カテゴリー:マインド(理念)の記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:マインド(理念)

オーディションなしでデビュー可能な世界とは?

昨夜、新ものまね女王と呼ばれる荒牧陽子の動画を見ていて、荒牧陽子の言ったことがすごく印象に残りました。

私はメジャーデビューするのに10年かかったけど、20年、30年かかったという人が何人もいて、私って甘いなあ~と感じました。

荒牧陽子のあの天才的な歌唱力をもってしても、ブレイクするまでに10年もかかるとは、芸能界とは、やはりスゴイところなんですね。

荒牧陽子の魅力については、こちらの記事で書いてみました⇒荒牧陽子の表現力

日テレ「スター☆ドラフト会議」というテレビ番組からオファーが荒牧陽子のところに届いたことから、荒牧陽子のブレイク伝説は始まりました。

それまで、20歳で上京してから10年間、オーディションを受けまくり、落ちまくったという荒牧陽子。

そう考えると、ブロガーの世界など、甘いかもしれませんね。

何しろ、ブロガーにはオーディションがありません。オファーなどどこからも届かなくても、自分で、勝手にデビューできてしまいます。

とにかく、デビューは、超簡単です。では、人気ブロガーとしてブレイクするのは、難しいのでしょうか?

正直、荒牧陽子みないな才能があり、努力を惜しまない人ならば、ラクラクと、プロになれるでしょうね。

ただ、そうは言っても、みんながみんなプロのブロガーになれるわけではないのは、意識レベルに問題があるのです。

例えば、こう考えてみてください。

ブロガーの世界には、オーディションがありません。でも、仮想として、自分が記事投稿している時に、大手芸能プロダクションのオーディションを受けていると思えばどうでしょうか。

そう考えれば、記事の質、シンガーでいうところの歌唱(パフォーマンス)の質は確実に上がると思うのです。

ブロガーは、目には見えないオーディションを毎日受けている、そう考えてみることは有益でしょう。

実際のオーディションならば、それに通ればスターの座が約束されるのだけれども、落ちた時には、自分はどうして落とされたのだろうか、あの人はどうして受かったのだろう、自分になくて、あの人にあるものは何なのだろう……というふうに必死で考えるでしょう。

実は、ブロガーにも、こうした思考レベルが必要だと思うのです。

プロブロガーとしてデビューする方法はこちら

3つの習慣で成功へ前進

スティーヴン・R.コヴィーの「7つの習慣」をご存じない方はおられないでしょう。

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」と並ぶ、成功哲学(自己啓発書)の名著です。

しかし、この名著中の名著を、本当に最初から最後まで読み切った人は日本にどれくらいいるでしょうか。
おそらく、読了した人は、かなり少ないと思われます。

ある先生についてコーチングを学んでいる頃、その先生が「7つの習慣」に触れ、役立つところもあるけれど、難解な部分もあって、全部は読めていません、とおっしゃっていました。

プロのコーチでも容易に読み切れないらい難解な本、その内容を、固いお煎餅のように噛み砕くには、それなりのエネルギーが必要となります。

私自身も読み残した部分があるので、もう一度、緒戦してみたいと思っていた時に、以下の本を見つけて、衝動買いしてしまいました。

これならば、とっつきやすく、コヴィーの思想に、サッと入ってゆけます。 この記事の続きを読む

変わるための3ヵ条

変わることが、成長の証明

風花心伝を実践している方のブログを拝見した時、もっとも嬉しいのは、ブログが良い方向に、変身している時です。間違いなく、ご自身も、成長し、大きくかわっていらっしゃるのですね。

実は、この「変わること」は、ブログの醍醐味の1つなのです。

では、良い方向に変わるには、何をしたら良いのでしょうか?

変わるための3ヵ条

風花が信じている、変わるための3カ条があります。

1)夢を持つ。

夢を持たないと、現実の辛さに耐えられなくなる時があります。

少し現実ばなれしていても、かまいませんので、将来の夢と希望を持ちましょう。

2)冒険してみる。

おずおずと、リスクを怖れているだけでは、何も始まらないし、視界が開けてきません。

大胆に、自分を変えるくらいの気持ちで、思い切った、一歩を踏み出してください。

3)自分を好きになる。

稼ぎたい気持ちばかりが先走り、方法を間違えると、深い挫折感を味わうことになります。

自分の愛し方が、ヘタな人が多いのです。素直に、自分を好きになりましょう。自分を好きになるためには、自分を裏切らずに、好きなことで、汗をかくことが必要です。

優雅にワルツでも踊りませんか。

参院選が近づいてきましたね。自民党ををはじめとする政治家の話を聞いていますと、国民を馬鹿にしきっていると感じます。政治がやろうとしていることは、明確です。

国民を顔のない、個性のかけらもない存在にしておき、お金だけを吸い上げようというのが、見え見えです。

では、政治家の術中にはまらないためには、どうしたら良いのでしょうか?

