよ。

「読者が満足する良質なコンテンツを育てましょう」と、風花が主張すると、「綺麗ごとばかり、言ってるんじゃない」と罵倒されたものです。

しかし、およそ8年が経過した現在、「読者が満足する良質なコンテンツを育てましょう」というメッセージは、グーグル検索エンジンの方向性と、完全に合致しています。

8年たって、ようやく、風花の主張にグーグルが追い付いてきた、そんな気がすると、本気で感じているのです。

何しろ、8年前といえば、サイト量産型アフィリエイトと、情報商材アフィリエイトの全盛期でしたからね。

風花式は、異端児だったのです。

そこで、表向きのスローガンとかではなく、自分自身に向けての意志表明というか、覚悟を決める意味で、以下の言葉を、声明したいと思いました。

綺麗ごとに徹する

綺麗ごとは、やり貫いてこそ価値があるのです。

実は、綺麗ごとほご、難しいことはありません。そして、それをやり切るには、時に命がけの覚悟が要るのだと思います。綺麗ごとを、押し通すのには、膨大なエネルギーが必要ですし、ボロボロに傷つくこともあるのです。

それでも、綺麗ごとにこだわり、それを全うすることが、私らしいと、最近気づきました。

綺麗ごとは、決してキレイなことではなく、むしろ、生臭く、アザだらけで、不細工な面を持っています。

決して、カッコいいものではありませんが、それでも、スピリットだけは高潔でありたい、そういう祈りに似た姿勢を「綺麗ごと」と風花は呼びたいのです。

これから私が進む道がどのように巡り、どう回って、どこに行きつくのかはわかりませんが、道が続くかぎり、精一杯、歩み続けたいと覚悟を決めています。

風花未来は「自分の役割をまっとうする」と決心しました。

現在、「風花初芽」のアップデート作業を行っています。

第2章のブログ開設の図解で、かなり手こずりました。キャプチャーを撮り直し、テキストを修正してゆく作業が、かなり単調なせいか、神経の芯まで疲労してしまいました。

ふと「これが自分のやるべき仕事だろうか?」という疑問が首をもたげてきたのです。

人生は短い。

私はもともと病弱であり、それほど長生きはできないという予感があります。

もうブログ開設の図解、その更新作業、それに類した仕事は、社員をやとっている、組織で運営している会社に任せるべきだと思いました。

基礎が学べ、スキルが身に付く教材は、私自身が作るのではなく、他者のものでも良いものがあれば、どんどん紹介してゆく、その方向に転換する時が来ているのですね。

⇒その試みが「良い汗プロジェクト」です。

風花未来が本当に伝えたいことは、他にあるのは明白。

基礎技術の習得を大切であることは間違いありません。でも、そういうことに役立つ教材を作成することに、膨大な時間を費やするほど、私の人生は長くない、そう痛切に感じるのです。

では、風花未来の原点となる仕事は何か?

2011年の大震災後に書いた「風花言響」。ここに私の表現の原点がある気がします。

また「翼をください」では、初めて「光の道(光道)」について語り、私のマインドセットの核が完成したので、この教材で語ったノウハウも大切にしてゆきたいと思っているのです。

とにかく、これからは、風花未来がやるべきこと、風花未来がやらなくて誰がやるのか、そういう自分の使命(役割)を全うすべく、精進してゆきたいと心に決めました。

私の敬愛する人、デットマール・クラマーさんの言葉が想い浮かびます。

おのれの役割をまっとうした人間ほど、美しいものはない。

具体的な今後の活動については、機会を改めてお伝えしますね。

風花式ブログの種類

風花スタイルでは、2016年より、以下の4つのスタイルをお伝えしてゆきまきます。

DS ダイアリー・スタイルブログ(Diary Style Blog) 日記スタイル 自分らしい自由な表現から自分ブランドの確立まで

BC ベースキャンプ・ブログ(Base Camp Blog) 多目的に活用するユーティリティ・スタイル

UR ユースフル・レビュー・ブログ(useful review Blog) 風花初芽

MA メニー・アクセス・ブログ(many access Blog)風花燕舞

ダイアリー・スタイルブログとベースキャンプブログに関する教材は「風花優遊(かざはなゆうゆ)」ですが、このマニュアルは「白い砂プロジェクト」のみで公開。

風花スタイル(風花流儀)、風花シリーズ(風花回廊)についてのご説明

ようやく、ここにきて、私自身が今後やろうとしていることがハッキリしてきました。

それは「風花スタイル」を完成させることです。

 

