リライトの危険性を知り、自分の言葉で語れるようになるために精進しましょう。

 

先日、お配りした「検索エンジンに好かれるコンテンツの作り方」、いかがでしたでしょうか?

 

このレポートの最後の項目で、「リライトは基本的にやってはいけない」と述べました。

 

この一文で当惑された方もおられるかもしれません。しかし、これは真実であり、今の時点で肝に銘じていただかないと、今後のインターネットビジネスが非常に難しくなるのです。

 

多くの方は、ある分野の大家でもなければ、スペシャリストでもないかと思います。専門家でもないのに「リライト」を禁止されてしまったら、記事が書きにくくなる、というか、ほとんど書けなくなるのではないかと不安になったかもしれません。

 

実は、その認識が大事なのです。リライトなしには記事がほとんど書けないとしたら、それが、あなたの実力なのです。

 

例えば、サッカーについてのブログだとします。雑誌を買ってきて、いろんな記者が書いている記事を参考にしなければブログ記事がほとんど書けないとしたら、あなたは、サッカーについてほとんど何も知らないということ。

 

ところが、サッカーが好きで、多数の試合を見てきた人は、ほぼ例外なく、サッカーに対しての自分の意見を持っているものです。そのため、試合の感想などは自分の言葉で書けてしまいます。

 

美容でも同じこと。コスメをほとんど試したことがない人が、自分の意見が書けないのは当然です。

 

リライトではなく、自分の感想なり、意見なりを中心に書けるようになるには、自分の言葉で語れくらいの実力(知識・体験・検証の質と量の総体)をつけるしかありません。

 

それは、非常に難しいことかというと、そうではありません。資料を読み込み、体験を重ねてゆけば、リライト的な部分は少しずつ減らしてゆけます。

 

最初の頃は、「だそうです」「だとか」「と言われてします」「というのが定説となっています」「~と○○さんは言っています」など、伝聞的な言い回しが多くなりがちなのは当たり前です。徐々に力を養ってゆく中で、伝聞表現は、自然と少なってゆくものです。

 

初心者さんに風花が最も強調したいのは、第三者が書いた記事を安易に表現の一部を変えるだけで、自分の記事のようにアップすることは絶対にしてはいけないということ。

 

リライトの不道徳性と危険性を知り、できるかぎり、自分の言葉で書くように、日々精進を重ねることが肝心なのです。

 

「引用」の正しい方法を知りましょう。

 

他人の文章を改変して、自分の記事としてしまうことはやってはいけません。丸写し(コピペ)でなくても、文章の改変は、著作権違反となる場合があるからです。

 

他人の文章を勝手に修正して、自分のコンテンツの一部として利用することはできませんが、「引用」ならば、他人の文章を許可なく使用することができます。

 

もちろん、引用まるけの記事は避けるべきですが、ある分野を勉強中の時は、どうしても「引用」が必要となる場合も多々がります。

 

以下で説明する、正しい「引用」の方法を、ご理解の上、違法性のない「引用」ができるようになってください。

 

著作権違反にならない引用方法

 

唯一、他人の著作物を利用できるのが「引用」です。

 

この「引用」と「転載、転記」を混同して著作権違反をしている人が多いのです。

 

ブログにおける「引用」は、下記の条件を満たしている必要があります。

 

【著作権法上合法な引用の条件】

 

1)引用する必然性があること。

2)引用部が周りの文章に対して従の関係にあること。

3)引用していることが明確であること。

4)引用先を明示してあること。

5)引用部の長さが必要最低限であること。

6)引用部は元の著作物から改変しないこと。

 

以下、1~6の項目について補足説明します。

 

1)引用する必然性:自分の記事を書く時に、どうしても「引用」が必要であるという、確かな理由がなくてはいけません。

 

2)引用部と本文の主従関係:引用文に比べて自分が書く文章の方がメイン(主)であること。引用文は、あくまでサブ(従)であること。

 

3)引用部分の明確化:この部分が引用した部分ですよ~と読者に明確にわかるようにする必要があります。通常は、色分けする、書体や文字の大きさを変える、四角やカッコで囲むなどして本文と区別します。

 

4)引用元の明示:引用元をたどることができるように、引用元(書名やサイト名など)を記載する必要があります。

 

5)引用は必要最低限に限定:他人の文章の全文を掲載してはいけません。必要最小限にとどめるべきです。

 

6)改変の禁止:たとえ引用する文章が間違っていても、訂正や改変は許されません。オリジナルに手を加えないこと。

 

以上が【著作権法上合法な引用の条件】となります。

 

これらの、条件を満たしていれば「転載禁止」とされている著作物でも許可を得ずに「引用」が可能です。

 

新聞記事の引用は要注意

 

インターネットで公開している新聞記事については、各社が「引用」についてのルールを定めていますので、公式ページを参照ください。

 

「朝日新聞デジタル」のように、「引用」だけでなく、リンクを貼ることにも厳しい条件を設定しているサイトもありますので、必ずチェックしましょう。

 

以上の「引用」の条件を満たさないものは『転載、転記』と扱われるなど、違法性が発生しますので注意してください。