Web状の画像などをキャプチャーできるフリーソフトはたくさんありますよね。私もいろいろと使ってきたのですが、OSのバージョンアップの時に使えなくなることがあり、せっかく使い慣れても、また新しいソフトを探さなければなりません。

現在、私が使っているのは、DtCutという無料ソフトです。このソフトはキャプチャーする機能しかありませんので、そのキャプチャー画像は以下のソフトで加工します。

キャプチャー画像を加工する時に私が使っているのは、無料画像編集ソフトPhotoScapeフォトスケープ)です。

フォトスケープのダウンロードはこちらから

モザイクをかけたり、トリミングしたりとか、画像を加工編集できるソフトなので、機能も多く、慣れればかなり重宝します。

このフォトスケープの使い方を、教材なみに詳しく図解してくれているサイトを発見したので、そちらをご紹介します。

無料画像編集ソフトPhotoScape(フォトスケープ)の使い方

キャプチャーした画像を保存する時、拡張子は「.jpg」ですと画像が濁りますので、「.png」にしてください。

「.png」は「.jpg」や「.gif」と違って圧縮されないので、PDF変換した時に画像の劣化が少ないのです。