「風花」とは「幸運の風を呼び込み、自分らしい花を咲かせること」を意味します。

 

「風花スタイル」についてお伝えするメルマガが「風花流儀」です。

 

「風花スタイル」の詳細はこちらに⇒風花スタイル

 

風花スタイルを実践する方法を伝授する教材を「風花シリーズ」または「風花回廊」と呼びます。⇒風花シリーズ

 

●3つのボリュームからなる、総合的な考え方&行動指針を「風花スタイル」と呼びます。

 

以下で、3つのボリュームについて、ご説明しましょう。

 

風花スタイル~心と体がよろこぶ、言葉ワーク。

 

1)心を整える(風花マインド)

2)豊かな表現力を養う(風花ライティング)

3)プラスの影響力で収益を得る(風花ワーク)

 

1~3に共通する大切な道具、それが「言葉」です。

 

そのため「風花スタイル」のキャッチフレーズは「心と体がよろこぶ、言葉ワークとしました。

 

※言葉と文章については、こちらのブログをご覧ください。

 

多くの人は、いきなり、お金を稼ごうとするので、逆に、お金を逃がしてしまうのです。

 

マインドセットと豊かな表現力は、自分を輝かせながら、揺るがぬ経済力を身につける上で、どうしても欠かせません。

 

風花スタイルを伝える教材を総称して「風花回廊(かいろう)」あるいは「風花シリーズ」と呼ぶのですが、風花シリーズ(風花回廊)はこちらからご購入いただけるようになりました。

 

上記サイトからですと、クレジットカード決済とコンビニ決済に対応しいます。現在は銀行振込みには対応できませんので、悪しからずご了承ください。

 

※「風花回廊」は、あと少しで完成する予定です。風花回廊のご説明はこちら

 

風花流儀(風花スタイル)と風花シリーズ(風花回廊)については、こちらの無料メルマガでお伝えしてまいりますので、ぜひ、ご登録ください。

格差社会を、しなやかに生き抜く方法とは?

●一つの流れを切りひらくこと

今年の私の活動の軸は風花スタイルに興味を抱いてくださる方々に「一つの確かな流れ」を体感していただくことにあります。

「一つの確かな流れとは」、まずは「心を整えること」。

先日、10年ぶりに日本出身力士として優勝を果たした琴奨菊

優勝の秘密は「マインド」にあったそうです。

気持ち一つでガラッと変わるのは、スポーツの世界だけではありません。

インターネットビジネスも、まずは「心を整えること」から始めてほしいと、風花は真剣に考えております。

そのために私が始めたのが「翼をくださいプロジェクト」です。

翼をください

そして、心が整ったら、つまり、マインドセットができたら、今度は、その心の在り方を「豊かに表現すること」につなげてほしいのです。

●格差社会を、力強く生きる方法

安倍政権が続く中、国民の格差が広がっていますね。

貧富の差が激しい社会を力強く、しなやかに、そして、楽しく生きてゆく方法について、あなたは、深く考えたことがありますか?

企業の歯車として生きるより、個人で生計を立てた方が良いと私は思っています。

個として強くなることしか、格差社会に生き残る方法はないとさえ私は言いたいくらいです。

組織の中でのし上がろうと思っても、組織の寿命自体が短くなりすぎています。ですから、何も考えずに組織に属そうとしないで、まず初めに「自分という個を強化すること」が大事なのですね。

