風花未来が独自のビジネスモデル「風花スタイル(風花式ブログワーク)」について語ります。

menu

風花スタイル公式ブログ

自分メディアのつくり方


自分メディアのつくり方」という本を衝動買いしてしまいました。奥付を見たら、2006年3月の出版となっています。

いわゆる「ブログブーム」の真っ最中に発売された書籍ですね。それを2013年である今年に読むのは、少し無理があるのではないかと思いながら、ページをめくっています。

この本は、今でも充分に役に立つ点がありますよ。

「自分メディア」とは、ブログやメルマガなど、一個人がインターネットを活用して運営できる媒体(メディア)のことです。

「自分メディアのつくり方」という本が、今も役立つ点の一つに「テーマの決め方」があげられるでしょう。

46ページに「コンテンツのテーマを決定する」という章があり、その最初の見出しは以下のとおりです。

コンテンツを生み出す3つのキーワード

3つのキーワードとは「目的」「自己分析」「マーケティング」だと著者は主張します。

本書の順番だとわかりやすいので、私流に順番を変えて、簡単に説明してみましょう。

自己分析

自分の好きなこと、興味のあること、自分が詳しい分野などを、自己確認すことです。それを「自分の強み」と言ってもかまいません。

自分の得意ジャンルならば自信を持って書けますし、他のサイトとの差別化もしやすくなります。

目的

何のために、自分メディアを運営するかを、明確にすることです。

家庭菜園に関するブログを開設したいとしましょう。開設の理由は、例えば「健康生活を保つためには、食物が大切であり、その軸として自宅で野菜を栽培しているので、そのことについて記事を書いてゆきたい」となるでしょうか。

簡潔に目的を述べるなら「健康のための食生活の基本として、家庭菜園の素晴らしさを伝えること」となります。

このように、自分のメディアで、自分がそのテーマを語ってゆく目的をはっきりさせますと、ブログ運営の軸がブレないので、読者の信頼も得られやすくなるのです。

マーケティング

自分メディアをつくる場合、例えばブログならば、そのブログの読者像をまず描くべきです。読者層のことをターゲット層とも呼びます。

大事なことは、どれくらいの読者数を見込めるかということです。つまり、自分メディアで扱うテーマに、どれくらいのニーズがあるのかを調べなければなりません。そうした市場調査のことを、マーケティングと言います。

以上のことを、おさらいしてみましょう。

自分メディアをつくる時、何のために、何について、誰に向かって発信してゆくのか、この3つを明確にしないと、成功は期待できません。

風花シリーズをアフィリエイトする方法

お気に入り(ブックマーク)に追加してくだい♪

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしてください。「風花スタイル公式ブログ」を「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

応援、ありがとう♪

にほんブログ村 小遣いブログ 主婦のお小遣い稼ぎへ