アドセンスの広告の種類が大幅に増えていますね。

 

結論から申しますと、以下の赤い枠で囲んだ「テキスト広告とディスプレイ広告」だけを使ってください。

 

 

広告ユニットの中だけでも「関連コンテンツ」「インフィード広告」「記事内広告」があり、他にも「ページ単位の広告」もあります。

 

もちろん、試してみて納得していただきたいのですが、期待はしない方が良いでしょう。

 

ここで大事なことを思い出してください。

 

あなたがブログの読者で、コンテンツの中に広告がいっぱい入っている記事を読みたいと思いますか?

 

しかも、間違って広告をクリックして興味のないサイトに跳ばされることを望んでいますか?

 

アドセンスは、1ページに表示できる広告の数の制限を撤廃しただけでなく、コンテンツと広告の見分けがつきにくい形で広告を表示させようという意図を前面に打ち出しているのです。

 

これはアドセンスの焦り以外の何ものでもありません。

 

焦っている企業の動きには、乗らないこと。これがビジネスの鉄則です。少なくとも、すぐに導入するよりは、様子をみた方が良い。

カテゴリー
タグ