●自分を豊かに表現する力が必要

個人でビジネスする場合、コミュニケーション能力は不可欠。

日本人は、自己主張が下手だと言われます。個を表現することが稚拙なのですね。

ですから、この難しい現代を生き抜くには「豊かな表現力」を養う必要があります。

自己表現にもいろいろありますが、特に「言葉」による表現を苦手とする人が多いのですね。

喋ることも苦手、書くとなると、なお苦手という人が数え切れないほどおられます。

●小手先の技術ではなく、核心をつかんでほしい。

文章力がネットビジネスには不可欠であることは、多くの人が気づきはじめています。

しかしながら、文章力を向上しようとする時に、まだ、間違った方法に走る人が後を絶ちません。

小手先のテクニックに頼ろうとするから、すぐに挫折してしまうのです。

そうではなく、まずは「言葉」の本質を見つめ、「文章作法」の核心を直感しなければなりません。

核心を感じとれないから、嘘情報に振り回されてしまうのです。

その意味で、ぜひ読んでいただきたいのが「風花言響」というライティング講座です。

「言葉の本質」「文章作法の核心」を深く、えぐるように書き切ってみました。

現在、5つの特典を追加した、キャンペーンを実施中です。

よろしければ、お値打ちなこの機会に、お読みいただけたらさ幸いです。

言葉と文章の核心をつかみたい方は、こちらから、どうぞ

格差社会に生き残るには、インターネットビジネスは極めて有効です。

ネットビジネスには、技術や戦術は必要であることは言うまでもありません。

しかし、その前に、もっと大事なことがあります。

それが、しなやかで強い「マインド」であり、人の心を動かす「表現力」なのです。

しなやかなに心を整え、豊かに自分を表現してゆく。これが成功に必要な「確かな流れ」なのです。

心を整え、豊かな表現力を養うことで、2016年を、大飛躍と年にしていただきたいと、風花は切に願っております。

そこに、愛はあるのかい?

相当に前のことにになりますが、「そこに、愛はあるのかい?」というタイトルでメルマガを書いたことがあります。

今回もあえて、同じタイトルで記事をしたためてみたいのです。

先日、名古屋セミナーを開催したのですが、ようやく、その余韻も薄れ、平常の暮らしのリズムに戻りつつあります。

私の性格上、何かイベントを設定すると、それに向けて頑張ってしまうので、イベントが終わらないかぎり、他のことに手をそめられない傾向があります。

ですから、年内中に東京でワークショップを開きたいのですが、ちょっとちゅうちょしているのです。

ワークショップより前に、やるべきことがあるのではないか、そんな気がしています。

で、「そこに、愛はあるのか、ないのか」という話に移りましょう。

名古屋セミナーのあと、懇親会でいろんな質問をいただき、強く想ったことがあります。

順番が違っているでしょう、と。

何かで成功したい場合、手っ取り早く、テクニックを覚えたがる人が実に多い。

でも、それでは、成功を引き寄せることはできません。

名古屋セミナーだけでなく、風花がしばしば語ることがあります。

カフェの話です。

店主が愛情をこめていれてくれた一杯は、本当においしいのですね。

この一杯いっぱいに愛情を常に込めることが難しいのです。

しかし、私に対し、SEO対策だの、キーワードだの、小手先の技術を知りたがる人が多いけれど、「どうしたら、愛情をこめて文章を書けるようになるだろうか?」という質問する人はおられません。

愛情のこもった良質なコンテンツが育てられれば、もうほとんど成功したも同然です。

それなのに、愛情なしに、機械的に、効率よく稼ぎたいと思ってしまうから、成功が遠ざかってしまう。

例えば、あなたは以下のような愚痴をこぼしたことがありませんか?

※愛のないS○Xは空しい。

※あの店の料理は、愛がこめられていないから美味くない。

※あの病院の看護には愛が感じられないので、入院が辛かった。

いかがでしょうか?

