これだけ日本語が経済的なことで、良い話題が少ないと多くの人が「経済力をつけたい」と願います。

 

若い人たちだけでなく、主婦の人、シニアと呼ばれる高齢の方も、何とかして「経済力を高めたい」と考えているのですね。

 

まず最初に、大きな勘違いがあることを指摘しておきます。

 

「お金持ち」イコール「経済力のある人」ではない。

 

多くの人は「経済力のある人」のことを「お金持ち」だと思っているのですが、それは勘違いです。

 

「お金を持っている」というのは一つの現象にすぎません。

 

「経済力のある人」の正しい定義は以下のとおりです。

 

「経済力のある人」とは、社会(多くの人々)のニーズ(需要)に応える(満足させる)商品やサービスを提供できる能力のある人のことを指す。

 

商売で成功する道はただ一つしかありません。

 

それは「客を歓ばすこと」です。

 

たくさんのお客さんを満足させられる製品なり、サービスなりを提供できる能力を持っていれば、経済的に強い人、即ち「経済力のある」になれます。

 

ところが、いくらお金を持っていても、人々が求めていることを満たす能力がなければ、今持っているお金など、すぐになくなり、貧困に陥ってしまうでしょう。

 

アフィリエイターで「経済力のある人」になるためには、どうしたら良い?

 

学校を卒業して初就職する、いわゆる新卒ではない人は、それなりの技術やキャリアを求められます。

 

インターネットビジネスでも、同じこと。

 

ネットビジネスで成功するためには、ブログやメルマガの読者、つまりお客さんを満足させられる商品(サービス)を提供できるようになるために能力を養わなければなりません。

 

ネットビジネス(Webマネタイズ)の中で、最もハードルが低い(初心者向け)といわれるのが、アフィリエイトです。

 

では、アフィリエイターで「経済力のある人」になるためには、どうしたら良いのか?

 

このことを正確に言葉であらわせないと、迷走する危険があるので、この機会に覚えてくださいね。

 

物販アフィリエイトや情報商材アフィリエイトなど、成果報酬型プログラムでは、以下の能力が必要。

 

アフィリエイターで「経済力のある人」になるためには、多くの人の欲求不満や悩みを解消する、優れた(お値打ちな)商品やサービスを読者に紹介する能力を身につけることが不可欠。

 

アドセンスなどのクリック課金型プログラムでは、以下の能力が必要。

 

多くの人たちの欲求を満たし、多くの人の疑問や悩みを解消する、情報やノウハウを記事にして、多くの人たちに配信できる能力を身につけることが不可欠。

 

いかがでしょうか? このような考え方を明確にすれば、具体的に何を学び、どんなことに習熟すれば良いかがハッキリしてきますよね。