カテゴリー:オススメの本の記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:オススメの本

筆子「1週間で8割捨てる技術」の最大の魅力は「誠実の書」であること

筆子さんがKADOKAWAから「1週間で8割捨てる技術」という本を出版されました。

 

筆子さんは私が運営する風花塾の卒業生で、現在は風花塾で講師をつとめてくれています。その筆子さんの初書籍ということで、感情的に傾くのを警戒しながら本を開いた次第です。

 

1週間で8割捨てる技術 [ 筆子 ]

 

正直、私は現在の出版業界に対し絶望に似た感情さえ抱いています。売らんかなの販売促進ばかりに注力していて、いわゆる「良書」がほとんど出版されないからです。

 

筆子さんの「1週間で8割捨ている技術」にしても、「断捨離」の根強い人気、そして最近の「ミニマリスト」ブームに当て込んだ出版であることは明らかです。

 

しかも、筆子さんは平均でおよそ1日10万ページビューを誇る「筆子ジャーナル」を運営する有名ブロガー。これなら、出版する前から売れることは計算できるわけで……。

 

そういう出版社のこざかしい戦略が透けて見えてしまい、愛のない編集をされていたら「真っすぐな人」である筆子さんが、むしろ気の毒である、そんな嫌な予感を覚えつつ、ページをめくってゆきました。

 

ところが、私の雑然とした不安は、本を読み終わった時、台風が去った後の美しい夜明けのように、消え去っていたのです。

 

筆子さんの「1週間で8割捨てる技術」の最大の魅力は、「誠実の書」であることだと言ったら、あなたは呆気にとられますか?

 

筆子さんには、本を売って儲けてやろうという欲は微塵もなく、誠実に読者に役立つノウハウだけを、まっすぐに語り切っているのです。

 

私自身「断捨離」や「ミニマリスト」には興味があるので、これまで、断捨離系、ミニマリスト系の本をけっこう読んできました。しかし、最後まで熟読できた書籍は一冊もありません。

 

その理由は、いろいろあるのですが、主に以下の2点により、私はそうした断捨離本に嫌悪感さえ覚えてきました。

 

断捨離本がつまらない2つの理由

 

1)ノウハウを本を売るためにマインドや人生観に無理やりつなげているとしか思えないほど、著者の人生哲学が浅薄であること。

 

2)読者受けを狙いすぎた狡猾な語り口が鼻につき、効果的な方法かもしれないノウハウさえも嘘っぽく感じてしまうこと。

 

しかし、筆子さんの「1週間で8割捨てる技術」は、筆子さんの人間性をほうふつとさせる「真っすぐな語り口」が小気味よく、読後、清涼感を覚えたほどでした。

 

台風一過、商業主義という汚濁が吹き飛ばされ、澄んだ光の粒が輝いている朝に似た静けさを、筆子さんの本から、あなたもぜひ感じ取っていただきたい。

 

筆子さんのブログの文体は非常に濃いのです。筆子さんのブログはこちら⇒筆子ジャーナル

 

しかし、書籍の文体は編集者が読みやすさを重視したせいか、スリム化されています。一読した時、読者は拍子抜けするかもしれません。他の断捨離系の著者のような狡賢いサービス精神がないからです。

 

実は、この拍子抜けするほどの「愚直さ」こそ、筆子さんの本、そして筆子さん自身の魅力にほなりません。

 

そもそも、人間に対する本当の愛が薄く、販売戦略にばかり長けているノウハウ本からは、何も学べないというのが私の実感です。

 

捨てる技術だけを盗めばいいという考え方もあるでしょう。でも、それならば、幸福だとか、魔法だとかいう惹句(じゃっく)を多用するのはやめて、技術だけに特化して語ってもらいたい。

 

ノウハウだけでは売れないので、読者が飛びつきやすい言葉を本文に散りばめているのでしょうけれど、そうした文章は不快であり、とても最後まで読めたものではありません。

 

筆子さんの「1週間で8割捨てる技術」は、そうした、あざとい断捨離本の真逆に位置する「誠実の書」なのです。

 

本当に読者に役立つノウハウだけを、読者をくすぐる何の脚色もなしに、真実一路とでも表したい「真っすぐな語り口」で提供しています。

 

「1週間で8割捨てる技術」が魅力的である2つの理由

 

1)読者に役立つノウハウだけを厳選して提供している。

 