要するに、人という生き物は、愛が不足すると、不愉快になる傾向が強いのです。

愛が薄いと、呼吸困難におちいるのが人間だということを忘れないでください。

逆に、人は愛に満たされた時、幸せな気分に浸ることができるのですね。

ですから、私たちが、ブログやメルマガなどの自分メディアを運営する場合は、そこに、必ず愛情をこめるべきなのです。

そうしないかぎり、読者にあなたが愛されることはありません。

愛情がこもっていない文章を、そもそも誰が読みたいでしょうか。

表現を変えましょう。

行動を起こす時、その動機が愛でない場合には、その行動が、人を真に歓ばせたり、幸せにしたりすることはありません。

愛のない、いかなる行為も不毛だと言えます。

「どうしたら、初芽ブログで簡単に商品が売れるようにでできますか?」という質問をときどきいただきます。

もちろん、やるべきことはいろいろあります。

しかし、その中でもっとも大事なことは、自分の書く文章に愛情を込めことなのです。

あなた自身、あなたの書いた文章に対し、このように問いかけてみてください。

「そこに、愛はあるのかい?」と。

自らが作るコンテンツに、精一杯の愛情を込めるのが、風花スタイルの基本中の基本なのです。

アフィリエイト教材が消える日

私はアフィリエイトに関する教材を、1つだけ販売しております。

風花初芽

最近、キャンペーンも行っていないし、宣伝もしておりません。しかし、安定して売れ続けております。

なぜか?

評判が良い。
価格が安い。
薦めてくれているアフィリエイターさんが良心的である。

以上の3点が、すぐに頭に浮かびました。

しかし、その後にひらめいたことがあり、それこそが重大なポイントだと気づいたので、その点について、お伝えすることにします。

●アフィリエイト教材が減っている。

私が風花心伝を発売したのが2008年です。

その頃は、アフィリエイト花盛りと申しますか、実に多くの教材が乱立しておりました。

あれから長い年月が流れ、今はかなり数が減りましたね。

その要因の第一は、グーグル検索エンジンの激変によって、サイト量産をするアフィリエイト手法はまったく役に立たなくなったことがあげられます。

1日に何十、何百ものサイトを作ること自体が異常なのですが、そういうことがまかり通っていた時代がようやく終焉を迎えたのです。

アフィリエイト教材のおよそ半数は量産型のノウハウだったので、それだけでも、数が激変しました。

第2の要因は、情報商材アフィリエイトの教材が数個しか残っていないことがあげられます。

メルマガとブログを組み合わせ、情報商材に特典をつけて売るといういわゆる情報商材アフィリエイト教材は、本当に多く出ました。

ほとんど内容が同じだったにもかかわらず、たくさん出たのは、それだけ情報商材アフィリエイトをして稼いだ人が多かったからです。

しかし、その当時、大金をつかんだ人たちは「このままではいけない」と気づき、違う方向に進んでゆきました。

そのために、情報商材アフィリエイト教材もほんの少しが残されるだけになったのです。

このように、アフィリエイト手法の主流であった、サイト量産型アフィリエイトと情報商材アフィリエイトの両方が衰微したので、そのどちらにも属していない、風花初芽のようなブログアフィリエイトの王道教材がいまだに評価されているのだと思います。

そして、去年くらいに流行った、トレンドアフィリエイトといって、キーワードを狙って稼ぐという手法も衰弱していますね。

読者が求めているのは、読みたいコンテンツなのであって、キーワードではありません。

最初にキーワードありきではなく、最初にコンテンツありき、でなければならない、そういうことは、少し冷静になれば簡単に気づくはずです。

もちろん、グーグル検索エンジンは、キーワードを狙って検索エンジンの上位表示を目的に記事を投稿することを嫌います。

なぜなら、グーグルが上位表示させたいのは、キーワード狙いのサイトではなく、読者に役立つ情報を掲載しているサイトだからです。

そのこと、キーワードを狙うのではなく、良質なコンテンツを育てましょうということを、風花シリーズは2008年当時からずっと主張してきました。

そして、ようやく、風花の時代が来たと感じています。

●アフィリエイトが消える日

何が言いたいかと申しますと、風花初芽をもっともっと売りたいということではなく、「アフィリエイト教材が消える日」がきても良いのではないか、と最近、強く思うようになっているのです。

なぜなら、良質なコンテンツを作る力がつけば、アフィリエイトで(違う方法でも)稼ぐことは実に簡単だから。

コンテンツができれば、どんな方法でも、成功できてしまう、それがインターネットなのです。

もう「稼ぎたい、アフィリエイトしたい」が最初に来ているようでは、成功できない時代になりました。

何を最初に決めるべきかと申しますと、ブログなどの自分メディアを作って、そこで何をしたいか、それが大事なのですね。

もう1つ、大事な面があります。

「インターネットで表現するとは、どんなことなのか?」を理解することです。

自分を表現したい人がいます。

ブログで収益を得たい人がいます。

では、どうしたら、自己表現しながら、お金を稼ぐことができるのか?

