カテゴリー:ワードプレス
ホームPage 2 / 212

カエテンWPで記事内部の下部にレクタングルを表示させるのには意味があるのです。

 

レスポンシブ広告を貼りますと、PCでは横長の広告が表示されます。実は、レクタングルの方がクリック率が高いので、ぜひとも、レクタングルを貼りたいところです。

 

PCの場合、300×200(中)よりも、336×280(大)の方がクリック率が高いとされています。

 

しかし、カエテンWPでは、例えば、記事下部に300×250のレクタングルを貼りますと、スマホで見た時に、横にはみ出してしまうことがあります。

 

広告のはみ出しは、グーグルの規約に違反しますので、これは避けなければなりません。

それを避ける方法がありますので、シャアいたします。

 

ウィジェット「FS記事内下部(個別記事のみ)」に「テキスト」を追加してください。

 

 

次に「テキスト」を開いてください。以下のようなスタイルでアドセンス用ソースを貼ります。

要するに同じテキスト欄に、PC・タブレット用の広告ソースとスマホ用の広告ソースの両方を入れるのです。

 

◆PCとスマホで違う広告を表示する

 

分岐点「 PC・タブレット/スマホ 」で 違う広告を表示する 方法です。

 

■この記述が利用できる箇所

 

記事本文
ウィジェットのテキスト

 

■記述するソース

 

【分岐点】PC・タブレット/スマホ

 

PC・タブレットで表示する広告⇒  広告ソース 

 

スマホで表示する広告⇒ 

 

実際には以下のようなソースをテキストの空欄に貼ります。

 

 

続けて同じ欄の下に以下のソースを貼ります。

 

 

ポイントとしては、PCの方にはレクタングルの大を、スマホの方にはレスポンシブ広告を入れること。

 

そうしますと(ほとんどの場合)スマホではレクタングルが表示されます(スマホを縦位置で見た場合)。もちろん、横にはみ出ることはありません。

 

パソコンで記事下にレクタングル(大)が、スマホでレクタングルが表示されていること(スマホを縦位置で見た場合)をご確認ください。

 

以上は個別記事の記事内下部にレクタングルを表示させる方法でした。

 

カエテンの場合、記事本文、ウィジェットのテキストにおいて、すべてこの方法が使えますので、ぜひ実践してみてください。

 

カエテンWP-JOYはワードプレステンプレートの決定版になる?

カテゴリー
タグ

ワードプレスには無数のプラグインがありますが、安定して快適にワードプレスを活用するには、プラグインの数は極力減らすことが必要です。

 

レスポンシブデザイン対応のテーマ(テンプレート)を使用していることを前提として、プラグインを厳選しました。

 

Broken Link Checker

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知します。

無効なリンクが記事上にあると検索エンジンからの評価を下げてしまいかねませんので、このプラグインを利用して、リンク切れに対応してください。

 

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

Akismet は、WordPress 公式プラグインで、最初から入っています。コメントスパムを不正でくれるプラグイン。

 

WP Multibyte Patch

WordPressをインストールすると初めから入っているプラグイン。WordPressを日本語環境で正しく動作させてくれますので「有効化」してください。

 

Category Order

カテゴリの表示の順番を変更できるプラグイン。これはどうしても使いますよね。

 

BackWPup

高機能なバックアップ用プラグイン。設定はけっこう面倒です。こちらをご覧ください⇒BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

 

Contact Form 7

Contact Form 7 は、WordPress に簡単に問い合わせフォームを設置するプラグイン。サイト上にメールアドレスを公開せずに問い合わせフォームを設置可能に。

 

WordPress Popular Posts

自分のブログの人気記事をサイドバーなどに表示できるので、ページビューを増やすことができます。

 

Google XML Sitemaps

検索エンジン用のXML形式のサイトマップを作成したり、記事投稿時に自動的にサイトマップを更新してくれます。

 

PS Auto Sitemap

ブログ内に「サイトマップ」を表示できるプラグイン。Google XML Sitemapsが検索エンジン用のサイトマップであるのに対し、PS Auto Sitemapは読者がサイトの記事を探しやすくするサイトマップを作ってくれるのです。

※カエテンWPでは必要ありません。

 

WP Social Bookmarking Light

ソーシャルメディアのボタンを表示させるプラグイン。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

Bottom of every post

記事内の最下部にアドセンスを表示させるのに便利なプラグイン。高いクリック率が期待できます。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

Master Post Advert

記事中にアドセンスを表示させたい時に便利なプラグイン。多機能ではありませんが、モアタグを入れたところにアドセンスを表示させられるという、シンプルさが魅力。

※カエテンWPの場合には必要ありません。

 

 

以上のプラグインの設定方法は、グーグルで検索すると出てきますので、該当ページをご覧ください。

 

また、表示スピードを上げるためのキャッシュ系のプラグインは、初期の頃は必要ないので、あげませんでした。

 

