風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

menu

風花スタイル公式ブログ

成功するために、侮ってはならない2つのツボ


私はブログを始めたのが2004年です。

2008年に風花心伝というブログ教材を出版しました。

実はそれまで、アフィリエイト教材とかを、1つも読んだことがなかったのです。

すべて独学。

何の教科書も、参考書もない中で、孤独の作業を続けました。

その中で、ブロガー(アフィリエイター)として、成功するためのツボを探り当てたのです。

成功するためには、以下の2つのツボが大事になります。

●成功するためのツボ1「感覚的学習」

例えば、新しいブログサービスでブログを立ち上げる時のことを思いつかべてください。

私は最近、はてなブログを開設しました。

その時、意外と時間がかかったのです。

けっこう、ミスとかもしましたよ。

行ったり来たりしながら、思考錯誤で、前に進んでゆく。

どうしてもわからない時は「ヘルプ」を見ますが、基本は、自分の感覚だけを頼りに、作業を進めてゆくのです。

実は、この「感覚」が大事なのです。

○まず、やってみる。
○ダメだったら、戻って、違う方法を試す。

もともと、ブログの新規開設作業は難しくはありません。

ですから、「まず、やってみる」「ダメだったら、戻って、違う方法を試す」ことで、作業はどんどん進んでゆきます。

言い方を換えてみましょう。

まず、行動してください。

絶対に、自分で行動する前に、他人に質問してはいけません。

なぜなら、自分でやってみて、ミス(失敗)することも、できてしまうことも、その両方が自分の宝になるからです。

失敗しないで、できるだけ早く成功したいと思ったら、実はなかなか成功できません。

○まず、やってみる。
○ダメだったら、戻って、違う方法を試す。

この繰り返しで、ブロガーとしての重要な感覚が養われてゆきます。

この2つの作業を「感覚的学習」と呼びます。

●成功するためのツボ2「自分で調べる習慣」

ここまで読んできて、「私は初心者だから、わからないことだらけで、なかなか、作業が進まない」と嘆く人もおられるでしょう。

心配いりません。

わからない言葉が出てきたら、必ずご自身で、検索エンジンで調べてください。

使っているサービスの「ヘルプ」でも答えが見つかる場合が多いですよ。

○わからないことが出てきたら、自分で調べる。

このことは、実は非常に大事で、決して、侮ってはいけません。

例えば、ワードプレスを運営していますと、わからないことは無限に出てくるので、自分で調べて問題を解決する習慣がない人は絶対にワードプレスブログを使いこなせないのです。

自分で調べ、問題を解決してゆく習慣ができると、「自分で考える力」「自分で工夫する力」が身についてきます。

自分で調べて問題を解決することを継続していると、情報を受け取るだけの「情報の享受者」から情報を配信して読者の悩みを解決してあげられる、「情報の発信者」への転身が可能となるのです。

先日、風花塾の講師と電話で話していて、非常に興味深い発言がありました。

「私たちは何でも知っているわけではなく、日々、必死で調べながら仕事をしている、そのことも塾生さんに伝えるべきではないか」

プロも、毎日、調べながら仕事をしています。

アマとの違いは、調べる速さと調べる精度が高いことです。

ですから、アマがプロになるためには、「自分で調べる能力」を高めてゆかねばなりません。

自分で調べて自分の問題を解決できると、快感を覚えます。

ぜひ、調べる快感を楽しんでください。

●大きな成功を得るために

ブログで大きく成功するために、最終的には「個性」や「オリジナリティー」が求められます。

それを「差別化」と呼んでもかまいません。

他人と同じことをやっているうちは、大成功はできないのです。

「自分だけの味」を出すには、自分の感覚を磨くこと、自分で考え、工夫する力を伸ばすこと、その積み重ねがどうしても必要になるのです。

アフィリエイト経験が長いのに、収益がなかなか伸びない人は、要するに「感覚が鋭くなっていない」「自分で考え、自分で工夫する力が弱い」という弱点を持っています。

大きく成功するために、今日、私が申し上げた2つのツボを大事にしつつ、ブログワークに励んでください。

風花シリーズをアフィリエイトする方法

関連記事

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「風花スタイル公式ブログ」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ

カテゴリー