そのためには、ブログというメディアの特性を学び、それにあった表現術を身につけなければなりません。

そのことを限界までわかりやすく、コンパクトにまとめた教材が、これです。

風花水映スタンダード

風花塾へとお問合せを今も私のところに届きますが、ブログやアフィリエイトの経験のほとんどない人は、まずは、日記ブログをつくって、上の教材を読みながら、日記を書いてゆくことをオススメします。

まずは、ブログというメディアに
そして、文章を書くことに、
親しむことが大事です。

親しむとは、楽しみながら学ぶことを意味します。

何事も、楽しくないと続きませんからね。

ネットで稼ぎたいと思ったら、アフィリエイト教材を買うのではなく、ネットで表現する方法についての教材を求めるべき時代が来ているように、風花は強く感じております。

風花スタイル~初心者と女性に優しい在宅ワーク。

「風花スタイル」は2004年から続いている、安心と信頼の在宅ワークです。

 

家にいてできる仕事なので、子育てで忙しい主婦の方にも人気があります。

 

ブログを使ったマネタイズ収益化)が基本。

 

グーグルアドセンス、楽天アフィリエイト、一般ASPを使った物販アフィエイトが中心になります。

 

ただし、ネットに出まわっている、いわゆるインターネットビジネスブログアフィリエイトとは、根本的な違いがあるのです。

 

以下、「風花スタイル」が他のインターネットビジネスやブログアフィリエイトと異なる点について、ご説明いたします。
 

●基本コンセプト

 

「風花」とは「幸運の風を呼び込み、自分らしい花を咲かせること」を意味します。

 

ビジネスを行う場合、理念は非常に大切です。以下、風花スタイルの理念(信念・モットー)についてお伝えします。

 

風花スタイルは、お金(利益)だけと求めるビジネスではなく、「心と体がよろこぶ、言葉ワーク」をご提案。

 

無暗に金銭に執着するのではなく、成りたかった自分になるために、本当の自分が歓ぶことをしましょう。

 

風花スタイルでは、心・技・体がほどよく調和した、ライフ(暮らし)とワーク(仕事)の新しい形を提案しています。

 

●風花スタイルの本質

 

風花スタイルとは、ブログなどの自分メディアを活用して、自己表現しながら収益を上げてゆく、個人向け在宅ビジネスモデルのことを指します。

 

自ら作成したコンテンツにより、他者にプラスの影響を与えて、その影響の質と量にふさわしい報酬を得る」という確固たる軸を有していることが特徴です。

 

●3つのボリュームからなる、総合的な考え方・行動指針・具体的なノウハウを「風花スタイル」と呼びます。

 

以下で、3つのボリュームについて、ご説明しましょう。

 

◆風花スタイル~心と体が歓ぶ、言葉ワーク。

 

1)心を整える(風花マインド)

2)豊かな表現力を養う(風花ライティング)

3)プラスの影響力で収益を得る(風花マネタイズ)

 

●トリプル・ワン・スタイル

 

1人の人が、1つのブログだけで、1つの信念のもとに行うため、「トリプル・ワン・スタイル」とも呼ばれているのです。

 

トリプル・ワン・スタイル

 

1人のブロガーが

1つのブログだけで、

1つの信念のもとに行う。

 

●トリプル・ノン・スタイル

 

また、以下の3つのことを「しない」ため「トリプル・ノン・スタイル」とも称します。

 

トリプル・ノン・スタイル

 

無意味なサイトを量産しない。

怪しい商品は紹介しない。

スパム(迷惑行為)や違法行為はしない。

 

●経済だけでなく、心も豊かになる

 

さらには、「風花スタイル」に精通しますと、経済的だけでなく、精神的にも潤うことから、「癒し系」と呼ぶ人もおられます。

 