決して、自動車に乗って、大型ショッピングセンターに出かけ、なけなしのお金をはたき、人だらけの娯楽施設で疲れ果て、ローンの残ったマンションに帰ることではないはずです。ただ、政治家たちが国民に望むのは、そうした思考が停止した決断力も行動力もない人間になることにほかなりません。

だから、今あえて、こう主張したいと思います。「優雅に、ワルツでも、踊りませんか この記事の続きを読む

ブロガーの最大の武器を得る方法

風花塾(夢路塾)に、全身全霊で打ち込んでいます。そのために、サポートする中で、私自身、かけがえのないことを、学ばせてもらっています。

最近、深く悟ったこと、それは、ブロガーの実力はどこで測られるかということ。つまり、ブロガーの評価は、どの点で決まるかです。

ブロガーには読者にプラスの影響を与える「情報の発信力」が求められます。もっと正確の申し上げますと、情報を発信するだけ、記事を書きっぱなしにするだけならば、誰でもできるのであって、ブロガーの本当の力は、自分の思いを読者にどれくらい届けられるかで測られるのです。 この記事の続きを読む

実力不足はテクニックでおぎなえますか?

小手先の技術に走るのではなく、揺るぎのない本当の力を身につけましょう、と風花スタイルでは説きつづけています。

その一方で、何度言われても、テクニックで何とか現状を打開しようと焦りまくっている人は決していなくなりません。

実力がないのだったら、せめて、テンプレートを変えたり、プラグインを導入したり、ブログパーツに頼るしかないじゃないかと反論する人も当然のように出てきます。

スキルアップや技術の習得そのものを、私は否定しているわけではありません。ただ、小手先のテクニックに頼り過ぎると、最も大事な本質を見失う危険性があると警告したいだけです。優先順位を間違うと言っても良いのですね。

例えば…… この記事の続きを読む

「好き放題」のススメ

ブログについての様々なマニュアルが、出まわっています。当然のことながら、そこにはいろんなノウハウが掲載されているのです。

そのせいか、マニュアル類に毒されすぎて、ブログの原点を忘れている人が多いのではないでしょうか。

ブログは「自分メディア」です。自分のメディアですから、人の傷つけたりすることでなければ、基本的に好き放題に書いて良いということになります。つまり、ブログに書く記事は、ある意味、はちゃめちゃで良いのだし、型にはまるのはむしろマイナスで、わがままこそ美徳であると言いたいくらいです。 この記事の続きを読む

自分らしくあるために

現在、夢路塾のサポートに追われ、自分の時間がなかなか取れないのですが、それでも、不思議なことに、ふっと幼い頃のことを想い出す時があります。

今日は、小学生の頃、クラス別のリレー競争の選手になりたかったことを想い出しました。

1人50メートルずつ、200メートルリレー。

クラスの代表選手になりたかった。

選手のえらび方は、ごく単純。

男子児童を、横一列に並ばせて、ヨーイドンで、走らせるのです。

小学生の風花は、選手になりたいがために、懸命に走りました。

まさに、全力疾走です。

しかし、いつも、選手になれなかったのです。補欠にも、選ばれませんでした…。

想えば、体力はそれほどなかったのに、負けん気は、誰にも負けなかった気がします。火の玉のようなガッツのある少年でした。

選手になれなかったということは、速く走りたい気持ちは強かったけれど、走る才能はなかったのですね。

とうとう、陸上とか、球技で、選手になれることはありませんでした。いつも、みんなの前で走ったり、プレーしたかったのに……。

哀しいような、懐かしいような、遠い想い出です。

あれから、時が流れ、今の私は、陸上選手ではなく、インターネットで、言葉を発して生計を立てています。

リレーの選手になりたい、というふうな単純明快な目標はありませんが、今は「倖せ」だと、言い切ることができます。

悩みは多いし、課題も抱えているけれど、さっそうと人前で、派手なパフォーマンスはできないけれど、「自分らしくある」ことはできています。ひょっとすると、私は生涯をつうじて、「自分らしく」あろうと、願ってゆくのかもしれません。

今の私のいる場所では、特別な才能は要りません。速く走ったり、高く跳んだりするには、才能が必要ですが、文章をブログにアップして、生計を立てるという仕事には、天賦の才は要らないのです。

必要なのは、余計な情報に振り回されないで、信じる道を、突き進む、ほんの少しの勇気だけです。

それと「自分らしくないこと」しないと決めてしまうことが大切。つまり、自分に正直であれば良いのですね。

血気盛んな頃は、頑張れば、頑張るほど、非人間的になったり、本来の自分の姿から、遠ざかっていた気がします。

今は、好きなことを、毎日、することができるので、「倖せ」です。

風花心伝を復活させた真の理由が、自分でもわからなくなる時があります。

おそらくは、たぶん、その時その時は懸命に頑張っていても、いつも何かに振り回されてきた自分の失敗を、他の人たちにはおかしてほしくない、どうか、振り回されることなく、「自分らしく」いてくださいという風花の心を伝えようとしているのだと思います。