2)不器用とも思える誠実な語り口に「まっすぐな著者の人間性」が感じ取れ、好感を持てる。

 

以上の理由から、有名な断捨離系のノウハウ本を広告につられて読むよりも、ぜひ、筆子さんの「愚直なまでに誠実な本」を手に手に取っていただきたいのです。

 

こうした誠心誠意、読者のためになりたいと念じている作者の書籍こそ、売れてほしいと願っているのは私だけでしょうか。

 

本を含め、物を増やしたくない人は、こちらの電子書籍版がおススメです⇒1週間で8割捨てる技術【電子書籍】[ 筆子 ]

「現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書」が新発売。

グーグル・アドセンスGoogle AdSense)がまた注目されていますね。去年の暮れに、新しいアドセンス攻略本が出版されました。

私はさっそく電子書籍(Kindle)版を購入しました⇒現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書

風花塾では、アドセンス( AdSense)を扱いますが、塾に入られる前に、アドセンスのアカウントは取得しておいてほしいのです。塾に入ってからアドセンスのアカウントを取得する、その時間がもったいないのです。

上の「現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書」を読めば、アカウントの取得方法もていねいに解説されていて、初心者の方でも安心して、アドセンスが始められます。

この教科書の最大のメリットの1つに、情報が新しいことがあります。アドセンスはひんぱんに情報を変更したり、管理画面を改変するので、書籍の場合、すぐに古くなってしまいます。

現役アフィリエイターが教える! しっかり稼げる Googleアドセンスの教科書」は去年の2015/12/25に出版されたばかりなので、この点は大きいですよ。

以前にはこの本「できる100ワザ Google AdSense」は、オススメできるグーグル・アドセンスの入門書」も紹介しましたが、どちらか1冊だけを選ぶとしたら、新しいという意味ではこちらの方がオススメです。正直、両方とも一般論・常識論が無難にまとめられており、内容に大差はありません。

また、主婦アフィリエイターさんが書いていることも魅力の一つ。これまでは、アドセンスの攻略本は男性の著者がほとんどでしたからね。その意味で、女性も男性も読んでみたいマニュアルと言えそうです。

それと、アドセンスから警告が来た時の対処法も書かれているので、重宝することでしょう。

最後に、タブレットを持っていない人は、電子書籍(Kindle)版ではなく、普通の紙の単行本を購入した方が読みやすいです。

紙の単行本⇒しっかり稼げるGoogleアドセンスの教科書 [ 三木美穂 ]

「できる100ワザ Google AdSense」は、オススメできるグーグル・アドセンスの入門書。

4月に大阪梅田でセミナーを開催したのですが、その時に「風花燕舞」のノウハウをご紹介しました。

風花塾には入っておられないで、セミナーで私が話したことだけ(風花燕舞の一部)を実践されて、ブログ開設後、5日目には1日のページビューが1000を突破されたという報告をご本人からメールでいただきました。

それから、1週間ごとに、1000ページビューぐらいずつ増やし、3週目には1日3000PVを達成されたというからスゴイですね。

グーグル・アドセンスの報酬も、調子よく伸ばしておられましたので、どれくらいにまで伸びているのか、次の成果報告が楽しみです。

成果報告してくれた方はメールで「風花燕舞は、これまで試したどのノウハウよりも成果があらわれるのが早い」とおっしゃっていました。

「風花燕舞」は基本的に商品を売りません。アドセンスなどのクリック課金型プログラムによって収益を伸ばしてゆきます。

前回の風花塾8期では、アドセンスのアカウントを持っておらず、塾が始まってから審査申請をされた方が意外に多くて驚きました。

風花塾に入る、入らないは別にして、アドセンスを軸にビジネスを展開する、しないは別にして、アドセンスのアカウントを取得していないと、かなりのマイナスになります。

まだ、アドセンスのアカウントを持っていない人は、すぐに審査申請してくださいね。

アドセンスのアカウントの取得方法から、わかりやすく解説されているのが、この本⇒できる100ワザ Google AdSense 必ず結果が出る新・ネット広告運用術 できる100ワザシリーズ

上のリンクはアマゾンですが、楽天ブックスをお使いの方はこちらへ⇒できる100ワザGoogle AdSense [ 染谷昌利 ]

アドセンスの入門書は、1冊、手元に置いておいた方が賢明です。ネット上に浮遊している細切れの情報ではなく、1冊辞典のように使える決定本を持っておくと安心感が違います。