ただ、私の経験から、最も有名なWP Super Cacheは使わない方が良いと思います。

 

使わなくなって、削除する時に大変(手作業が必要)なのと、画面が真っ白いになることがあるからです。

 

カエテンテンプレートをお使いの方は、メンバーズページでも必要なプラグインが紹介されていますので、ご参照ください。

 

プラグインの数は最低限にとどめること、使わないプラグインは停止ではなく削除することがポイントです。こちらのページも参考にしてください。

カテゴリー
タグ

ワードプレスを運営する場合、パーマリンク設定が重要です。今回は「パーマリンクとは何か?」という話は省略し、最もSEO的に強くて(有利で)運営しやすい「パーマリンク」とその設定方法をお伝えします。

 

ダッシュボードから設定→パーマリンク設定の順でカーソルを動かして「パーマリンク設定」をクリック。すると以下の画面が出ます。

 

permalink

 

「投稿名」をクリックした後に「カスタム構造」にチェックを入れればオーケーです。

 

「投稿名」をクリックすると、自然に赤い枠で囲んだ部分に表示されます。

 

最後に下方にある「変更を保存」ボタンをクリックして完了。

 

パーマリンクを投稿名だけにするメリット

1)キーワードを英数文字で入れられるので、SEO上、有利になります。記事投稿時に「スラッグ」を入力する手間はありますが、英字キーワードを指定できるメリットがあるのです。

2)URLが短く、スマート。

3)カテゴリ名が入らないので、カテゴリを変更してもURLが変わりません。

 

記事投稿時に管理画面で投稿名を英数文字で入力する手間はありますが、英字キーワードを指定できるメリットがあるのです。

 

まだ1日のPVが1000以下でしたら、今からパーマリンクを変更しても問題ありませんので、変更してみてください。

 

風花はいろんなパーマリンクのスタイルでブログを運営してきましたが、「投稿名」でパーマリンクを指定したブログが最も検索エンジンに強くなっています。

 

また、私の場合はカテゴリをひんぱんに変更するので、その時にURLが変わってしまうので「投稿名」の指定が重宝しています。

 

パーマリンクの設定については、指南書や教材ごとに推奨スタイルが違っています。運営者の好みが反映されるからです。

 

数学のように答えは一つではありませんが、検索エンジンで上位表示を目指すのならば、英字キーワードを入れられるパーマリンクを選びましょう。

 

「投稿名」と「カテゴリ」は日本語のままにせず、必ず英数半角文字に

 

パーマリンクや「カテゴリ」を日本語にしてしまうと、アドレスが長くなる、シェアし(され)にくい、被リンクをもらいにくい、などのデメリットがありますので、面倒がらずに英数半角文字に換えましょう。

カテゴリー
タグ

ワードプレスを始める時に、つまずく原因として大きいのは、作業の順番がわからないことです。

 

それと、サーバーはどこを使ったら良いのか、独自ドメインはどこで取得すべきかで迷うことも多いでしょう。

 

もっと初心者さんにとって簡単で、長く安心して使えるのはサーバー運営も、独自ドメインも、「エックスサーバー」を使うことです。

 

サーバーの申し込み方法とドメインの取得方法はこちらをご覧ください⇒初心者でも迷わない!エックスサーバーでWordPressブログを開始するまでの完全ガイド

 

ただ、少しでも経費を抑えたい人は、ドメイン代が安いので、独自ドメインを「お名前.com」取得してください。

 

サーバーは「エックスサーバーを、ドメインは「お名前.comを私は使っています。

 

安定性、セキュリティ、機能、価格をトータルで判断した場合、このコンビが現在、最もオススメです。

 

特に、ワードプレスで起きるエラーのほとんどは、サーバーに問題があると言われていますので、その点でも、ワードプレスに関する対応が充実している、エックスサーバーを使うのが無難です。

 

以下、エックスサーバーお名前.comを使って、ワードプレスを導入する手順をご紹介。

 

1)Xサーバーに申し込む。

 

2)「お名前.com」で独自ドメインを取得する。

 

3)Xサーバーで独自ドメインを追加する。

 

4)Xサーバーのネームサーバー情報を確認する。

 

5)お名前.comのネームサーバーを変更する。

 

6)Xサーバーにログイン。サーバーパネルにログイン。設定対象ドメインを選択。

 

7)(phpのバージョンを確認後)ワードプレスを自動インストール。

 

8)ワードプレスの管理画面にログインし、テンプレートを導入。次に、プラグインのインストールと設定をする。

 

9)ワードプレスの初期設定(パーマリンクなど)をする。

 

10)記事を投稿する。

カテゴリー
タグ

このブログは少し前に変更したのです。現在の「風花初芽(かざはなはつめ)公式ブログ」に。

 