キーワードに振り回される、
SEOに振り回される、
サイト量産によって、
ブログ管理に振り回される、
売れ筋の商品を次々に
買うことに振り回される……

そういう「いたちごっこ」から、抜け出る道はあるのです。

キーワードは「自分」。勇気を出して「自分らしく」生きてゆきましょう。

目的と目標の違い

■目標と目的の違いについて

 

「月に50万円稼げるようになる」というのは、一つの目標であって、目的にはなりえません。

 

「絵本が好きで世界中の絵本を集めています。絵本って、本当に素晴らしいものなので、その世界を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思っています。

 

自分で絵本を作りはじめているので、将来はそれを電子書籍にして売りたいのです。

 

そのために、絵本の魅力について自由に語れるブログを開設する予定でいます」というお便りをくれた人がいるとします。

 

その人の目的は「素晴らしい絵本の世界を多くの人に伝えること」となります。

 

その人の目標は、

「絵本に興味のある人がたくさん集まるブログを作る」

「世界中の良質な絵本を自分のブログで紹介すること」、

「絵本の素晴らしさを豊かに伝えられる文章力を身につける」

「絵本ブログにふさわしいオリジナルデザインのブログを作る」

「自分の絵本を制作し、それを電子出版する」

「名作絵本のアフィリエイトと自作絵本の販売で、経済的に自立する」

などとなるでしょう。

 

■理想のネットビジネス・スタイルを知った後にすること。

 

理想のスタイルと照らし合わせて、以下のこと(自己分析と目的&目標設定)を実行してください。

 

そうすることによって、自分専用のネットビジネス地図を描くことができるのです。

 

1) 自分が今おかれている場所(位置)を確認する。

 

2) 自分が今できることを知る。

 

3) 目的と目標の違いを知った上で、目的を定め、目標を持つ。

 

4) 複数の目標を立て、それらに優先順位をうける。

 

5) 何からはじめるべきか、やるべきことに順番をつける。

■目標に向かって動き出す前に知っておくべきこと

 

目標を決めたからといって、すぐに走り出してはいけません。

 

以下のことを確認しておくと、悩みを軽減することができます。

 

1)確かな目的を持たないと、目標を達成した時に空しさが残る。

 

例えば、月に100万円稼ぐということを目標にして、目的を設定しなかった場合。

 

月に100万円稼げるようになった時、すぐさま虚脱感に襲われます。

 

そして、次に何をしたら良いのかわからなくなります。

 

2)到達点への道程(プロセス)にも意味があることも知っておく。

 

結果だけで自分を評価してはいけない。精進を重ね、自分を成長させてゆけば、自ずと結果はついてくる。

 

3)過程において、苦労があるからこそ、到達(成功)の歓びがあり、自分の仕事(営み)に誇りを持つことができる。

 

4)結果には必ず原因があることを知り、常に前向きに原因となっている問題の解決に当たれば、成果が上がるようになる。

なぜ、インタネットビジネスなのか?

■インターネットビジネスの最大の課題とは?

現在のネットビジネス、その第一の問題点は、社会的に確かな信用を得ていないことです。「ネットビジネス=怪しい」というイメージは、どうしても消せません。

実際に、私のところにも毎日、何通ものスパムメールが届いており、そういうメールを配信している業者は、反社会的なことをしているところもあるので、ネットビジネスが完全に信用されることは難しいのです。

第二の問題点は、反社会的なことをしていなくても、ビジネスとしての理念(思想・哲学)が欠如しているので、どうしても、社会的に低く見られてしまうこと。

「社会貢献」とか「文化性」といった本来、情報ビジネスに必要不可欠な要素が欠如しているので、ネットビジネスに直接利害関係を持っていない人たち、つまり、一般の人たちの理解を得にくいのです。

そのために、現在、ネットビジネスの世界は、村社会のように狭く、閉塞感が強くなっています。ですから、これから長くネットビジネスに関わってゆこうと思う人は、以上のような問題点を克服すれば、他のネットビジネス業者と決定的な差別化が図れるとも言えるのです。

■この時代になぜ、ブログアフィリエイトなのか?

現実社会は、2極で、判断(評価)されます。

2極とは、オール・オア・ナッシング(all or nothing)の世界。

100点か、0点。

白か、黒か。

成功か、失敗か。

受賞か、落選か。

例えば、コンクール、スポーツ、仕事、ギャンブル、受験……

しかし、ブログというものは、少しずつ成果が上がります。

インターネットビジネス(アフィリエイト)の特長

成果を積み上げることができる。

締切や期限(タイムリミット)はない。

結論を先延ばしにできる。

逆転劇の可能性は最後まで残されている。

でも、他の現実社会では、普通は待ってはくれません。結論を必ず期限付きで要求されます。

だから、ネットビジネスの世界は、やり続けるかぎり、チャンスはある、と言えるのです。成功を、いつも、未来に仮設することができます。だから、やってみる価値はあるのです。0点か、100点の結果ではなく、成功への過程も、楽しめるのが、ブログビジネスの最大の魅力なのです。