なぜ、精神的にも潤うかと申しますと、ご自分が嫌なことを無理して頑張るスタイルではなく、ご自身が興味があり、やりがいを覚えることで、成功していただくことを「風花スタイル」は目的としているからです。

 

●相互幸福(自分とともに他者をも大事にすること)を前提としたスタイル

 

インターネットビジネスだけでなく、あらゆる仕事は、自分がやりたいからやるのであって「自分のためにやる」要素が不可欠です。

 

また一方で、他人に何らかの役に立たなければビジネスとして成立しませんから「他者のためにやる」という視点も軽視できません。

 

ビジネスを行う時に、多くの人は「お金(報酬)を得ること」だけしか考えない。だから、うまく行かないのです。

 

ビジネスの基本は、行う側も、サービスを享受する側も、双方が満足することにあります。

 

双方のバランスがとれなければ、ビジネスを長期的に継続することはできません。

 

以上の理由により、風花スタイルは「相互幸福」を前提としたビジネス活動を展開します。

 

●いつも誰かに支えられていることを忘れない

 

ビジネスは自分のことだけを考えていたら成功できません。

 

多くの人は、ともすれば「感謝の気持ち」を忘れがちです。人は決して一人では生きていけませんし、いつも、どこにいても、誰かかしらに支えられているのですね。

 

「自分は誰かに支えられているからこそ生きていられる」という気持ちを大事にし、他者から受けている有形無形の恩恵をに対し、お返しをしてゆくという謙虚な姿勢を忘れないで精進を重ねてゆきましょう。

 

●風花スタイルの鍵を握っているのは「言葉」

 

インターネットビジネスでは、基本的に相手の顔が見えません。お互いに顔を見ないでかわす対話では、言葉が非常に大事になります。

 

そのため、風花スタイルでは「言葉」を重視し、「文章の書き方」にこだわることで、正確かつ豊かなコミュニケーションが実現できるようにプログラムを作成しているのです。

 

「風花マインド」「風花ライティング」「風花ワーク」に共通する大切な道具、それが「言葉」です。風花スタイルのキーは「言葉」にあります。

 

そのため「風花スタイル」のキャッチフレーズは「心と体がよろこぶ、言葉ワーク」としました。

 

心を整えるのも言葉、幸運を引き寄せるのも言葉、自分が表現するのも言葉、自分と他者とをつなげるのも言葉、読者を増やし、収益を伸ばしてゆくのも「言葉の力」に他なりません。

 

※言葉と文章については、風花未来が運営するこちらのブログをご覧ください。

 

多くの人は、いきなり、お金を稼ごうとするので、逆に、お金を逃がしてしまうのです。マインドセットと豊かな表現力(文章力)は、自分を輝かせながら、揺るがぬ経済力を身につける上で、どうしても欠かせません。

 

●「風花シリーズ」と「風花流儀」

 

「風花スタイル」についてお伝えするメルマガが「風花流儀」です。

 

風花スタイルを実践する方法を伝授する教材を「風花シリーズ」または「風花回廊」と呼びます。⇒風花シリーズ

 

風花スタイルを加速させるマニュアルは、こちらからお求めいただけます。⇒風花シリーズ公式サイト

 

風花スタイルの実践者さんが、1日平均6000PV以上を達成。

グーグル検索エンジンの傾向と対策は、ブロガーにとって最も気になるところかと存じます。

風花スタイルのブログでは、どれくらいのアクセスが集められるのか?と不安と期待で複雑な心境の方も少ないないでしょうね。


風花スタイルの教科書はこちら

風花スタイルは、ありとあらゆるところからアクセスを呼び込む方法を採用しています。

ただ、成功した人とお話ししますと、例外なく語ってくれるのは、最終的には検索エンジンに強いブログになる、ということです。

ありとあらゆるところからアクセスを呼び込むけれども、アクセス解析を見ると、検索エンジンからのアクセスが最も多いのが、風花スタイルのブログだと言えます。

実際に、風花スタイルの実践者さんからグーグル・アナリティクスの解析画面のキャプチャー画像を送ってくれましたので、ご紹介しますね。

2015年3月の閲覧者数です。折れ線グラフを見てください。セッションが通常のアクセス解析でいうところの「ユニークアクセス(閲覧者数・訪問者数)」です。1日のユニークアクセスは3000を軽く超えていますね。

