カテゴリー:ノウハウの記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

カテゴリー:ノウハウ

FC2ブログのメタタグ(OGP)設定について

FC2ブログの新しい機能が加わりました。それは、OGP(Open Graph Protocol)です。

 

OGPとは「このウェブページは、こんな内容です」ということを示すための仕様を指します。具体的に申しますと、HTMLソース内のメタタグに、ブログページが狙うキーワードを表示させる機能のことです。

 

この機能が優れている点は、トップページだけでなく、各個別の記事ページにいても、自動的にメタタグ(キーワード)を設定してくれる点にあります。

 

検索エンジンロボットは、Webページを「どんなサイトかを知りたいと思っている」のですから、それを明確に示すメタタグの存在を、検索エンジンは歓ぶかもしれません。

 

さっそく、FC2ブログの管理画面からOGP設定をしてみましょう。

 

管理画面サイドバーにある「環境設定」をクリック。

 

ogp1

次に「ブログ設定」からカーソルを下にスライドさせて「メタタグの設定」をクリックしてください。

 

ogp2

 

すると以下の画面に移動します。

ogp3

 

「有効にする」を選択してから「更新」ボタンを押してください。これで、メタタグの設定は完了です。

 

すると、ブログのソース内に、自動的にメタタグ(キーワード)が表示されます。

 

例えば、木村拓哉の幻の名作「ギフト」を見る。という記事の場合は、ソースを見ると以下の赤い枠で囲んだように、メタタグにいて、キーワードが自動的に表示されるのです。

 

ogp4

 

メタタグは、検索エンジンにはそれほど関係がないという説もありますが、このメタタグ(OGP)設定機能を有効にしておいて損はないでしょう。

 

メール文の書き方と送信方法

インターネットビジネスの活動で非常に大事なことの1つに、メールの送信がございます。

正しいメール送信ができませんと、円滑な活動に大きなマイナスとなってしまうのです。

正しいメール文の作成と適切な配信は、ネットビジネスにおいてたいへん重要となりますので、軽視しないでまずは基本を身につけましょう。

サブテキストの「風花式ネットビジネス入門講座」でも書きましたが、ほとんど方が、メールの送り方に不備がございます。

不備の主な原因は2点。大切なこと(必須要件)を省略してしまっている一方で、余計なことをくどくどしく書いてしまうことにあります。

今回は、風花塾におけるメール送信に関する基本事項を例に、メール文の書き方と送信方法についてお伝えいたします。

1)「夢路レター」には返信しないでください。

メールには必ず新規の「件名」を立ててください。そうしませんと、メールの意図が伝わりにくかったり、紛失の原因となりかねません。

2)最初に宛名を、最後に差出人の名前(フルネーム)を明記。

いきなり本題に入らずに、「山田太郎様」というふうに宛名を書いてください。最後には差出人名を明記してください。名前はいかなる時もフルネームにしてください。この2点が欠如していますと、受取人に不快感を与える場合(ビジネスが成立しない場合)がありますので、厳重にご注意ください。

3)メールの冒頭で、参加されている科(クラス)、お名前(ご本名、フルネーム)を明記する。

ハンドルネームであったり、姓だけですと、同姓の方がおられた場合、ご本人様確認ができない場合がございます。ご本人様確認ができなければ、サポートも行えません。

4)用件を増やし過ぎないでください。

1本のメールで書く用件は最大5件程度にしてください。用件は、通常1~3件程度にとどめるべきです。用件が多すぎると、ていねいな解答が困難となり、サポートの質が下がる原因ともなりかねません。

また、用件が多すぎますと、ご質問の具体的かつ詳細な説明が難しくなり、サポーターが適切に解答することが難しくなります。

5)文章はあわてて書かないこと。わかりやすく、具体的に書くように心がけてください。

風花塾に届くメール文の多くは、大急ぎで書かれるために、不備が少なくありません。

メール文は落ち着いて作成しましょう。用件を早く済まそうとして情報などを省略し過ぎると、問題が解決しづらくなります。

ご自分の意図が相手に伝わらなければ、相手は適切に行動しようと思ってもできません。

ご質問やサポート依頼の文面を、わかりやすく(誤解を招かないように)書こうとされるだけで、文章力がかなり養われます。なぜなら、文章は相手への配慮が生まれると、格段にレベルアップするからです。

少し時間をかけ、ていねいにお書きいただければ、活動が円滑に進みますので、心がけていただけたら幸いです。

6)メールは送信する前に、必ず読み返してください。

慌てて送信するのではなく、メールの文面は書き終えたら、最低でも1度は読み直し、タイプミスなどを修正してから送信してください。

以上の6点に気を付けて、メールをお送りください。どうか、よろしく、お願いいたします。

こちらも、お読みください⇒不備だらけのメールを書いてしまう、3つの深い理由とは?