できる100ワザ Google AdSense」は、専門用語の解説までありますから、初心者さんには重宝する入門書だと言えます。

「セールス文章実践ドリル」の感想

何度か繰り返し述べておりますが、文章の書き方に類する本を読むだけでは、文章力は養われません。実際に書いてみないことには、絶対に向上しないのがライティングスキルです。

ですから、文章術に関する指南書も、単なる読み物ではなく、実践的な訓練ができる構成になっているべきなのです。しかし、そういう書籍はなかなかありません。

本日ご紹介するのは、数少ない実践的なノウハウ本です。ドリル形式で編集されていますから、一つひとつ課題に取り組んでゆけば、かなりの力がつくことは間違いありません。

この実践ドリル式文章の書き方は、ずっと手元において、何度も何度も、読み、取り組む価値のある、濃い内容となっています。

ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル

このタイトルは安易すぎます。「3日で」は書けるようになりません(笑)。タイトルは怪しいのですが、中身は濃密で、ここに掲載されている実践問題を全部やってみたら、相当な文章力が養われるに違いないでしょう。

「セールス文章」とありますが、商品を売るための文章だけでなく、集客のための文章についても詳述されています。相当に力のある人が取り組んでも苦戦するくらい、レベルの高い内容も含まれています。

ノウハウ書を書いたことがある人ならば納得されると思いますが、「問題集」形式、チェックシート形式、トレーニング形式、ドリル形式などを採用して、読者の成果を効率的に伸ばしたいと誰もが考えるのです。風花の場合は「10分間トレーニング」を入れてみました。しかし、いざ「文章の書き方」を書きすすめますと、簡単には「ドリル形式」にならないわけです。

その意味でも、工夫を凝らして「実践ドリル」に徹している点でも、高く評価できます。

かなり本格的な指南書であり、実力を本気で養いたい人は、ぜひ取り組んでみてください。

「自分メディアのつくり方」の感想

風花未来はブロガーのことを「自分メディアライター」と呼んでいます。また、ブログのことを「自分メディア」という時もあります。

自分メディアという言葉が普及し、定着することが、世の中を良い方向に変えてゆく力になると私は信じているのですが……。

スマホという端末が広く受け入れられるようになり、自分メディアという言葉も勢いを失いつつあると感じているのは風花だけでしょうか。

前に述べましたが、スマホは情報を受け取るには便利ですが、発信するのが苦手なツールなのです。大事なのは、自ら情報を発信することなので、スマホの安易さに流されてしまっては、個人の発信力は衰退してしまうのです。

個人が自由になり、経済的に自立するためには、自分メディアが必要。その自分メディアのつくり方を解説してるのが、この本です。

自分メディアのつくり方 “受信者”から“発信者”へポジションを変えよう/森… この記事の続きを読む

「メール文章力の基本」は、メール文の書き方に特化した必読書

Webライティングに関する本を開きますと、たいていの場合「メール文章の書き方」に1章割かれています。しかし、メール文章に特化したライティング・マニュアルは、滅多にありません。そして、優れた内容の本はさらに少ないのです。

その意味で、以下の本は、たいへん貴重だと言えます。

メール文章力の基本 大切だけど、だれも教えてくれない77のルール

この「メール文章力の基本」を手にとり、パラパラとめくってみるだけでも「知っているつもりが、とんでもないミスをしていたことに気づく」人も多いでしょう。

あぶない、あぶない。これを知らないと、一生、恥をかき続けるところだった」と胸をなでおろす人も少なくないと断言できます。

B6というポケットサイズですので、セカンドバッグに入れて、持ち歩けるけるのも魅力。

とにかく、すぐにでも、最初から最後まで、読んでいただきたい必携の書です。

アフィリエイトはじっくりゆっくり [Kindle版]の感想と評価

今日ご紹介するのは電子書籍です。アマゾンから発売している、いわゆるKindle版です。

アフィリエイトはじっくりゆっくり [Kindle版]

電子書籍といってもPDF版の場合、さすがにスマホでは読みづらいのですが、Kindle版ですと、スマホでも、タブレットでも、Kindleアプリ(無料)を導入するだけで、快適に読めるというメリットがあります。

