投稿者:風花

風花スタイルでは「3つのヒューマン」を大切にしています。

 

これまで「ブログはヒューマンパワーである」「ブログはヒューマンドキュメントである」をお届けしました。

 

今回は3つめの「ヒューマン」です。「ブログはヒューマンプレイスである」についてご説明しましょう。

 

アフィリエイトなどのインターネットビジネスが、いまだに社会的に認知されない理由に、非人間的な行為、例えば「お金になるためだったら何でもやってしまう」傾向が強いからです。

 

一般社会で正々堂々と戦う勇気がないから、インターネットで実名を隠し、卑怯なマネをして収益を得ようとしているのならば、今すぐ、インターネットビジネスはあきらめてください。

 

インターネットビジネスも、他のビジネスも、結局は、人が行っているのです。

 

人として楽しめ、人として満足でき、人として希望が抱けるからこそ、仕事として「真のやりがい」が生まれるのではないでしょうか。

 

ですから、くれぐれも、お金だけを稼ごうとしないことです。そうしないと、長く継続できないし、仕事としての歓びも得られません。

 

「ヒューマンプレイス」とは、人間が集まる場所という意味です。

 

ただ、人が集うだけではありません。たくさんの人が交流し、プラスの影響を与え合える健全な空間が、ブログなどの個人メディアであるべきだと風花は考えています。

 

間違っても「悪意による協力」はしてはいけません。

 

ブログは人が主役のツールです。以下の3つの要素をご確認ください。

 

ブログはヒューマンパワーである(人が人のために発揮する力)

 

ブログはヒューマンプレイスである(人が集まりプラスの影響を分かち合う場所)

 

ブログはヒューマンドキュメントである(人による、人のための記録)

「3つのヒューマン」の2回目です。前回は「ブログはヒューマンパワーである」をお届けしました。

 

今回は「ブログはヒューマンドキュメントである」について、お伝えします。

 

ブログの大切な役割の1つに「記録すること」があります。アーカイブズ(活動記録)という言葉が、それに当たります。

 

ただ、ここで忘れてほしくないのは、ただの記録ではなく、「人間の記録」であることです。

 

こう言いますと、少し難しく感じるかもしれませんが、要するに、無機質な情報の垂れ流しではなく、「人の温もり」「人の息吹」を伝える、生きた記録の発信が、ブロガーの仕事だと主張したいだけです。

 

ブログは人が主役のツールです。以下の3つの要素をご確認ください。

 

ブログはヒューマンパワーである(人が人のために発揮する力)

ブログはヒューマンプレイスである(人が集まりプラスの影響を分かち合う場所)

ブログはヒューマンドキュメントである(人たちの人による人のための記録)

 

次回は「ブログはヒューマンプレイスである」をお送りしますね。

ブロガーはヒューマニストであるべきだ。

 

ブロガーは人間的であるべきだという考えが、風花スタイルの底流に流れています。風花スタイルの基調低音は「人間らしくあること」です。

 

人の歴史を振り返れば、流血戦争とか、反社会的行為とかを犯さなければ、生きられなかった時代があったことに気づきます。

 

現代においても、経済的な貧困を理由に、自らあえて「非人間的な行為」に走る人が実に多いのです。

 

また、企業は、人間のためになるよりも、利益優先を旗印に、意味のない、むしろ人間のためにならない商品を生み出し続けているように見受けられます。

 

繰り返しますが、インターネットビジネスの最大のメリットは、自分らしく、そして、人間らしく、経済的に自立できる可能性が高いことにあります。

 

人間的であることを最大に尊重しているため、風花式では「3つのヒューマン」という理念を確立しました。

 

風花スタイルでは、メインのメディアにブログを使用します。

 

htmlなどの専門知識を持たなくても情報発信でき、ツイッターやFacebookなどよりも、深くて、保存価値のある表現が可能だからです。

 

実は、このブログには、本来の特性として「3つのヒューマン」が含まれています。

 