ブログ村に記事の更新を反映させる方法

ブログ村に記事更新の情報を反映させないと、大量のアクセスをブログ村から呼び込むことができなくなります。

そのためには、ブログ村にPingを送信する必要があります。

Pingをブログ村に送信するには、以下の手順で行います。ブログ村にログインして、管理画面「マイページ」を開き、サイドバーにある「あなた専用のPing送信先URL」をクリック。

ブログ村1

すると以下のページが出ます。もっとも簡単なのは、次の方法です。

ブログ村2

上の赤い枠で囲んだPingURLをブログに設定しておけば、ブログ村にPingが送信され、ご自分の投稿した記事が更新情報として反映されるようになります。

FC2ブログに新しいPingを追加設定する方法はこちらです⇒Ping送信先を追加する

共有力の高い(共感される)自分メディアの作り方

前回は「共有力が最も高い表現形式」について、お伝えしました。

共有力が高いということで例にあげたのは、音楽、スポーツ、動物でしたね。

さて、ブロガーは、どのようにしたら共有力の高いブログを作成できるのかについて、今回は具体的に解説いたします。

ブログのジャンルで、最もアクセスを集めやすいのは、エンタメ芸能だと言われています。

その理由は、明快です。有名な芸能人は多くの人が知っており、情報を共有しやすいからです。

自分が知っている人、知っていることに関する情報を、人は知りたいのであって、自分が知らないことを読みたい人は多くはいません。

熟読しづらいメディアであるブログでは、一から全く知らないことを学習しようとは誰もいないことを、ブロガーは知っておかなければいけません。ゼロから学ぶのであれば、書籍(本)を買い求めるでしょう。

広告において、芸能人やスポーツ選手などの有名人がイメージキャラクターとして起用されることが多い。それは、自分が知っている人がいると、安心して情報を信じやすくなるからです。

もちころん、ここで「私は芸能人などの有名人には興味はないし、ペットも飼っていないし、スポーツにも関心がない。そうだとすると、もう、自分のブログ(自分メディア)に多くの読者を集めることはあきらめたほうがいいんでしょうか?」という疑問を抱く人が出てくるでしょう。

そういうことでは、ありません。

最も共有力の高いジャンルや表現方法を知ることは、共有力がそれほど高くないジャンルを選んだ場合にも、活かせるのです。

では、以下、共有力の高い自分メディアの作り方について、具体的に解説します。 この記事の続きを読む

共有力が最も高い表現形式とは?

多くの人たちと感動を分かち合いたい、それは、自分を表現したい人に共通する願いでしょう。

芸術の中では、音楽が最も伝達力に優れている古くからいわれています。「すべての芸術は音楽の状態に憧れる」という、ウォルター・ペイターの言葉は、音楽の優越性を示す名言です。

しかし、感動を共有することに関して、音楽をはるかにしのぐ表現方法があります。それが、スポーツです。

スポーツの最大の祭典は「オリンピック」。2020年のオリンピックが、東京開催に決まって湧いていますが、嬉しい反面、怖さもありますね。

単なる経済効果だけでなく、国民を熱狂させられるという魔力を、スポーツの祭典は持っています。

スポーツの感動ほど、単純でわかりやすいものはありません。予備知識や理屈はほとんど要りません。勝ち負け、順位づけが明確に示される、つまり、答えが必ず出るために、感動の方向性が拡散することなく、エネルギーが結集され、爆発するのです。

陸上の100メートル走が人気が高いのは、その単純さの極致ゆえではないでしょうか。

その圧倒的な共有能力のために、スポーツは、しばしば国威発揚に利用されてきました。単純で、わかりすく、エネルギーが強大であるスポーツは、その性質上、政治に利用されやすいのです。

私はここで、東京オリンピック開催決定に水を差したいのではありません。スポーツが持つ爆発的な共有力は、危険なほど凄いことを、表現者として知っておいてほしいのです。それを知ることで、自分の表現が意識的になる。意識的に表現することは、たいへん重要です。

視聴率ランキングの上位にしばしばスポーツ番組が食い込むのは、その圧倒的共有力のためだとも言えます。

 

ここで、いきなり、ブログの話になります。

圧倒的にアクセスを集めやすいブログのジャンルに、ペットがあります。

ペット、つまり動物がブログに登場するだけで、アクセスが爆発してしまう。その理由は、理屈が要らない、動物をかわいいと感じるのは、老若男女を問わない、即ち「共有力が極めて高い」からです。

にほんブログ村の総合ランキングの上位を、ペットブログが独占しているのには、以上のような理由があることを忘れてほしくありません。

では、スポーツや動物が持つ強烈な共有力から、ブロガーは何を学び、自分の表現(伝達)活動に、どのように活かしてゆけば良いのでしょうか。そのことについては、機会を改めて語りたいと思います。

キーワードの選び方を間違えていませんか?