なぜかというと、スマホやタブレットなどの端末で見る時に、読みやすいように最適化されているからです。

では、その読みやすいKindle版である「アフィリエイトはじっくりゆっくり 第二版」について語ってまいりましょう。

この電子書籍をオススメするのは、風花スタイルと共通することが素直(正直)に語られているためです。

著者はアフィリエイト歴が非常に長い。1997年から従事されているというから、相当なベテランですね。

この著者が正直だという理由は、ご自分が稼いできた方法の多くは、現在ではほとんど通用しなくなっていると認めている点にあります。

私がアフィリエイトを始めたのは2004年ですが、アフィリエイトほど目まぐるしく様相を変えてきたジャンルも少ないのではないか、と痛感しているのですね。

もう、さすがに、グーグル検索エンジンの進化によって、従来のSEO対策などは通用しないことは、一般の人でも知るようになりました。

自作自演でサテライトサイトを大量に作って被リンクを増やすとか、商品の販売ページのリライトをしてアフィリエイトサイトを量産してゆくとか、そういうことは、グーグルが最も嫌っていることだと、少し勉強した人はご存じでしょう。

それでもなお、中身の薄いサイトの大量生産をまだ推奨しているアフィリエイターがいることが私には信じられません。

一部の高額情報商材を売りたいがために、そういうスパム行為を勧めているアフィリエイターが少なくない。それが原因で、正論が少数派になっているのがアフィリエイト業界の実情です。

ですから、風花が主張している「良質なコンテンツを育てる方法」では、稼げないのではないか、と半信半疑の人がおられることも承知しています。

でも、しかし、この「アフィリエイトはじっくりゆっくり 第二版」をお読みいただければ、風花スタイルの方が実は正論であって、良心的な人は同じようなことを、ふつうに語っているのだということに気づいていただけるでしょう。

この著者も良質なコンテンツを育てることを最重要視しています。もう、意味のあるコンテンツを作るより他に方法はない、という意味のことを繰り返し述べておられます。これについては、全く同感です。

ただ、スタンスが私と違っています。私は現場でアフィリエイターさんと常に接しており、少しでも短い期間で成果を上げてもらうと、最前線の実戦的なアドバイスをしている。それに対し、この著者はあくまで正論を述べ、むしろ、成功を焦って小手先のテクニックに走ることを危惧しています。

風花スタイルを実践していただければ、平均的な結果ですが、2ヶ月間で数万円までは稼げているのですね。ですから、「ゆっくり、じっくり」と言っても、アフィリエイトで成功するためには何年もかかるわけではありません。その点は、誤解しないでくださいね。

著者の正直な気持ちを代弁するなら「アフィリエイトは昔も今も稼げるけれども、現在は間違った手法では絶対に成功できない」ということです。

最後に、おそらくは著者がもっとも訴えたかったことを、私自身も同感なので、お伝えしておきます。

「ゆっくり、じっくり」という言葉の真の意味は、目先の利益に振り回され、数年したら使えなくなる手法に走るのではなく、5年先、10年先も活用できる、本物の力を身につけましょう、ということなのです。

こちらで購入されると数秒後に読めます⇒アフィリエイトはじっくりゆっくり 第二版

染谷昌利「ブログ飯」を読んだ感想

ブログブームはかなり前に終わったのですが、今もなおブログ関連の本は出版されています。ブログで成功した人が、自分の成功体験やノウハウについて語る書籍です。

今回読んでみたのは、染谷昌利著「ブログ飯」。

ブログ飯 [ 染谷昌利 ]

ブログで生計を立てることを、ブログ飯と言い切ったあたりは面白いと思ったのですが、内容は? この記事の続きを読む

自分メディアのつくり方

自分メディアのつくり方」という本を衝動買いしてしまいました。奥付を見たら、2006年3月の出版となっています。

いわゆる「ブログブーム」の真っ最中に発売された書籍ですね。それを2013年である今年に読むのは、少し無理があるのではないかと思いながら、ページをめくっています。

この本は、今でも充分に役に立つ点がありますよ。 この記事の続きを読む

1分間で伝えたいことを確実に伝える方法

ブログは1分間で読者に自分が伝えたいことを伝えるべきメディアである、と言ったら、戸惑われるでしょうか。

しかし、この1分間というのは決して、大げさな数字ではありません。インターネットには5秒ルールというものがあります。読者は5秒間で記事が面白いか、面白くないかを判断してしまい、面白くなければ、すぐにサイトを閉じてしまうという、過酷なルールなのです。

5秒ではなく、1分間で、伝えたいことを正確に伝えるには、どのようにしたら良いのでしょうか。 この記事の続きを読む