02270328user-1

次は、ページビュー。折れ線グラフを見てください。1日のページビュー(閲覧回数)は、軽く6000PVを超えていることがわかりますね。

02270328pv

どんなジャンルのブログか気になるところですが、エンタメ系ではありません。お役立ち系で、しかも学習系という一般的にはアクセスを集めにくとされている分野でも、これだけのアクセスが集められているのです。

風花初芽に書かれている風花スタイルの方法を実践されれば、これだけのアクセスが集められます。

多くの成功者さんは、以下に示しました同じことをおっしゃいますので、実践される時の参考にしてください。

風花テキストに書かれていることは全部実践した。そして、風花テキストに書かれていないことは何もしなかったと。

インターネットビジネスの本当の魅力と意味とは?

最近、アフィリエイトなど、インターネットビジネスの動向を見ていますと、この業界そのものが伸び悩んでいることを痛感します。

なぜ、もっと健全な形で、ネットビジネスは生育できないのか?

そこには、いろんな理由があるのですが、その一つに、インターネットビジネスの本当の意義というか、この新しい(歴史の浅い)ビジネスモデルの本質を知っている人が、あまりにも少ないことがあるのだと、私は思っています。

インターネットビジネスは、インターネットを活用して利益を上げるビジネスである……確かに、そうなのですが、この程度の理解ではダメなわけです(笑)。

ネットビジネスなら、どこにも就職しないでも稼げるし、事務所に通勤しなくても、自宅でもやれるので、大変便利である……これも間違いではないのですが、それだけの理由ならば、ネットビジネスは魅力的であると、あえて強調するまでもありません。

一方では、ネットビジネスはなかなか稼げないという現実があります。アフィリエイトをやるくらいならば、コンビニでアルバイトした方がよっぽど効率が良いという有名アフィリエイターもいるのですね。

では、インターネットビジネスの仕事としての本当の特徴は何かというと、風花ならば、以下のように解説したいので、ぜひ参考にしてください。

インターネットビジネス、通称、ネットビジネスの最大の特長は、自分で決められること、にあります。

考えてみてください。

仕事はもちろん、いろんな人生のシーンで、自分の意志だけで決定できることが、どれくらいあるか?

おそらくは、ほとんどないはずです。

例えば、ブログを開設することも、削除することも、決めるのは、あなた自身以外にはいません。

長い人生において、人は様々な夢を描き、目的や目標を持ち、失敗したり成功したり、紆余曲折を経験します。

ただ、現実社会においては、あなたの夢に成否をくだす(結論を出す)のは、第三者です。

例えば、〇〇大学に入学したいと思っても、受験に失敗すればそれで終わり。

〇〇会社に就職したいと願っても、入社試験に合格しなければ、夢は果たせないのです。

しかし、ネットビジネスは違います。一つのサイトで失敗しても、新たなサイトで勝負できるのです。

失敗を工夫次第で、成功へと転換できるのが、ネットビジネスの魅力だと言えます。しかも、何度も何度も、挑戦が許されているのが、ネットビジネスの世界なのです。

もちろん、そこには、創意工夫や精進努力が必要となります。

言い換えれば、自分の成長を楽しむ遊び心が求められるのがネットビジネスの世界です。

そこで、ネットビジネスにおいて、情報発信し、人材育成に関わる、私、風花未来の使命はというと、私が提唱するビジネススタイルを実践してくれる人たちの成功確率をアップさせること。

そして、風花式インターネットビジネスは、ただのお金もうけではなく、仕事そのものが、面白く、創造的で、社会に役立つものであることを体感してもらうことも大切な私の仕事だと感じています。

ネットビジネスそのものが魅力的なやりがいのあるものでなければ、一般社会に広く受け入れられるわけがありません。

新しいプログラムを充実したものにするために、私は全力を尽くす覚悟ですので、どうぞ、これからも、よろしくお願いします。