風花塾(夢路塾)の終盤戦に入っていて、成果報告が次々に届いていて、嬉しいかぎりです。

成果が上がっている人と、いま一つ伸び悩んでいる人との違いの原因、その一つに、キーワードの選び方の差異があります。風花式はキーワードに振り回されないスタイルですが、やはり、正しいキーワード選定法は、学んでおく必要があるのですね。私の解説不足もあり、反省しきりです……。

さて、日頃から、いろいろと質問をいただきますので、他の教材も時間が許すかぎり、目を通すようにしています。

その中で、非常に気になるのが、キーワード選定のノウハウに関する記述です。正直、出まわっているキーワード選びの方法は、間違いだらけですよ。 この記事の続きを読む

潜在能力を伸ばす方法

現在、風花夢路塾を開催中。そこで、驚くのは、塾生さんたちの潜在能力(ポテンシャル)の高さです。

では、コーチ(サポート)する側は、どのようにアドバイスしたら、ブロガー一人ひとりが持っている力を、スクスクと伸ばしていただけるのでしょうか?

潜在能力の高い人のことを「才能がある」と言います。また「センスが良い」とも言ったりするのですね。

その才能やセンスを、健全な形で伸ばしてゆくには、以下の点に留意すべきだと考えます。

潜在能力を伸ばす方法

1)基礎をしっかりと学ぶ。

どんな天才画家でも例外なくデッサンの練習をつんでいます。ブロガーも、基本的な文章の書き方は、どうしも学んでおく必要があるのです。また、ブログというツールの使い方にも、慣れておかなければなりません。

2)自分の強みを読者との協力によってスタイル化

ブログはコミュニケーションツールです。ブロガーは情報発信するだけではいけません。読者から良い反応が得られてこそ、ブロガーの存在価値は生まれるのです。

自分の強みは、読者との共作によって、具体的にスタイル化することを忘れてはいけません。自分のテーマ、個性、持ち味などは、読者との協力体制があってこそ、できあがってゆくのです。

読者との協力体制を作るためには、読者に自分の言いたいことを、理解してもらわなければなりません。

ブログの記事が難解で、文章が硬くて、とっつきにくい場合、それは致命傷に近い欠点となります。ブログ文は、優しく、わかりやすくあるべきです。

難しいことを簡単に、簡単なことを、面白く語るのが、ブロガーの仕事。

そのためには、自分の専門知識をそのまま語ろうとするのではなく、その分野の素人さんでも、わかるように、親しみやすい文体で書く必要があります。

上から目線は厳禁。目線をできるだけ下げ、かがんで語るくらいの姿勢が求められるのです。

3)自分を変える勇気を持つ。

ブログを拝見して、この人は力があるのだけれど、このままでは伸びないだろうと思うことがあります。そういう時は、スタイルを変えることが有効的です。

自分を内面から変えようとしても難しいので、スタイルから変えるのです。人は服装や髪形を変えると、性格まで変化してしまう不思議な生き物だということ知っている人は多くはありません。

ブログで言いますと、語り口(文体)を変えたり、キャラを変えたりすると、足踏み状態から簡単に抜け出ることができるものです。

キーワード・マーケティングとは

■キーワード・マーケティングの本当の意味

インターネットビジネス(ネットビジネス)で成功するためには、キーワードによって市場(ニーズ)を把握することが不可欠となります。

風花式ブログ術の基本として、できるかぎり、需要の大きなジャンルで勝負した方が有利であるということがあります。ネットビジネスの成功確率を上げるためには、この需要を知るということが、非常に大切になるのです。

市場を生み出している要素として、主に以下の2つがあります。

1)時代の状況(歴史・流行・環境など)

2)人間の欲望(~したい、~になりたい、悩みの解決)

では、商品がたくさん売れない場合は、マーケティング戦略が不充分だからという理由に集約されるかというと、決してそうではありません。マーケティング戦略は、万能ではありません。

需要は市場調査・データ分析などによる、数字やグラフでは測り知れない、目には見えない要素が含まれます。それを、「時代(人間)の無意識」と呼びます。

ベストセラー小説が多くの場合、出版社のおもわくとは別の次元で生まれるのは、ベストセラーは、時代の無意識に答えているからです。綿密なマーケティング戦略から生み出される本は、概して、小ヒット、中ヒットにとどまる傾向があります。

ですから、私たちブロガーは、キーワード・マーケティングの限界を、まず知る必要がありますので。そして、もっと大事なのは、キーワードを軽視するのではなく、キーワード感覚を磨いてゆく努力を怠らないということです。