ところが、いつまでたっても、グーグル検索エンジンに、新しいブログタイトル「風花初芽(かざはなはつめ)公式ブログ」でインデックスされません。

 

古いタイトルのままなのです。忙しすぎて、その原因を探る時間もなかったのですが、昨日、このブログのソースを見て、愕然としてしまいました。

 

ワードプレスの管理画面からは、確かにブログタイトルを変更したんです。でも、なぜか、ソースが古いタイトルのままになっている。

 

「テーマ編集」から、HTMLを見ても、古いタイトルは見当たりません。

 

その時、ふと思いだしました。自分は、SEO対策用のプラグインを入れていることを。

 

All In One SEO Pack

 

このプラグインの設定変更を忘れていたんです。

 

このプラグインでのブログタイトルも「風花初芽(かざはなはつめ)公式ブログ」と変更しました。

 

キーワードも、ディスクリプションも、新しいものに変えました。

 

私はブログタイトルを、けっこう変更する方なのですが、SEO対策用のプラグインはあまり愛用しておりません。ここに盲点があったのですね。

 

このAll In One SEO Packを削除してしまうかは、まだ結論を出す気もありません。これを導入すると、SEOに有利であるなどという実感もないし、それほど意識的に使ってもいないのですね。

 

それよりも、いつニュータイトルでグーグルにインデックスされるか、そちらの方を楽しみにしたいと思っています。

カテゴリー
タグ

去年の11月からはじめて、いまだに完成していないプロジェクトがあります。それは、私が運営している風花塾のためのブログテンプレートの開発です。

 

正確に言いますと、ワードプレス用のテーマ(テンプレート)の開発なのですが、きりがないほど、やることが多い。

 

この経験で思ったのは、テンプレートの制作者と依頼主との呼吸が合わないと、良いものはできないということです。外部スタッフ、即ち、外注さんにお願いするわけですから、注文を増やせばふやすほど、経費はかさんでゆきます。

 

制作費を縮小すれば、デザイナーさんは苦しくなり、制作費が膨張すれば、私のやりくりが難しくなるわけです。

 

テンプレートの制作は、いわば職人技であり、多くの経験を要します。しかも、ブロガーにとって、より使いやすいブログを作ろうという情熱がないと、とうてい良いものは作成できません。

 

現実として、内部にスタッフをかかえ、年がら年中、ワードプレス用テンプレートの開発に専念してもらうなどということは、不可能です。

 

誰もかれもが納得する「理想のテンプレート」は、まだ遠いところにあると感じています。理想に向かって、少しでもより良いものを作ってゆくという行為は「遠い旅」に似ている、そんな気がしてなりません。

今回は「ワードプレスとの賢い付き合い方」をご提案したいと思います。

 

最初に結論を申し上げましょう。ワードプレスブログサービスを使って、ビジネスをする場合、できるかぎり、余計なことはしないことです。

 

ワードプレスにはプラグインも無数にあり、多機能テンプレート(テーマ)も一杯出てきています。しかし、実際に私がいろいろ試してみて感じるのは、本当に必要なプラグインは少なく、ブログビジネスに不可欠な機能は多くはありません。

 

したがって、いろいろやれそうな感じがするワードプレスこそ、極力、シンプルに使うことが成功の秘訣だと強調したいのです。

 

ワードプレスを賢く使う5つの方法

 

1)プラグインは必要最低限にとどめる。⇒ワードプレスに必要なプラグイン厳選

 

2)使っていないプラグインは管理画面から「停止」ではなく「削除」しておく。

 

3)ブログビジネスで絶対に必要な機能を完全に使いこなし、余計な機能は使わない。

 

4)アイキャッチャー機能に対応しているテーマを使う場合には、読者の目をひく、効果的な画像を使用する。⇒アイキャッチャーに使えるフリー画像(素材)集

 

5)デザイン変更など、詳細なカスタマイズは後回しにする。

 

2)使用していないプラグインをインストールしたままにしておくと、不具合を起こすことがあるそうです。

 

4)アイキャッチャー画像は重要です。画像のトリミングもままならないという人はアイキャッチャー画像に対応してないテンプレートを使ってください。

 

アイキャッチャー画像が魅力的ですと、ブログが引き立ちます。逆に、画像の質が悪いと、どんなに良い記事を書いても、読者に好感を持ってもらうことは難しくなるので、ご注意ください。

 

いかがでしょうか?

 

プロのデザイナーは別にして、インターネットビジネスで大きく成功するためには、すべてにおいて「シンプル・イズ・ベスト」を徹底させるべきです。

 

本当に力のある人は、様々な方法を試した結果、シンプルなスタイルに帰着します。

 

単純であることは、ひとつの大きな力です。単純だからこそ、強いということを、忘れないでください。

 

ワードプレスに関する記事は、こちらもあわせてお読みください。

ホームPage 2 / 212