風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

menu

風花スタイル公式ブログ

セルフヘルプの思想(自立への道)


●個人が強くなることが求められている時代

現代とはどのような時代なのでしょうか?

有名なコンサルタントである、堀紘一氏は日本の時代は、以下のように変遷していると主張しています。

明治維新→国家の時代

第二次世界大戦後→企業(民間)の時代

現代→個人の時代

なかなか、穿(うが)った意見だと思われます。

長年にわたり鎖国をつづけていた日本は、明治維新で開国し、富国強兵政策により、ひたすら「国」を強化してゆきます。

しかし、ご存知のように、第二次世界大戦で敗戦し、国粋主義から民主主義の時代へ。

今度は、「国」ではなく、民間企業が、隆盛を誇り、驚異的な経済成長をとげました。

ところが、今は「企業」の力は衰え、もう目覚しい経済成長は望めない時代となったのです。

経済不況が長引き、少子高齢化が進み、企業の寿命が長くて30年と言われる現代。

その一方では、私たちの寿命は長くなっているので、どうしても、一生のうちで複数の仕事を持ち、企業に頼らず、経済的に自立してゆかざるを得ません。

その意味では、まさに、現代は「個人の時代」だと言えるでしょう。

こうした厳しい時代にあっては、私たち一人ひとりが経済的にも精神的にも、強くなることが求められるのは当然です。

●リーダー不在の時代を生きぬくには?

国や企業の力が弱くなっているばかりではなく、現代では真のリーダーがほとんどいません。

リーダーがいないのには理由があります。

これほどまでに価値観が多様化してくると、それらの多面的な価値観を満足させる回答を提供できるリーダーは、必然的に少なくなってくるのです。

いきおいリーダーを名乗る人たちは、専門家となり、ある1つの分野でのニーズに応えることになります。

しかしながら、ここで大問題が浮き上がります。

人の一生は総合体、つまり様々な価値観の複合体。そのため、1つの問題を取り出し、それだけを解決しても、その人のライフスタイルは好転しない場合が多いのです。

実はネットビジネスも同じなのです。ビジネスは技術だけの問題ではありません。

人類がこれまで知らなかった長寿社会においては、長い人生において仕事とは何か、また、働くことによって経済的な報酬を得ることの本質を、再確認する必要があるのです。

しかし、そうした観点から、人々を導いてくれるリーダーはなかなかいません。そうしたリーダー不在の時代には、結局は、私たち一人ひとりがリーダーになるしかないのです。

自分自身を、自分で救済するとという認識を「セルフヘルプの思想」と呼びます。自助努力と言ってもかまいません。 つまり「自立への道」を、しっかりと地に足をおろして、進んでゆくべき時代なのです。

しかし、こうした困難な時代にあっても、追い風は吹いています。その追風とは、インターネットです。 このインターネットを賢く活用すれば、企業に依存しなくても、経済的に自立することは可能だからです。

その具体的な方法が、インターネットビジネスであり、インターネットビジネスの存在意義は、私たちが自立するための有効的手段であることを、まず確認しておいてください。

風花シリーズをアフィリエイトする方法

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「風花スタイル公式ブログ」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