タグ:ヒューマンの記事一覧

風花スタイル公式ブログ

風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

タグ:ヒューマン

ブログはヒューマンプレイスである。

風花スタイルでは「3つのヒューマン」を大切にしています。

 

これまで「ブログはヒューマンパワーである」「ブログはヒューマンドキュメントである」をお届けしました。

 

今回は3つめの「ヒューマン」です。「ブログはヒューマンプレイスである」についてご説明しましょう。

 

アフィリエイトなどのインターネットビジネスが、いまだに社会的に認知されない理由に、非人間的な行為、例えば「お金になるためだったら何でもやってしまう」傾向が強いからです。

 

一般社会で正々堂々と戦う勇気がないから、インターネットで実名を隠し、卑怯なマネをして収益を得ようとしているのならば、今すぐ、インターネットビジネスはあきらめてください。

 

インターネットビジネスも、他のビジネスも、結局は、人が行っているのです。

 

人として楽しめ、人として満足でき、人として希望が抱けるからこそ、仕事として「真のやりがい」が生まれるのではないでしょうか。

 

ですから、くれぐれも、お金だけを稼ごうとしないことです。そうしないと、長く継続できないし、仕事としての歓びも得られません。

 

「ヒューマンプレイス」とは、人間が集まる場所という意味です。

 

ただ、人が集うだけではありません。たくさんの人が交流し、プラスの影響を与え合える健全な空間が、ブログなどの個人メディアであるべきだと風花は考えています。

 

間違っても「悪意による協力」はしてはいけません。

 

ブログは人が主役のツールです。以下の3つの要素をご確認ください。

 

ブログはヒューマンパワーである(人が人のために発揮する力)

 

ブログはヒューマンプレイスである(人が集まりプラスの影響を分かち合う場所)

 

ブログはヒューマンドキュメントである(人による、人のための記録)

ブログはヒューマンパワーである。

ブロガーはヒューマニストであるべきだ。

 

ブロガーは人間的であるべきだという考えが、風花スタイルの底流に流れています。風花スタイルの基調低音は「人間らしくあること」です。

 

人の歴史を振り返れば、流血戦争とか、反社会的行為とかを犯さなければ、生きられなかった時代があったことに気づきます。

 

現代においても、経済的な貧困を理由に、自らあえて「非人間的な行為」に走る人が実に多いのです。

 

また、企業は、人間のためになるよりも、利益優先を旗印に、意味のない、むしろ人間のためにならない商品を生み出し続けているように見受けられます。

 

繰り返しますが、インターネットビジネスの最大のメリットは、自分らしく、そして、人間らしく、経済的に自立できる可能性が高いことにあります。

 

人間的であることを最大に尊重しているため、風花式では「3つのヒューマン」という理念を確立しました。

 

風花スタイルでは、メインのメディアにブログを使用します。

 

htmlなどの専門知識を持たなくても情報発信でき、ツイッターやFacebookなどよりも、深くて、保存価値のある表現が可能だからです。

 

実は、このブログには、本来の特性として「3つのヒューマン」が含まれています。

 

ブログはヒューマンパワーである。

 

ブログは、人間の力(ヒューマンパワー)の発露です。このことを忘れている人が多すぎます。

 

ブログなどに掲載されるのは「情報」であり、言葉は単なる意味伝達のための記号だと思っているとしたら、大間違いです。

 

言葉は人間が生み出したものであり、必ず、言葉には言葉を発した人間が投影されます。

だからこそ、言葉は力を持つのです。

 

本来、人間が持っている「温もり」や「情念」を排した「無機質な情報」だけを売ろうとするから、道を誤ることに気づいてください。

 

個人の時代である現代において、生きる最小体である個人が伸び伸びと生きぬくためには、まずは、自分自身が人間性を取り戻すべきなのです。

 

そして、表現する最小体としてのブロガーは、人間らしくあることを貫かねばなりません。

 

風花スタイルは「3つのヒューマン」を尊重

 

風花スタイルでは「3つのヒューマン」を大事にしています。

 

ブログは人が主役のツールです。以下の3つの要素をご確認ください。

 

ブログはヒューマンパワーである(人が人のために発揮する力)

ブログはヒューマンプレイスである(人が集まりプラスの影響を分かち合う場所)

ブログはヒューマンドキュメントである(人による人のための記録)

 

次回は「ブログはヒューマンドキュメントである」ことについて、お伝えします。