ブログはヒューマンパワーである。

 

ブログは、人間の力(ヒューマンパワー)の発露です。このことを忘れている人が多すぎます。

 

ブログなどに掲載されるのは「情報」であり、言葉は単なる意味伝達のための記号だと思っているとしたら、大間違いです。

 

言葉は人間が生み出したものであり、必ず、言葉には言葉を発した人間が投影されます。

だからこそ、言葉は力を持つのです。

 

本来、人間が持っている「温もり」や「情念」を排した「無機質な情報」だけを売ろうとするから、道を誤ることに気づいてください。

 

個人の時代である現代において、生きる最小体である個人が伸び伸びと生きぬくためには、まずは、自分自身が人間性を取り戻すべきなのです。

 

そして、表現する最小体としてのブロガーは、人間らしくあることを貫かねばなりません。

 

風花スタイルは「3つのヒューマン」を尊重

 

風花スタイルでは「3つのヒューマン」を大事にしています。

 

ブログは人が主役のツールです。以下の3つの要素をご確認ください。

 

ブログはヒューマンパワーである(人が人のために発揮する力)

ブログはヒューマンプレイスである(人が集まりプラスの影響を分かち合う場所)

ブログはヒューマンドキュメントである(人による人のための記録)

 

次回は「ブログはヒューマンドキュメントである」ことについて、お伝えします。

昨日、深夜に古い友人と、電話で長話しました。その中で「格好いいとは?」という話になったのです。

 

カッコイイ人」の定義はいろいろあるでしょうけれど、私としては自分らしく生きている人」が最も格好いいと思っています。

 

「カッコイイ」を他の言葉に置き換えるなら「小粋な」「スタイリッシュな」「決まってる」「輪郭あざやかな」「おしゃれな」「シンプルな」などが、思い浮かびます。

 

では、もう少し「カッコイイ人」について、具体的に考えてみましょう。

 

友人は、ギター職人の話をしました。その人に発注するには、何か月も待たなければいけないそうです。ただ、できあがったギターは、手作りならではのすばらしい使い心地が楽しめるそうです。

 

そういう自分の手わざに徹している姿は美しいですね。規格品を大量生産するのではなく、常により良い物を作ろうと自分自身をも磨き上げている、クラフトマンシップ(職人気質)は、現代において軽視され過ぎています。

 

大量生産、大量消費が、いかに人の心を空洞化してしまうかについて、共通理解を広げたいのです。

 

私のところに「ひとつのブログを育てるよりもサイトを大量生産した方が良いのでは?」という質問が、しばしば届きます。

 

心ないアフィリエイターたちが、自分の利益のために、初心者さんたちにサイトの大量生産をすすめているからでしょうか。

 

内容の薄いサイトの量産行為は、検索エンジンからスパム扱いされるし、読者にも迷惑なので、やめましょうと答えています。

 

それと、自分を裏切り、自分を捨てて、自分が納得できないものを大量に作り出すことほど「格好悪い」「カッコワルイ」ことはないからです。「みっともない」「情けない」と言うべきかもしれません。

 

「お金のためなら何でもやる」というお金に目がくらんだ人ほど騙されやすいので、悪徳アフィリエイターの餌食にされてしまうのです。

 

自分が親だとして、サイトの大量生産を、子供にすすめられますか? 子供にも、ぜひともやらせてみたいことを、自分がやりたいと思いませんか。

 

自分らしさを大切にしながら、シンプルに、ひとつのことに専心する生きざまは、見る者の心を浄化してくれます。そういう人こそ、真の意味で「カッコイイ」と称賛したいのです。

 

「格好いい生き方」以前の問題として、自分の愛し方の下手な人、自分の愛し方を知らない人が増えているのが、心配でなりません。もっと、もっと、自分を大事にしてほしいものです。

 

インターネットビジネスの最大の魅力は、企業などに支配されず、自分らしさを活かしやすいことにある、そのことを、もう一度、確認してください。