金太郎飴アフィリエイトって?

先日、渋谷で開催いたしました、風花ワークショップ。前半から飛ばしすぎたせいか、いまだに疲れがとれません(苦笑)。

 

その中で、情報商材と情報商材アフィリエイトに関する質問をいただきまして、私なりにお答えしたつもりなのですが、気持ちが沈みがちになり、これはもう、少し書かないといけないと思い至ったしだいです。

 

で、最近の情報商材アフィリエイトは、どうなの?ということですが……

 

問題をわかりやすくするために、2008年と2013年を比較してみましょう。

 

今は全体に閉塞感が強く、息苦しい感じがします。

 

この狭苦しい感じがどこから来るのかと、いろいろ考えていたのですが、ようやく結論が出ました。

 

最近の情報商材アフィリエイターさんは、技術的には2008年の時よりも、かなり上がっている気がします。しかし、記事を読みかけた途端に嫌な気分になるのです。

 

どうしてかというと、ほとんどのブログが同じ臭いを発しているから。

 

2008年の頃は、もっと、みんな自由に発言していた気がします。

 

当時から、いろいろ言われていたけれど、少なくとも、どこか能天気なところがありました。

 

しかし、現在は、これは推測ですが、たぶん同じ教材をお手本にして、ブログを作っているからでしょうね。

 

なんで、みんな同じマニュアルを使っているの?

 

だから、どうにも、つまらないんじゃないですか。

 

真面目に、頑張ればがんばるほど、センスが悪いと感じられているかもしれませんよ。

 

そのことに、早く気づきましょう。

 

実は、情報商材も、物販も、ショッピングモール系も、アフィリエイトの本質は同じなんですよね。

 

それを忘れているから、みんな金太郎飴みたいになって、個性がなくなってしまう。

 

アフィリエイトの本質とは、ブログ(自分のメディア)で、自分の言葉で、自分が良いと思った商品について、精一杯語ること。

 

この原点を、忘れているんじゃないでしょうかね。

 

キラーページだとか、ランディングページだとか、ワードプレスだ、htmlだとか、いろいろ使っていても、レビュー記事に魅力がないというか、自分ならではの視点がなければ、
それはもう、意味がないわけで……軸教材だとかを、後生大事にしているのなら、捨てたほうがいいじゃないかと思いますね(苦笑)。

 

捨ててしまって、自分で感じ、考え、自分の言葉で書くことに専念してほしい。

 

マニュアルに頼りすぎなのか、個性を育てるマニュアルがないのか?

 

もっと自分を大切にしてほしい、と切に願います。

 

そうしないと、本当に、面白くなくなってしまうと思うのです。

 

自分のメディアなんだから、自分の書きたいように書けばいいんです。

 

アフィリエイトに、情報商材とか、物販とか、そういう区別は必要ありません。

 

マニュアルは忘れて、好きなように書くことに戻ってほしいのです。

 

そうしないと、自分も、読者も、業界も、全然、面白くないでしょう。

 

ノウハウにしばられないで、もっと自由に、楽しくやりましょうよ。

 

で、情報商材アフィリに、明日はあるかですが、それには、マニュアル(薄っぺらな戦略)を無視した、良い意味で自分勝手な書き方をする、能天気で、センスの良い、アフィリエイターさんが、出てくることに、期待するしかないと思うのです。

 

ですから、風花心伝ではこれからも、自分を大切に、自分の言葉で、自分の好きなこと楽しみながら書ける、そして、個性をなくするではなく、個性を育てられるノウハウをお伝えしてゆきます。

 

さらば、金太郎飴アフィリエイト!って、叫びたい気持ちでいっぱいです。

“金太郎飴アフィリエイトって?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。