キーワードは万能ではないが、キーワードを軽視しては、ネットビジネスは成立しない。

ということを、肝に銘じてください。

では、キーワードによって市場動向を知るために、私たちにできることについて、確認してみましょう。

■市場(マーケット)を把握する方法

以下のことは、日頃から、心がけるべきです。

1)      検索エンジンを使い倒す。

2)      キーワードアドバイスツールをひんぱんに活用する。

3)      キーワードを意識しながら記事を書き、読者の反応を分析する。

4)      アクセス解析などで、キーワードに関するデータを分析する。

5)      アクセスを集めるキーワードと商品が売れやすいキーワードの違いがわかるようになる。

6)      キーワード感覚を磨く。

7)      市場を嗅ぎとる嗅覚を鋭くする。

以上のことを、毎日、繰り返していますと、以下のことが、身体感覚として、理解できるようになります。

○読者が情報を得たいために検索するキーワード⇒アクセスが増える。

○読者が商品を買うために検索するキーワード⇒商品が売れる。

反応があるブログ(メディア)を作る方法

一生懸命に記事を書いても、読者の反応が得られなかったら、空しいですよね。逆に読者の反応が手の取るようにわかる場合、ブロガーは燃えてきます。

アクセスが何十倍にもなる、コメントがいっぱいつく、紹介した商品が矢つぎばやに売れてゆく……などなど。先日、「クリック率を高める」ことについてお話ししましたが、たくさんクリックされるブログも、反応が良いブログだと言えます。

そういう反応の良いブログ、反応がとれるブログのことを「反応率が高いブログ」と呼ぶのです。

では、どうしたら、そういう反応率が高いブログを作ることができるのでしょうか。

そのためには、いろんな工夫が必用になります。

風花心伝が伝える「風花スタイル」では、以下に7つの手法を駆使して、反応がとれるブログを作成するのです。

風花式ジャンル選択法

風花式まきこみ文章術

風花式2R分離法

風花式ダイヤモンドライン

風花式クロスオーバー集客術

風花式クリック誘発術

風花式ブランド育成法

以上の手法についての詳細はこちらへ⇒7つの風花式オリジナル手法

一つのことだけでなく、総合的にブログの力をアップしてゆかないと、反応率は高くなりにくいのです。反応率が高いブログとは、トータルパワーが大きいブログだと言えます。

ドラマチック文章術 入門講座

ドラマチック文章術という言葉を耳にしますと、初心者の方は、難しそうに感じるかもしれません。

心配しないでください、大事なのは、最初に本質(核心)を理解することです。後は、その本質を自在に使いこなせるように、慣れてゆくだけで良いのです。

逆に、最初に核心をつかんでおかないと、いくら努力しても、人の心を動かす記事は書きにくいので、ご注意ください。

以下、構成と内容にわけて、簡単に説明しますね。

1)構成

風花初芽」では、

お役立ち記事」では最初に「問題提起」をすることを、

レビュー記事」では、「良い事件の明示」をすることを推奨しています。

いずれも、冒頭で「謎の提示」をするわけですね。

冒頭で謎を提示し、その続きで謎を解明してゆくのが、ドラマチック文章術の公式です。

もっとシンプルにしますと、ドラマチック文章術の構成は以下のようになるのですね。

謎の提示謎の解明

これは、小説ならミステリの構成ですし、エンターテイメント作品ではよく採用されるパターンなのです。

要するに、文章にドラマ性を持たせるということは、エンタメの構成を採用することになります。

2)内容(変化)

記事の構成がわかったら、次には、書く内容を確認しましょう。

書く内容は「変化」という事件、その謎の提示と解明。

では、なぜ「変化」に、そこまでこだわるのか?

世の中には「変わりたい」と願っている人が実に多いのですね。

「変わりたい」と思うのは、現実に満足をしていないからです。

現実に満足していなければ、必ずそこに悩みが生まれます。

悩みは辛いです。だから、人はその悩みを解決して、悩んでいる自分から悩みを解消した自分へと変わりたいと願うわけです。

ですから、悩みを解決したという変化の体験を語ると、読者に共感されやすくなります。

また、売れている商品の多くは、人の悩みを解決してくれる能力を持っていることを確認してください。

商品を確実に売るためには、悩みの解決という変化をもたらしてくれる力が商品にあることを、生き生きと読者に伝える必要があります。

ただ、性能などを詳しく説明するだけでは、読者は買ってくれないものです。

そのために、レビューアーは、自分の変化をドラマチックに語ることで、読者に「自分のあなたと同じ方法で悩みを解決してみよう」と決心させなければなりません。

その書き方のことを「ドラマチック文章術」と「風花初芽」では、呼んでいるのです。

ですから、結論的に申しますと、ドラマチック文章術では、以下のことをかなえる必要があります。

変わりたいと願っている人に向かって、自分が変わった体験をドラマチックに伝えることで、読者にも同じ方法で変ろうと行動してもらうこと。

それが、読者が商品を買うということ、即ち「商品が売れること」なのです。